スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
クローバーフィールド・パラドックス
3/3(土曜) 晴れ(15.7度 最低気温1.3度)

NETFLIXの独占公開となってしまった「クローバーフィールド・パラドックス」を見るために会員登録しましたよ。

で、予告などで一作目の謎がようやく明らかになんて言っていたので、それなりに楽しめた部分はその一作目をにおわすシーン。
10年前の謎がと予告で言っていたが、たしかに一作目の公開は2008年だった(もうそんなに経ってたんだ…)。

今作はその一作目の前にあたるような位置付けで、二作目にもつながる場面はある。
ただ二作目は宇宙人があいてだったので、正直怪獣大暴れな一作目とのつながりはちっとも感じず、まるで楽しめなかった(amazonプライムでの視聴)。

今作はちゃんと怪獣が出てくるのでその点ではよかったし、クローバーフィールド世界の定番飲み物スラショーのマスコットも一瞬映る。
またもしかしたら一作目のアレはこの場面なのでは?と思えるくだりもあったので、その部分では満足。

でもですね。
国際チームで結成されている宇宙ステーションで、チャン・ツィイー演じる中国人エンジニアだけが常に中国語なんですよ。
他の国の連中はみな英語なのに、ひとりだけ会話も中国語。
なんだそれ?

攻殻機動隊でたけしだけが日本語使っていたのも違和感があっていやだったけど、今作は中国市場に忖度してるように見えてなんだかな。
チャン・ツィイーなら英語しゃべれるだろうに。

何でも四作目もやるそうだけど、ちゃんと一作目の公開前にyoutubeでアップされていた動画(海洋資源採掘会社のタグルアト社関連)にフィーチャーしてくれないかな?
でもこの10年で世界情勢(と言うか映画産業)が変わったから日系企業だったのが中華資本になってそうだけどね。
スポンサーサイト
【2018/03/03 18:00 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ミュージアム
12/7(水曜) くもり(9.2度)

シン・ゴジラ以外の映画を見るのは実に久しぶりとなる。
見たい見たいと思っていたが、結局福山雅治主演の「スクープ」は見ること無く終わってしまった。
いや、実際には何度もチャンスはあったのだが、映画を見に行くのには勢いが必要。

少なくとも自分はそうで、「見たい」と思っても「行きたい」となると話は別。
仕事をほったらかして行くのは自身の性格的にかなり難しく、そうすると上映開始直後くらいじゃないと見に行けるタイミングが難しくなる。回数が目減りしてくる頃には、行きたくても行けない。
ちなみにシン・ゴジラは今週の金曜でいよいよ上映終了。で、やっているのはレイトショーの20時半…。

カエルがキービジュアルで、予告編を見てもなにやら「セブン」の印象が色濃い「ミュージアム」。
コミックが原作らしいが、そのコミックより以前にカエル男の連続殺人を扱った小説がある。
借りたはいいが、まだ手つかずで読んでいない。
小説はともかく、カエル男で殺人を繰り返すのならば、後出しとなるコミック版にはカエルである必然性がないと、ただのネタのいただきではないか?と思えてならない。

そんな点も確かめたくて見に行くことにした。

カエルモチーフゆえか、とにかく雨が降るシーンが多い。
そして役者陣がとにかく汚い。
これはもちろんよい意味での汚いであって、邦画にありがちなどんなことがあっても顔はきれいなままではないこと。

印象としては韓国映画のそれに近い。
たしかに「セブン」に似た展開であり、小栗旬演ずる主人公が精神的にも追い込まれながら、犯人を追い詰める展開はまさにその通り。
異様な殺し方という部分も同じ。

ただ「セブン」では、動機も目的もその人物すらも最終的にわからず(当時はジョン・ドーを名前だと思っていたが、ようは名無しということだとあとで知った)ひどく不愉快な映画だった。

たぶんにあの映画を意識しているのだろうけど、主人公の家族が巻き込まれたことがわかるのが物語序盤なので、犯人を見つけ出すミステリー要素より、家族の安否を気遣い追い詰められていくサスペンスの方が強い。

