イーオン・フラックス
4/10(月) くもりのち雨(肌寒い)

本日午前中は定期検診。
というわけで、せっかく新宿行くんだから見てこようということで、見ました「イーオン・フラックス」
そもそも午後に人と会う予定があったんで、なんとか昼過ぎの回み滑り込みセーフの予定が、なんと病院の待ち時間ほとんどナシという不測の事態。
仕方ないのでモアで、しばしどころかかなりつぶすハメに…。

さてその「イーオン」なんですが、思った通りでした。
まったくもって予想通りで、期待を一切裏切らないデキ。
えぇ、シャーリーズ・セロンのかっこよさにしびれる映画です。
ホントにかっこいいし、惚れ惚れします。
アカデミーを取るくらいなので芝居も安定してますし、そしてスタイルバツグン。
パンフはすでに写真集状態。
当然買いました。

そうそう、内容なんてどーでもいいです。
90年代によくあったアニメの典型的な設定で、目新しさなんて微塵もありません。
撃たれても刺されてもその場のリアクションだけであっさりと次のシーンではなかったことになってたり、ラスト前ではむやみにやたらに人死ぬし、結末は判で押したようなものだし、これで「おもしろかったよ、サイコー!」と思えるほどわたしは若くないです。

でもDVD出たら買います。
シャーリーズ・セロン一択ですから。

ちなみに金券ショップで980円でしたが、無理してユナイテッドとしまえんでポイント溜めるために1500円で見なくて大正解でした。

地上波でオンエアされたら見てください。
たぶんその方がいい。
うん、きっといい。

テーマ:イーオン・フラックス - ジャンル:映画

【2006/04/10 23:59 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
日がな一日ゲーム
4/9(日) 晴れ(比較的穏やか)

借りてはみたものの、パッケージすら開けていないPS2のゲーム。
「少しさわってみたい」程度の気持ちを最大限に受け入れてくれて貸してくれているのに、なんといいますかこの仕打ち。
というわけで、さすがにそれではまずかろうということで、一日予定の無かった本日、ようやくパッケージを開けてみました。
真鍋かをり絶賛している「龍が如く」です。

やけに厚い取説に「やっぱりやめようと」いきなり心くじけました。
任侠ものが好きじゃなかったら、たぶんこの時点で止めてたでしょう。
ですがなんとかPS2を起動。
そしてプレイ開始。

割とローポリなのねとか、やっぱり走りとかモーションにキレがないのねとか、そんな職業柄チェックしている自分。
でも時計の針はめずらしくアクティブで、長針がまるで秒針のごとく。
気付けば6時間越えてました。

親切設計なので「ちきしょう、もう一回だ!」というゲームっぽさはありませんが、ストーリー展開に止め時が見いだせずひたすら続けてしまいました。
まだ4章途中ですから、終わるまで相当かかりそうです。
ちなみに攻略のたぐいは一切なく、珍しく素の状態でのプレイ。
やったことのある人ならわかるネタですが『Fカップの誘惑』にまんまと乗ってしまい、「これはリセットしてセーブポイントに戻るか? いやいや、人生にはこんな勉強もあるのだ!」としばしの葛藤があったり。
当然、やり直しませんでしたけど(笑)

というわけで、格ゲーやSTG以外はやはり長期戦必至。
毎週日曜はこれで予定が組めなくなりそうです。

ゲームを普段やらない人が「おもしろかった」というのもわかる気がしました。
たまたま明日は月一の東京医大に行く日なので、帰りに歌舞伎町よってみようかと思います。
とりあえず赤牛丸の牛丼で体力回復かな。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2006/04/09 22:25 】 | ゲーム関係 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |