スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ハッピーフィート
3/17(土)曇り(それなのに洗濯干す!みたいな)

はい、ペンギンの3DCG映画の初日、レイトショーで見てきました。
予告編を見て「動物ものは食指動かなかったけど、このバカっぷりはいいぞ!」と期待充分。

さて超絶実写に見まがうほどの南極風景からはじまり、やけにクリアな画面も「そうか、空気キレイだからクッキリ見えるんだよな」と脳内補完。
しかし展開が「皇帝ペンギン」をトレースしているだけで、出だしからして冗長。
ひたすらすんだ青空の画面と対照的に、雲行きが怪しくなる内容。

はい、この映画はバカ映画として、子ペンギンのダンスのキュートさを目的に見に行くとエライ目にあいます。
なにしろキーヴィジュアルに使われている主人公の子ペンギンが…(ネタバレなので書きません)。
そして物語中盤、信じられないようなあまりに不条理な展開が(マジかよと思いました)。
なにより長すぎるエンドクレジットが(10分以上ある。退屈)。

ファミリー向けの外観と中身とのギャップが激しく、お子様向けではとうていありません。
確実に飽きて、劇場内走り回ります。

期待が大きかった分、そして勝手に予告を見てバカ映画と決めつけていた分、そのあまりに予想外な内容にがっかりでした。

ただ海、氷はキレイですよ。
あきれるほどキレイ。

ですが、同じキレイな海を見せてくれた「ファインディング・ニモ」は話もおもしろかったんだけどなぁ。

正直な話、オススメできません。
ペンギン映画は、わたしにとって鬼門のようです。
ごめんなさい。
スポンサーサイト

テーマ:ハッピーフィート - ジャンル:映画

【2007/03/18 00:53 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(1) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。