それにしても俳優たちの芝居がすさまじかった。

内容はあまり気分のよいものでも無いし、ただただ疲れた。
基本的に犯人はサイコパスだし、主人公も仕事人間で今ひとつ共感できないキャラだったから。
それでも小栗旬と特殊メイク全開の妻夫木聡(そうとわかっていても見た目以上に声の印象も変えてるのでまったくわからない)の鬼気迫る芝居はよかった。
【2016/12/07 20:43 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
高校時代の友人が亡くなった
7/28(木曜) 晴れ(31.0度)

昨日終わらせられなかった仕事をさっさと終わらせてしまおうとパソコンに向かうと、メアドはお互い交換していても滅多にやりとりをしない(どちらかというと年に一度の年賀状がメイン)高校時代の友人からメールが来ていた。
来年は皆五十だし、四十代最後に久しぶりに集まって呑み会でもやるか?なんて連絡かと思ったら、共通の友人の名前とその後ろに「死亡」と言う文字が。

亡くなったとか書けよ!
なんだよ、死亡って。
新聞記事かよ。

文字列は頭に入るが、書いてあることが今ひとつ理解できてない。

え? アイツが死んだ?

彼は独立し諏訪に拠点を移して二十年近くなる。
毎回、遊びに来いと言われても、どうも出不精で一度も行ったことがなかった。

こっちがちょっとメールで「仕事がカツカツでしんどい」なんて書こうものなら「骨休めに諏訪に来い。うまいもの食わせてやるし、温泉もあるぞ」と必ず景気づけて、気遣いを見せてくれた。

会ったのはもう二年前になっていた。
二年前の三月。同じ高校時代の仲間がライブハウスで演奏するからと誘い出され、珍しく出向いた。
彼も僕と同じ、頭を剃っていた。そして演者のひとりも。

ハゲばっかりだな、うちらのグループはと笑いあった。

メールは昨年の九月が最後だった。
年賀状はいつもの調子だった。
結局、それが彼の僕に残してくれた最後になってしまった。
やっぱり「遊びにおいで」だった。

かつて恩師を失った時もそうだった。
「今年はみんなで会いたいね」と、いつものフレーズ。
何も気にしなかった。

でも、虫の知らせもないまま、その年の八月に僕の唯一の先生は旅立ってしまった。

友人もそうだ。
「遊びのおいで」はいつものフレーズ。でも、もう二度と誘われることはなくなってしまった。

ケータイに入っている番号は、彼の携帯番号。
通じるわけがない。
メールアドレスもそうだ。送っても、いつもの調子で、ちょっと長めの返事が返ってくることはもう無い。

確か昔の電話帳(携帯の内蔵ではなく手書きのアドレス帳)に実家の番号があったハズと、先刻電話をかけてみた。
お母さんが出てくれた。
線香を立てに行きたい旨を伝えるが、丁重に断られた。
先生の時もそうだった。

向こうの誘いには乗らないのに、自分から行きたいと言ったって、そりゃあ都合よすぎるよな。

一体何があったのか、そんなことは聞けない。
だから彼がなぜ死んだのかはわからない。
急死だったのか、病死なのか、事故なのか。

ただそんなことは、もはやどうでもいい。
彼はもういない。
誕生日を目前に四十八で逝ってしまった。
【2016/07/28 19:01 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
埼玉県こども動物自然公園
5/1(日曜) 晴れ(26.9度)

オーストラリアガマグチヨタカが関東で飼育されているのは、以前調べた時には多摩動物公園、北越谷のキャンベルタウン野鳥の森、そして東松山の埼玉県こども動物自然公園の三カ所。
今年の初めから秋葉原の梟カフェにも一羽展示されているが、三カ所の飼育下では皆つがいなので不憫でならない。
また猛禽屋というペットショップが欧州ルートでつがいを入荷し、エキゾチックアニマルなどを扱う販売イベントで展示販売している。聞くところによるとペアで600万だという。
豪州ではどこにでもいる鳥(ガマグチヨタカなら輸出を制限していないパプアニューギニアにもいる)ではあるが、あの国はめったやたらに生き物を輸出しないため、特にペットなど問題外。

