スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
男たちの大和と2005年見た映画の総括
12/28(水) 晴れ(今日も風強い)

世間より一足早い仕事納めながら本日は大掃除の予定を入れたので、朝一の回を観てきました。
劇場は、早い時間のためかほとんど空席。
そしてその観客の8割がおじいさん。
きっと戦争を知っている世代に違いない。
そんな異様な環境で始まった「男たちの大和」は、おもしろかったとかつまらなかったとか、そんな凡庸な感想では語れないつらさがありました。
戦意高揚映画でもなければ、お涙頂戴の浪花節とも違う。
淡々と当時の男たちとそのまわりの家族、恋人たちが描かれ、どうすることもできない現実に向かっていく姿に胸を打たれます。
ことラストの大和が総攻撃を受け沈没するシーンでは、あまりに凄絶すぎて「もう、やめてくれ…」と思うほどでした。
それでも決してくじけず、最後まで戦い抜く男たち。
エンドテロップが流れる中、あちこちからすすり泣きが聞こえてきたのですが、なんとなくわかる気がしました。

そんな胸一杯に慟哭を秘めながら、駅に向かうわたしだったのですが、またしても捕まってしまいました…。
今年これで3度目です。
共通点は迷彩パンツとサングラス。そして映画帰り。あとは正午過ぎという時間帯ですね。

なんとなく気分が害されたまま中央線に乗り込み、一路高円寺へ。
エスカレーター設置工事中のためひとつしかない階段を降り始めると、大きなボストンバッグに難儀しているおねえちゃんが目につきました。
友達とおぼしき女性はすでに途中の踊り場まで先行しており、気にはしているようですが、その人自身も大きなバッグを持っているのでどうにもできない状態。
一瞥をくれて横を通り過ぎ、くだんのおねえちゃんより一段階段を下りたわたしだったのですが、やはり気になりお節介ながら声をかけてみました。

えぇ、ナンパです。

違います。

「手、貸しましょうか?」と申し出たわたしに、そのコはあっさりと「ありがとうございます」と返事。
注)当方、先刻職質をされた外見です。
とりあえず、自分の鞄が邪魔だったのでおねえちゃんに持たせ、わたしはかわりにその巨大なバッグを片手で持ち、階段を下りました。ちなみに難儀するのもムリもないくらいに、かなり重かったです…。
途中で待っていたそのコの友達にお礼を言われ、さらに階下で待っていたもう一人(3人組だったんですね)にも「ありがとうございます」で出迎えられました。

まぁちゃっかりしてるコだなぁと言えばそれまでですが、困っている人は見過ごせません。
たぶんに『大和効果』ではないか?とは思いますが(失笑)。
でも、あんな重いバッグで旅行(たぶん海外旅行の帰りじゃないかな?)いかんですよ…。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:男たちの大和 - ジャンル:映画

【2005/12/28 20:24 】 | 映画鑑賞記 | コメント(2) | トラックバック(2) |
チキン・リトル
12/23(金) 晴れ(寒い)

今日は祝日のため、通常なら土曜公開が一日早まって本日初日。
正直、お父さん(バック・クラック)が似ていたからという単純な動機で見に行ったのですが(しかもユナイテッドシネマとしまえんのレイトショーなら1.2k)、これがもう大当たり。
久しぶりに笑ったりホロリとさせられたりで、忙しい90分でした。

マイヤヒーのCMソングとか広告展開が微妙に滑っている風なので、「どーせ、つまんないんだろ」な先入観でスルーするのはもったいないです。
のっけからパロディ満載でサービス精神旺盛ながら、しっかりと親と子の『信じる』ことの大事さが伝わるホント良作でした。

ひとつだけネタバレ気味ですが、宇宙人のメカが「宇宙戦争」よりもはるかにかっこいいですから。
牧歌的な空気感も見事ですし、なによりキャラが生き生きしている。
見所をあげたらきりがないくらいです。
久しぶりの大絶賛。

