ようやく実感しました
3/26(日) 晴れ(穏やかな暖かさ)

先週は祖父母の墓参りに、そして今日は恩師の墓参りに行って来ました。

微妙に交通量の多い甲州街道をとばすこと1時間。
多摩霊園は彼岸あけにもかかわらず日曜ということもあって、けっこうな人出。
恩師の眠る集合墓地にも多くの仏花が手向けられていました。

1月に行ったときにはまだ碑銘がなかったのでどうしても実感できなかったのですが、今回「平成17年」にその名前を見つけたとき、悪い夢であってほしいという思いは消し飛びました。
思わず碑銘を指でなぞり、言ってはいけない一言が口を吐きました。
「なんで、こんなところに名前があるんですか…」と。

その後、墓前に仏花を献花し、同じく持参した線香を手向けました。
長い時間手を合わせ、もちろん一方通行ですが話をしてきました。
帰りがけに碑銘をもう一度なでて「また来ます」と後にしましたが、涙こそ出なかったのですがさすがに帰り道は集中力に欠け、あらためて喪失感を実感させられました。

それにしてもまったく意識していなかったのですが、なんの偶然か先生にとって今日は月命日。
「そろそろ来なさい」と呼ばれたのかな?と。
【2006/03/26 19:32 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
きりきりきり
3/23(木) くもりのち晴れ(午後、急に暖かく)

あぁん、うずくのよ。
うずいてガマンできないの。

続きを読む
【2006/03/24 00:15 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) |
マドンナたるゆえん
3/14(火) 晴れ(春はいずこ)

マドンナとは、かれこれ出会ってから16年経ちます。
とはいえ途中かなりのブランクがあり、時間を地均し出来るのなら実際はもっと短いのですが。
お互いの色々を知っている最も遠くて、近い存在。
そしていつもいつもオレは助けられています。

もちろんあの時もそうでした。
そして今回も。

電話嫌いな人なので、やりとりはメールが主体です。
ただマドンナのメールは体温があるんです。

昨日の結果を送った返事、マドンナのメールのタイトルは「おともだちだね」でした。
『そっかー胆石かー。
仲良くつきあわなきゃね。
どこか注意しなくちゃいけない所があると、生活が健全になるよね。
その他の調子がよくなったり!』
これでメール内容はすべてですが、言葉のどこにも「えらいことになって大変だ」という同情はない。
無理に元気づけるセリフもない。
別に彼女は胆石ではありません。
だからこの「おともだちだね」は、忌々しい石とこれからずっとつきあわなきゃいけないくだりをマドンナらしい解釈で返したというわけです。

いったいどんな発想力があればこんな風に考えられ、表現できるの?と。

オレはなぐさめるのが、とにかくヘタな人間です。
様々な苦境に立たされその経験を言葉に乗せればいいものを、誉めることは出来てもなぐさめられない。
弱っている人間を前にすると、ここぞという言葉が紡げない。
20年来の友人が悪性腫瘍を患ったと電話で聞いたときも、恩師の奥様と話したときも、まったくダメでした。
マドンナのようには言えない。

今も昔も、絶対に勝てない人。いや、勝てる気がしない人。
それがマドンナです。
【2006/03/14 23:08 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
一生もののつきあい
3/13(月) 晴れ(風強く寒い)

そいつはオレの耳元でこう囁いた。
「あなたはわたしと生涯をともにするの」
別に神の前で誓ったわけでもないのに、こんな展開まったく考えもしなかった。
続きを読む
【2006/03/13 17:49 】 | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) |
今後の流れ
2/27(月) 晴れ(風強い)

前回の記述に対するコメントやメール等いただきまして、ホントにありがとうございます。臆面もなく言えば、引き続き募集しております(笑)
実際あたたかい言葉、心より感謝してます。
これを励みに今週金曜の内視鏡、そして来週の超音波検査等に向かうことにします。
すべての結果が出そろうのは再来週なので、この腹の中から来る正体不明の不快感と共にいましばらくつきあわなければなりません。

それにしても内視鏡なのですが最近は鼻から入れることも出来るようで、待合室にもその旨を知らせる掲示がかありました。いわく、嘔吐反射が少なくラクであると。
当然、以前にヒドイ目にあったわたしなのでそれを希望したのですが、受診できるのは最速で6月
えぇ、最悪の事態なら、確実に手遅れでございます。
ようするに急を要さない事態なのでしょう。
なにしろ大病院にありがちな、長い待ち時間後問診のみでしたから。
聴診器すら使いません。
それでいったい何がわかるのか?というとわかるはずもなく、結局検査を受けなきゃ何も始まらないと。
で、とりあえず当日出来ることと言えば採血で、それを行って5k近い出費。
内視鏡に関しては、通常のやり方なら今週金曜でOkayということなので腹をくくりまして、その予約を入れました。
また基本的な症状は腹部膨満感による便秘なのに胃の内視鏡だけと言うのもアレなので、腹部超音波検診も受けることになったのですが、これはあいにく当日は予約いっぱい。ほぼ一週間後になりました(こっちはラクです)。

ともあれ雛祭りに内視鏡でございます。

正直、今日は体調も思わしくなく横浜は休むつもりだったのに、紆余曲折あって1時間遅れで到着。

続きを読む
【2006/02/27 23:32 】 | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