多摩動物公園は失念したが、オーストラリア館という独立した展示ブースで、しかも屋内の暗室展示。
キャンベルタウン野鳥の森は、その名の通り越谷市とキャンベルタウンが姉妹都市提携で寄贈されたもの。
今日行った埼玉県こども動物自然公園は、なんとクイーンズランド州との提携で、コアラを筆頭に豪州の生き物を展示している。

もともとガマグチヨタカは待ち伏せ型の狩りをする鳥なので、実は飼育はさほど難しくないのかもしれない。現にどの施設でも繁殖に成功しているようなので、キャンベルタウン野鳥の森ではすでに三代目ガマちゃんが看板鳥として入り口に鎮座することもある(二代目と交代。二代目の方が慣れていて擬態はせず、三代目は常に擬態して細く枝のようになっている)。

600万ならば四畳半一間のようなマニアには買えないだろうし、もちろん飼えないから、それこそ森泉のようなオニオオハシに専用の部屋を与えるような筋金入りのマニアに、是非とも買って育ててもらいたいものだ。

さて、その埼玉県こども動物自然公園なのだけど、入園料は大人510円。
ゴールデンウィークということもあり、園内はかなりの人出。
初めて利用する施設なので、広さのイメージがわかず、とりあえず到着したのが11時半近くだったので、もりカフェというふくろうモチーフのカフェでチキンサンドとアイスコーヒーで小腹を満たしてから、園内散策開始。
と言っても、やはりまずはガマグチヨタカに会いに行かねばならないでしょう。

入り口から左手にやや遠目で見えたエリアにはシマウマとキリンがいたが、とにかく広いスペースでのんびりしている印象だった。

とにかく各ブースは、人間がケージ内に入って、動物の住むエリアに入って見ると言うスタイル。
ようは豪州の動物園とよく似たやり方。ちなみにキャンベルタウン野鳥の森もその方式。
その方式はそれなりのスペースが必要だが、それさえキープされていれば狭い檻の中に飼われている動物には見られない、自由気ままな姿を見ることが出来る。

ガマグチヨタカはカンガルーエリアの奥の大きめのケージにいた。
残念ながらもっとも奥の巣箱の上に二羽揃っていたため、近くで見ることは出来なかったが、けっこうな広さで環境はやはり申し分ない。
生涯ワンペアだそうだから、きっと繁殖してそれぞれの動物園で交換し、近親交配は避けることが出来るだろう。

ここで痛恨のミスが。
ケージの奥にいるだろうことは予測していたので、一眼レフを持参したが、なんと電源入れてもズームが効かない。それどころかシャッターが切れない。再起動しようにも電源が切れないので、バッテリーを抜いて、何度も試すがどうにもならず。
泣きたくなる思いだったが、キャンベルタウン野鳥の森のように柵の前に生け垣がないため、格子の隙間にレンズを置いてiphone最大ズームでなんとかなった。
持参した人形とは残念ながら手前と奥で明るさも全く違うので、こればかりはどうにもならず。

コアラは本場で散々見たので、別にと思ったが、本国では見たこと無いほどアクティブに動くコアラを、偶然にも間近で見ることができ、超ラッキー。飼育されている個体の名前ブース前で見ていたら、向こうからやってきてくれた。
思うに本国に行く際はいつも夏。暑くてばてている可能性大。今日は夏日は超えたとは言え、湿度も低くすがすがしい暑さ。ゆえにちょっとばかり行動的だったのかもしれない。

またもっとも驚いたのがペンギンブース。
水槽には人工の波が立ち、さらに人が立ち入ってみるエリアをペンギンは自由に横切って陸地へと移動することができ、どうやら夜はそっちで眠るらしい。
どうしてもコンクリート打ちっ放しの水槽というイメージが強いペンギンだが、フンボルトペンギンはもともと温帯域であるチリ、ペルーの岩場や緑のある所で暮らしているため、このような飼育環境はまさにベスト。
おそらく日本でもっとも恵まれた環境で暮らしているペンギンだと思う。

