スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
関ヶ原
9/13(水曜) 晴れ(31.7度)

昨年、世間は真田丸で沸き返っている中、劇場映画として司馬遼太郎原作「関ヶ原」が製作されるという報を耳にし、主役となる石田三成役を岡田准一が演じるという。
大河ドラマで山本耕史の三成像がかなりよい印象だったので、それを岡田准一という顔立ちがまったく異なる役者が演じるとなると違和感を禁じ得ない。
しかし大河ドラマとはまったく無関係の映画で同一キャストというのはまずあり得ない。

そして真田丸が終わって半年以上経ち、季節はまさに関ヶ原の合戦の行われた九月。
予告で流れた岡田准一の三成はなかなか勇ましく、キャストが発表になった時点では不安しか無かったが、あれはあれこれはこれで見てみたくなった。
オリジナルキャラのくノ一の存在はたしかに気がかりだったが(変な恋愛要素を無理矢理入れ込んでるのでは無いか?)、演ずるのが有村架純なのである程度は大丈夫だろうと。彼女はなかなかによい芝居をするし。

さて上映時間2時間半という映画としては長丁場、しかし作劇としては大河ドラマは言うに及ばず、かつてTBSでやっていたような数夜連続のドラマに比べたらどうしても詰め込み形式になるのは必定。
また武士用語や手をつかないで座る所作など気になる部分も多々ある。

結末は誰でも知っているから、その途中の描き方で面白いか否かがわかれる。
ましてやオリジナルキャラもいる。

真田丸では描かれなかった関ヶ原の合戦。
ただ事前に映画秘宝のちょっとした一文「今までの合戦とはあまりに違う槍を使った戦いの描き方が見事」が少々気になっていたので、ここのところひかり回線トラブル続きで気持ちも滅入りっぱなしだったので、気分を変えるべく見に行く事にした。

結論から言えば大満足。
特に終盤の合戦シーンは確かに見た事が無いアプローチとスケール感だった。
立ち回りも生々しく、手斧や木槌のようなものを使って蹴散らしていく描写、ひたすら長い槍を構えてじりじりと詰め寄る描写などなど、かなり見応えのあるものだった。

また岡田准一の所作は実にすばらしく、山本耕史版に比べると実直さは同じでもいささかイヤミ名部分がかけているので、ただただまっすぐな男として描かれていたが、これは2時間半では致し方ないこと。

一般レビューでは今ひとつ聞こえのよくない有村架純のオリジナルキャラは、個人的にはとてもよかった。
とにかく有村架純の所作がよい。
顔がぷくぷくしているので悲壮感が薄いのは少々残念ではあるが、立ち回りもなかなか見事だった。

小早川秀秋の裏切りについてもちょっとおもしろいアプローチだったし、朝鮮軍の捕虜が大砲使いでちゃんと甲冑が違うのもおもしろかった。
そういや島左近の最期は、さながら300のスパルタ兵みたいだったなあ。
あと往年の名作大河「葵徳川三代」と同じく、家康が爪を噛んでる描写もよかったけど、役所広司は散々侍ものやってるくせに座るときに手をついちゃうのが気になった。かなりの太鼓腹に描いていたからわざとかもしれないけど。

ただ不満が無いわけでは無い。
明らかに大河ドラマ等で各武将についてそれなりに知識が無いと、今一体誰がしゃべっているのかわかりづらい事。
懇切丁寧にイチイチ字幕を出してもよかったのではなかろうか、シンゴジラみたいに。
また早口のせいなのかわからないが、ところどころ声がこもっていて聞き取れない箇所がずいぶんとあったこと。

それでも合戦シーンの殺陣のアプローチはすごく新鮮で、あの部分だけでも充分満足。
スポンサーサイト
【2017/09/13 19:27 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
劇場版ポケットモンスター キミにきめた
7/15(土曜)

旧作は時間とともに思い入れも増すし、たまたまCATVでオレンジ諸島編からの金銀編をやりはじめていたから、サトシの最初の旅の相棒はカスミやタケシじゃなきゃダメだろという気持ちが強かった。
しかし今回の映画はその後のシリーズからのポケモンも登場するし、そもそも20年前の作品をそのままリメイクしても、今の現役世代には面白くない。

第一、20年前に夢中になった世代を仮にターゲットにしたところで、完全な大人になった彼らがふたたびポケモンを観に劇場に足を運ぶだろうか?
答えは否である。
テレビ放送ならともかく、わざわざ時間を都合して映画館に出掛けるとはとうてい思えない。