つーか、ディスニーのCGアニメはハズレがない。
今回ピクサーではなく御大自ら制作ですが、これが初作品とは思えないほどすばらしい。
表情、しぐさ、そしてカメラワーク。
どれをとっても先だって見た「アドベントなんちゃら」とは次元が違います。

あぁ、はやく誰か見てください。
あのパロディの数々を語りたい。呑み屋で熱く語りたい。

しいて難点を言うなら、歌が多すぎることくらい。
ミュージカルというより「シュレック」の手法に近いかな。
それでもやはり音楽と画面の融合具合はハンパじゃなく、映画は音楽も大事なんだよ!と「アドベントなんちゃら」を正座させて叱り倒したい気分。

黒目のキャラなのに、あんなに表情出されたら、明日のクリスマスにチキン食べられないです…。

テーマ:ディズニー - ジャンル:映画

【2005/12/23 23:52 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
7人のマッハ!
12/14(水) 晴れ(一段と寒い)

本日はハンズに、窓に張るためのカッティングシートとホワイトボード用イレーサーの買い出し。さすがに2年近くなるとノリも効かなくなりまして、また地道に切り出さないといけません。イレーサー(こんな名称とは知らなかった)も同様。地味に事務所で活躍してくれていましたが、最近消し跡が残るようになったので世代交代。

で、午前中に買い物も終わり、なにげなく金券ショップをのぞいてみると「7人のマッハ!」がなんと980円。
もともと金曜の帰りにでも見ようと思っていたのですが、まだ時間もあるしということで見ていくことに。

原題は「BORN TO FIGHT」。
「マッハ!」と同じくタイ映画です。
ストーリーは、ほぼ1行あれば語り尽くせる内容ですが、前作同様(一応「マッハ!」のアクション監督だった人が今作の監督)あまりに無茶なスタントアクションで、一歩どころか半歩間違えれば「テレビの前のあなたが目撃者。決定的瞬間100連発!」になりかねない危険な場面ばかりです。
タイの人は丈夫なんだなぁと錯覚してしまいそうです。

しかしながら、今作のスゴイのはアクションだけではありません。
ゲリラ(クメールルージュ風)が舞台となる村を制圧するのですが、これがあまりに情け容赦ない一方的な虐殺なんです。とにかくむやみやたらに人が死にます。
しかも相手の数も多い。
スタローンなりシュワルツェネッガーなら単身全滅させられそうですが、意外とそういったヒーロー的な描かれ方がされていなくて、見終わった後もさほど爽快感はなく、むしろぐったりとくたびれてしまう映画でした。
「マッハ!」を期待していくと、エライ目にあいます。
おじいさん対ゲリラのタイマン対決で、わたし泣きそうでした。
鉄山こうっぽい体当たりが最高にかっこよかった。

そうそう、その「マッハ!」ラストバトルでの敵役の人が、今回も悪者で出てました。
でもパンフに名前がない…。

テーマ:タイ映画 - ジャンル:映画

【2005/12/14 23:21 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
いまさらFF アドベント・チルドレン
12/11(日) くもり(寒々)

借りたまま、なかなか見るきっかけがなかったファイナル・ファンタジー・アドベント・チルドレン。
正直、スクエニのCGは、わたしのストライクゾーンではないので、まったく期待していませんでした。

ですが、よかったですよ!
なにって、ティファが。
厳密に言うとティファのCGが(声と芝居は…別にいいや)。

そもそもFFと言ったら「ファイナルファイト」な人ですし、人がやっているのを見たことがある程度です。
ですから今回このDVDを見ることでうっかりハマることを、ほんの少し期待していました。

…が、ダメでした。
苦手なのはティファをのぞくすべてでした。

美形ばかりがなによりイヤだし(子供が子供に見えないのはOkayなのでしょうか?)、話も自分にはおもしろいとは思えないし、カメラアングルもアップから引き、そしてフォローばかり目がつくし。
音楽は盛り上がらない、キャラの表情が乏しい、セリフ回しがイライラする等々。
FF大好きな人とは完全に相容れないんだろうなと、あらためて自覚させられました。