園内はとにかく緑が多く、山をそのまま利用したようなエリアには鹿、カモシカが山の斜面を自由に往来出来るし、人が立ち入らない池や沼もあちこちにあり、昼間だというのにカエルが鳴いていた(おそらくトウキョウダルマガエル)。

展示されている動物たちの飼育環境はどれも広く、小さな檻に閉じ込めてという印象は全くない。

ホント豪州の動物園にそっくりだった(広さも含めて)。

一通り広い園内を見グッタあとはは東松山市の名物みそだれ焼き鳥の出店があったので(これは園内に出ていることもあり、非常にリーズナブル)それをつまんで、関越道を帰ってきた。

唯一心残りだった、マルメタピオカガエルの展示は、最後にサービスカウンターで尋ねたところ、現在は行っていないとのこと。季節的なものという言い方をしていたが、死んでしまったのかもしれない。

あと園内で使えなかったカメラだが、帰宅後充電池をMAXにして再度確認したが、電源は入るものの各種ボタンが全く効かない状態。
壊れてしまったようだ…。
【2016/05/01 21:10 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
アイギスオンリーイベント
11/7(土曜) くもり(20.2度 さいたま市)

携わらせていただいている「千年戦争アイギス」のオンリーイベントが行われるとアナウンスされたのが、たしかまだ今年初頭の話。
その後、公式絵師たち何人か参加表明を出し、さらには公式絵師の非公式合同本が出るという頃には、周囲の期待がかなり高まった状態となっていた。

夜行バスでやってくる同じくアイギスをやっている方を高円寺で拾って、一路川口に向かったのが9時半過ぎ。
しかし彼曰く、Twitterではもうすでに来場者の数が尋常じゃなく、入場規制がかかるかもしれないとのこと。
到着予定は開場の一時間前の10時半。
環七外回りはとくに引っかかる箇所もなくスムースに車が流れていて、渋滞がなければ30分少々で着くそのベストタイムで会場となる施設の地下市営駐車場に滑り込み、いざ会場へ。

するともう施設内は折り返し折り返しのスゴイ人の列。
僕のもらったのは入場規制第二陣の12時半から入れるもの。しかも番号は255番。
どうやら一度に入れるのが400人のようで、それも45分で会場を出なければいけないシステム。

計らいで事前に会場入りさせてもらって、無事各ブースをまわって作ったチロルチョコを配って回って、いったん整理番号の通り外に出る。もちろんスジは通し取り置きとか頼まない。ただひたすらチョコを配るのみ。

それにしても市営の建物は上に大きな図書館もあり、かなり立派な施設。
その図書館脇にちょっとした喫茶スペースがあって、そこで待つことにした。

ようやく会場には入れた第二陣の頃には、狙っていた音楽CD はほぼ売り切れ。
同人誌もあちこちで品切れ。
合同本はさすがに規制分で区切ってほぼ行き渡るようにはしていたが、他の一般参加はそこまで大量の部数は持ち込めない。特にCDならなおさらだ。
第一、あそこまでの人が来ることを誰が予測し得ただろうか。

最終的には千人近く来たのではないだろうか。

入場規制は第三陣まであったし、開場時間が終わったアフターイベントという、色紙などプレゼント持ちよりの抽選会で希望者を全て会場に入れていたが、どう見ても400人くらいはいた。

まさに大盛況。

上着が必要かと思ったが、会場内は半袖で充分なほどの暑さ。
そして人いきれですっかりまいってしまい、車で行ったこともあって、その後の打ち上げにも参加辞退して帰宅した。

これだけの人間が小さなオンリーイベントにも来るということは、もっと大きなイベントを打っても大丈夫というリアルな形として今後どこかのイベントスタッフがイベント立ち上げる際の目安になるだろうし、同一イベントも来年五月に第二弾を開催するとアナウンスが最後にあった。
【2015/11/07 18:43 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。