というわけで、その後のシリーズのポケモンが出ること、旅の相棒がカスミとタケシではないことは、これはもう仕方ないとガマンすることにした。
原点至上主義なら、それこそ旧作を見直せばいい。
未だに僕の中では最高傑作の「ミューツーの逆襲」を観ればいい。

劇場版ポケモンは、ポケモン自体を知らなくても話の構成がわかりやすく面白いから、おそらく見に行けばそれなりに楽しめるはず。
そんな思いで、初日の20時の回に足を運んだ。

夜の回なので子供は少ないと踏んだのだがそんなこともなく、ただ客層はかなりのばらつきがあった。
なかでも上映前の待ち時間で飲食のできる待機スペースで待っていたところ、隣にスレンダーなイケイケな若いお姉さんが座った。
相手待ちなのかと思いきや、どうやら単身らしい。
カーズも始まったことだし、シネコンだから何を見に来たのかはわからない。
そうこうするうちに「20時半より上映のポケットモンスター~」と場内アナウンスが鳴った。
するとそのお姉さん、すくっと立ち上がりスクリーン入り口に向かうではないか!
僕自身の見てくれもポケモンを観る客にはとうてい見えないが、まさかお姉さんもポケモンとは…。

子連れもいれば、ミドル層もいる。若い学生風もいるし、おばさんたちもいる。
ハコは八割方埋まっていて、正直客層が定まらなさすぎる。
これほどまでばらけた映画も珍しいのではないか。
それもポケモンだ!

初日ネタバレになるから書けないことが多いが、大満足な一本だった。

冒頭、旅立ちのシーンの自室。サトシの部屋にカビゴンのぬいぐるみが無かったことをのぞけば。
そこはおさえておくべき所だろ!と憤慨したが、ちゃんとエンディングで写っていたので、単にレイアウトから見切れていただけだったらしい。

パンフによるとさらに隠し要素があるらしい。

ただ、やはり旧作のポケモンのデザインが際だってよかったことを感じされるのも、昨今のゴテゴテに対して思うところあるよなあ。
まさにモンスターだった赤緑、金銀。
でも今は相棒っぽくなってしまったポケモン。
それだけは残念だ。
【2017/07/16 10:13 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
キングコング:髑髏島の巨神
3/31(金曜) 曇りのち雨(12.2度 ただし0時に観測。日中は10度程度)

金曜は会員dayのため、通常映画は1kで見られる。
しかしことキングコングに限っては、シネコン随一の小さな箱、それも11時か20時の回のみ。
20時の回はレイトショーあつかいだから普段利用しても1.2k。しかも今月中ならいつでも1.2kで見られる割引券もある。
そうなってくると英会話教室がない今週金曜日のチョイスはIMAXだ。

季節は春休み、そして1kで見られるとあって、朝一9時15分の回に出向いたら、チケット売り場はすでに長蛇の列。
チケットが買えたのは25分近くで、すでに予告編が終わっていたところへ滑り込みセーフだった。
ちなみにチケット代は割引が一切無いIMAX3D、2.3kだった。パンフ買ったら3Kを軽く超える。

11時の2D上映、1kで見られる方はすでにほぼ満席。しかしIMAX3Dはガラガラ。ガッカリするほど空いている。
そりゃ倍以上の値段払って見るべきものかどうかなんて、初見じゃわからないもの。

映画を見る際にはメガネを着用しているのだが、IMAX3Dではメガネonメガネとなるため、かなり見づらい。
そして相変わらず、あまり立体的に感じなかったのも悲しいところ。
たしかに奥行きはあるが、激しいアクション場面ではめまぐるしく画面が動くので立体視している余裕も無く。
上映回し早々に「小さいハコの2Dで見ればよかった」と後悔しきり。

ただ内容自体は非常にエキサイティングで面白かった。

怪獣映画では兵士がわりと虫けらのように死んでいくのだけど、もうしわけないがスタローンやシュワルツェネッガーの映画のように、まるで胸は痛まないのが普通。
むしろばんばんヘリが落とされれば「コング、強ぇ! すげぇ!」と興奮するのだけど、今回の映画ではなかなかの絶望感があった。
予告編でも散々流されているヘリ対コングのシーンでは、一緒にヘリに乗っているようなカメラアングルで見せ、開いたハッチから吹き飛ばされ絶叫しながら落ちて行く仲間の姿などかなりエグイ。