だいたいセフィロスの曲が流れた瞬間「片翼の田代」を思い出すくらい物語に集中できていなければ、おもしろかったよと言えるわけがありません。
「ゲームキャラ大集合するシーンとか、プレイしていた人にはたまらないんだろうな」なんて思いながら見ている次点で、もはやダメダメな鑑賞姿勢ですね。

でもティファは、よかったなぁ。
ただ、もうちょっとサービスショットあってもよかったんじゃない?
もちろん徒手空拳のバトルシーンですよ。
構えるまでは良かったけど、そのあとがあまり強そうに見えなくて残念至極。

なんだかダメ映画見に行って「あの役者が良かったんですよ!」と言ってるみたいだ…。
【2005/12/11 22:59 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
姿勢を正す
12/9(金) 晴れ(まぁ普通に冬模様)

久しぶりにふらりと立ち寄ったゲーセンに、新作格ゲー「北斗の拳」が入荷してまして。
もともと北斗の拳自体、テレビアニメ版をちょこっと見たくらいでまるで思い入れもないし、ゲームショーの動画見ても「なんだかなー」てな気分だったので、実際にはコインを投入せずに見ていただけ。
「ジョジョ」の時は原作を一度も読んだことがないのに画面から伝わる無茶加減(誉め言葉)がなんとも気に入って、最終的にドリキャス版を購入してしまうほどだったりします。
というわけで原作を知ってる知らないは、わたしがゲームをする上で特に問題視しない部分。
ようは「おもしろそうか否か」それに尽きます。

制作者のこだわりの有無って、原作がある場合は特に顕著に画面に現れるみたいです。
開発スタッフ全員がファンというのは、現実的に考えてありえません。
仕事としてビジネスとして描いたり、制御したり、調整したりする人は、少なからずチーム内にいるはずです。
でもそこでキチンとコンセンサスが取れていれば、当たり前ですが全体的にまとまり、ゲームのデキに反映されます。
尋常ならざるこだわりが、画面からひしひしと伝わってきます。
わたしはこの「こだわり」あるゲームが大好きなんです。
つい先日、ケータイアプリのプログラマーさんとの打ち合わせのなか、名作ゲームをちゃんと原作テイストにこだわってリメイク作ったらおもしろそうですよね、なんて話題になりました。ですが二人がそろって言ったタイトルでこれはゼッタイにムリだろうというのが「源平討魔伝」。あそこまでひとつに固まった世界観は、どんなにCGやプログラム技術が進歩しても越えるのはムリ、というのが共通見解でした。

気付けばもう1年前になる、とある同人格ゲーのドットの仕事。
その後今年になってから発売され、信じられないくらいに売れたゲームです。
わたしは原作ゲームを知らずに描きました。
申し訳ないけど、原作ファンがこだわってほしい部分がわからずに作業していたワケです。
風の便りで聞いた話では、高級セダンが一括で買えるくらいの売り上げだったそうで、かなりの人がプレイしたことになります。
当然、感想は様々。
数ある酷評の中で、わたしがもっともガツンと来たのが「制作者にはこだわりが感じられない」でした。
こだわりあるゲームがなにより好きなわたしは、返す言葉がありませんでした。
所詮雇われ、コンセンサスを取れなかったサークル代表がダメだからしかたがない、なんて逃げ口上も内情を知る由もないユーザーにはカンケーないこと。
というわけで、自分にとってあの作品は大きな教訓とします(黒歴史として葬りたい気持ちは山々ですが…)。

で、北斗の拳ですが。
某同人格ゲーをみて「これ制作者、全然わかってないじゃん!」と言ったユーザーの言葉がリアルに体験できるものでした。
ケンシロウが昇竜拳はおろか、手からビーム撃ってました。
ラオウもビーム、撃ってました。
各種モーション中(攻撃時もやられ時も)の姿勢がとてもよくて、棒立ちのように見えました。
ちょっとだけしか北斗の拳をしらないわたしですが、とても悲しい気分になったのはなぜなんでしょう。
【2005/12/09 00:57 】 | ゲーム関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
親切なクムジャさん
12/1(木) 晴れ(いきなりの冷え込み)