助かり要員と死に要員はわりとすぐにわかるのだけど、それでもあの墜落に次ぐ墜落は、コングを仇とする大佐でなくても「コング、許すまじ」となる。

いわばやられ役の米軍のヘリコプター部隊が割と悲惨なので、途中まで大佐に感情移入してしまうのは、作劇としてはちょっとマズイかもしれない。

ようするにキングコングに感情移入できなくて、「あの巨猿ぶっ殺せ!」と一緒になっていきり立ってしまうと。

ただうまい具合に大佐以外の民間人グループが別のヘリで墜落し助かっているので、うまく中和できてるとも言える。

また2014年版ハリウッド・ゴジラと地続きであることを随所で表していて、これもなかなか面白かった。
前作ででていた敵怪獣ムートー、実は個体の名前ではなくUMAみたいな頭文字を取った総称とか、思わず「そうだったの?」と。
あとは2014年版ゴジラでも描かれた水爆実験が「ヤツ」を殺すために行われたとか、軍艦が何者かに襲われて1000人からいた中でひとりだけ生き残ったなんてのは、コングの仕業じゃないよね?と想像力が乏しくなくてもすぐにわかるネタ(軍艦だから明らかに海での出来事だし)。
そして一番のおまけはエンドロールあとの壁画。
まいりました…。

王道展開で安心してハラハラできる、実にアトラクション的な映画で大変満足なのだけど、気になった点がないわけでもない。

ひとつが冒頭墜落した日本兵の名前が「グンペイ・イカリ」なのに、英語の発音に即して字幕が「ガンペイ」になっている点。
ちなみに雑誌やパンフでも「グンペイ」表記。
言うなれば「ブラックレイン」で松田優作演じた佐藤のことを、マイケルダグラスとアンディガルシアが「セイトー」と発音し、それをそのまま字幕にしているようなもの。

あとは中国資本傘下になったレジェンダリーの愛人枠にしか見えない中国人女優。
まるで役に立ってないし、ピンチにもならないし、当然非業の死も遂げない。
セリフもほとんど無いから、存在意義もない。
ジン・ティエンという名前らしいが、恐ろしいことに「パシフィックリム2」にも出演が決まっているそうで。
プロデューサー権限でお気に入りの役者がねじ込まれ、それを使わなければならないのは、なにも邦画に限ったことではなく、以下にハリウッドでも出資者には逆らえないのね。
確かにキレイだけど、ジャングルさまよっていても、あまり汚れない顔に整いすぎた眉の形が興ざめすぎた。

それにしても、サミュエル・L・ジャクソンはよかったなあ。
部下を失った狂気さはそこまで強くなくて、なんとなく部下思いで動いているため、あまり悪役っぽくなかった。
コングのアップとサミュエルのアップの目の離れ具合がクリソツなのは、嫌がらせなの?とか思ったり。
【2017/03/31 17:09 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ワンフェス2017冬に行ってきた
2/19(日曜) 晴れ(10.5度)

昨年に引き続き、冬のワンフェスには行こうとはなから決めていた。
昨年の日記を読むと、出発したのは9時半過ぎ。それでも10時半には到着し、並ばされて入場出来たのは11時半近くと書いてあった。

今日は日曜だというのに早起きして9時前には出るつもりだったのに、結局車に乗ったのは9時過ぎ。
幕張メッセの駐車場に着いたのは10時15分くらいだったので、去年よりも早くに到着していたことになる。
入場パスも兼ねたパンフレットは、昨年夏よりさらに値が上がって2500円という。
そういえばメッセの駐車場も昔は900円だったが千円だったな。それでも安い部類だが。

パンフは程なくして買えたが、入場規制でもしているのかホールの壁に沿って入り口の左右に列を作らせて待機させている。
結局入場出来たのは11時目前か。
11時開始かと思ったよ。

とりあえず差し入れのエナジードリンク二缶がかさばるので、大学の後輩のブースをまず探し出しておいてくる。
すぐに一番の目的だったケロルさんの所に行ってバジェットを成体、おたまの二種購入。
昨日、昨年春におたまで迎えた若いバジェットが亡くなってしまったので(つい先日まで元気だったのにみるみる弱って昨日命の炎が消えた)、その翌日に似たサイズのおたまと成体を買うのは少し複雑な心境。

その足でクトゥルフの立像を買いに行ったのだが売り切れ。あとで他のブースで聞いたのだけど、開場30分で売り切れたそうだ。

目的の一部が消えたので、毛並みのディテールの参考用にと、超絶ディテールの動物を作る方のブースでキンシコウを購入。

そのほか、アインシュタイン、夏目漱石、チェ・ゲバラのフェイスマグネットも購入。
これは以前からほしかったもので、だいたいスケールは1/6。
そういえば同じスケールのデッカートブラスターは6000円だったので、さすがに手が出なかった。

あとはアイギスのデフォルメフィギュアとドールショウでよく声をかけてくれる方のマスコットフィギュアを、それぞれ購入。

一番の目的だったが、結果的に最後に足を運んだのが、先だってAKガーデンでゲロソラックスを買った絶滅屋さんのシン・ゴジラ第二形態。
やはり売り切れだったが、これも開場30分で早々に売り切れたそうで。
非常に気さくな方で話しやすい人。うねるような躍動感の第二形態が実にすばらしかった。

それにしても空き卓が目立つ。
ディーラーダッシュ用なのだろう。
それでも限定品とか、そんな目玉はあるように思えないのだけど、もしかしたら企業ブースへ直行なのか?

だいたい企業ブースは、おもちゃショーのようなてい。
これアマチュア造形イベントと併設する意味あるのか?

空きブースに対してコミケは遅刻した時点でペナルティを課すというのに、高いブース代入場料取るのに、こう言った点には目をつぶる海洋堂のやり方がどうにも気に入らない。
イベンターに金が落ちればいいっていう考えが、いかにも…だ。
【2017/02/19 16:59 】 | デザフェス用 | コメント(0) | トラックバック(0) |
相棒Ⅳ-首都クライシス 人質は50万人!特命係最後の決断
2/12(日曜) 晴れ(10.3度)

繰り返される再放送で、いつしか本放送版も見るようになった相棒シリーズ。
たぶん、映画の二作目あたりでは、まだ観てなかったと思う。
劇場に足を運んだのは、たぶん相棒Xからだと思う(伊丹さんのスピンオフ)。

というのも、レンタルかオンデマンドで観た(CATVではないと思う。ただ途中CMが入った記憶が無いので地上波ではない)米沢さんのスピンオフがことのほか面白かったので、それで見に行ったんだと思う。

逆に三代目相棒の成宮シーズンは、テレビでは観ていたものの過去の日記を遡っても劇場に足を運んだ記載が無いし、記憶も無い。
テレビの地上波、もしくはCATVかなにかで観たと思うのだけど、どうにも今ひとつの印象だった。

むしろ二本のスピンオフの方がよかったという印象。

さて今回はどうだろう。
反町相棒は個人的にとても気に入ってるし、なにより「右京さん」と初代相棒亀山のように呼ぶのがいい。

右京さんの奥さんは、先だっての大麻騒動で役者は引退しているとはいえ、もはやちょい役で復帰という一縷の望みも絶たれた。三代目相棒の成宮も同様。
初代亀山はいろいろあって難しそうだが、それでも望みは捨ててない。
捜査一課三羽がらすだった三浦さんは、以前顔見せしたが、時期的に高畑息子の父親だったと情報が出てしまったので、これも今回は難しい。

事前にわかっていたのは二代目の神戸と米沢さんの二人が出るということ。
特に米沢さんの役どころの穴埋めは、新キャラの青木がうまく埋めているので作劇的には滞りなく流れているが、先だっての前後編(舞台は一年前の設定ゆえ、まだ米沢さんが鑑識にいる)で久しぶりの登場にやはり安心感があった。

昔描いていた脚本家が離反しているとか、主演の杉下右京役の水谷豊がさながら天皇のように君臨していてなどまことしやかにゴシップ誌に書かれているが、作劇が面白ければ内情なんてどうでもいい。

ようはおもしろければいい。見終わったあと満足していればいい。

そういった意味では、先だっての前後編を書いた脚本家による、本作は十二分に満足出来るものだった。

いくら話を大きくする必要があったのかしれないが、警視庁なのに南の孤島に行くのはあまりに無理のある展開だった前作(一応、小笠原は東京都下ではあるけど)より、はるかに理にかなっていておもしろかった。

なにより渋々捜査に協力する米沢さんの安定感は、やはりよい。
逆に新キャラの青木は一切登場しないのは、ちょっとさすがに寂しいものがあった。

パレードの中にもしかして三浦さんや、亀山の奥さんあたりが顔見せしないかと思ったが、さすがにそこまでのサービスは無かったけど…。

ともあれ、よかったわ。
やはり反町相棒はよいです。
【2017/02/12 16:11 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。