懲りずにアーミーな上下で新宿に行きましたが、今回は職質無し。
で、先月中旬公開のパク・チャヌク監督復讐三部作のとり「親切なクムジャさん」をやっと見ることができました。
毎週金曜日、仕事帰りに見よう見ようと思いつつも、なんとなく居心地よくて横浜での滞在時間が延びてしまい、結果今日まで見ることがままならなかったのです。

映画の内容は非常に重いテーマ(復讐)ですが、今回は前二作と違いけっこうシニカルなシーンが随所にあり、かつ直接的な暴力シーンも少ないので、ややソフトな印象ではありました。
ノリ的には同じく韓国映画でチェ・ミンシクも出ている「クワイエットファミリー」に似ているかもしれません。
私的ランキングでは、もう一度見るにはかなり勇気がいるがDVDはほしい「復讐者に憐れみを」と、期待が大きすぎてやや肩すかしだった(でもユ・ジテはかっこよかった)「オールドボーイ」のちょうど真ん中あたりです。
でも、復讐三部作の主演がペ・ドゥナ以外カメオ出演していたり、テーマとは別の部分で観客に楽しませようとする心意気がよかった。
ちなみにわたしは、ソン・ガンホとユ・ジテしかわかりませんでしたが…(八〇〇円もするパンフには言葉での紹介のみで誰がどこでなのかはもう一度見ないとわからない…。つーかパンフ高い割に内容が薄くてガッカリ)。

まぁ内容はいつものごとくそんなに詳しくは書きませんが、またしても劇場でイベント発生だったことは語らなければなるまいってカンジです。
映画の日ゆえに客の入りも上々で、上映15分前に席について、今や遅しと席にもたれて待っていました。
そんなおり、通路を挟んだ左隣に座った男、事もあろうに劇場で携帯テレビを見ている!
静かなクラシックが流れる中、男のテレビからはニュースの音声がしっかりとわたしの耳にも届いていました。
たしかにまだ予告CMもかかっていない状態なので、わたしもガマンしました。
いや、むしろこのときの心情を正直に話すなら、いつぞやの電車でのトラブルもあり、あえて火中の栗を拾うのはなるべくやめようと心に誓い、誰か注意するか劇場スタッフを呼んできてはくれまいか、と思ってました。
ですが、あきらかに様子のおかしいこの男の隣に座った老夫婦は、あっさりわたしの横に移動するし、前後に座った人は注意する兆しすらない。
いやきっとわたしと同じように「誰か注意してくれないかな」と思っていたに違いないです。

そうこうしているうちに、場内アナウンスが鳴り劇場内の照明が落ちます。
男はなにかブツブツと独り言を言いながら、それでもテレビを消そうとしません。
ここにきて、わたしの中でなにかがはずれました。
正直、挙動がおかしかったので、下手をしたらという気持ちもありました。
ですが、せっかく久しぶりに見に来た劇場、それも楽しみにしていた映画です。

わたしは立ち上がり、男に忠告しました。
言い訳めいたことをぬかしましたが、頭ごなしに「いいから消せ」と語気をあらげました。
伊達や酔狂で職質される身なりではありません。
あっさり男は携帯を閉じ、その時初めてそれは携帯テレビではなく携帯電話だったことに気付きました。

その後、その男は上映開始後すぐに寝息を立て、しまいには高らかないびきをかく始末。
これはすぐ隣にいる方に注意されてました。
たぶんわたしとのやりとりを見ていて、これなら大丈夫と踏んだのかもしれません。

というわけで、また火中の栗を拾ってしまいました。
とことん損な性格だと思います。

つーか、まわりで嫌悪感をあらわにしながら何もしない人たち。
オレに感謝すべしっ!
いや、見返りなんかハナから求めてないけどさ…。

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

【2005/12/01 00:19 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。