スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ひい せい ゆ ぶれぇどらんな
2/25(月) 晴れ(晴れたけど寒い)

予定通り、ブレードランナーを見ました。
それもファイナルカット版。バージョン5です。
あらためて見直すと、これが本当に82年の作品なのかと疑いたくなります。
いや、今のレベルと全く変わらない。
リマスターされ画質が向上したため、ポリス・スピナーのディテールがくっきりとわかり、ほれぼれするほどかっこいい。
また5.1chになったおかげで、随所にちりばめられた意味不明の日本語もクリアな音声で聞こえる。
「おい、なんか落としていったぞ」

初見は大学生の頃。
映像はすごいけど、あんましおもしろくないながファーストインプレッションでした。
四十路にして見直してみて、DVDなのに一度も中座はおろかあくび出ませんでした。
実に深い。
主人公のデッカードがレプリカントなのでは?なんて、当時まったく疑いませんでした。
しかしその目線で見ていくとそれらしき伏線がちりばめられていて、ハッピーエンドではないラストと相まってなんとも言えない気分にさせられます。
個人的には最初に公開されたバージョンの「レイチェルは特別で寿命は設定されていない(ここのセリフ、英語で暗記してます)」のモノローグが重ねられたデッカード・スピナーで山間を疾走するラストの方が好きですけど。

時間は充分あるので、もう一つの最初期版ワークプリント(試写で使われて評判が悪く、その後公開版のようにデッカードのモノローグが重ねられた)も見ると、オープニングからして全然違ってびっくり。
そして未公開映像集で二度びっくり。
最初に撃たれたブレードランナー特捜班の捜査官ホールデンがその後、何度も登場してるし!
つーか、未公開映像だけ見てると視点がかなり違っていて、こんな風になるかもしれなかったんだと思わせるカットの目白押し。
それでいて話しつながっているし。
あらためて映画ってのは、膨大なカットから厳選されたもので成り立っているんだと痛感しました。

先日まで「映像はすごいけど、話しはイマイチおもしろくないから」と若手に話していましたが、前言撤回。
最高におもしろいです。
スポンサーサイト
【2008/02/25 20:06 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
L change the WorLd
2/10(日) 晴れ(寒い、かも)

レイトショーで昨日から公開の「L change the WorLd」を見てきました。
うーん、スピンオフ元のデスノートは好きな監督(金子修介)だったので、女の子もかわいくとれてるし、なによりおもしろかったんだけど、今回監督変わってて微妙に不安。
そして不安的中。
リングの監督ゆえにバイオテロ描写が完全にホラー。
あきらかにやり過ぎ感漂う。
感染した村を焼き払うシークエンスは、まんま「アウトブレイク」だし。
向こうは気化爆弾描写だったけど、こっちはただのナパーム?
その辺のこだわりのなさが、全編に漂ってて萎える。
松山ケンイチのLの魅力でなんとか見られたレベル。
つまらなくはないけど、おもしろさはごくわずか。
コメディリリーフの南原がコントにしか見えなくて、どんなキャスティングなんだと。
そもそも単身FBI乗り込んでくること自体、リアリティなさ過ぎ。
デスノートでも任務中は単身だけど、他に多くの潜入捜査が行われていたというのに。
あー、なんだか子役の福田麻衣子とか金子監督ならもっともっと魅力引き出せたんじゃないかな。
残念…。

ちょびっと期待してたんだけどな。
悪役がキラ並なのは無理としても、組織規模が全然グローバルに見えなくて、Lの相手には不足すぎ。
イヤ、ホント残念。
松山ケンイチはよかったけど。

テーマ:L change the WorLd  - ジャンル:映画

【2008/02/11 00:29 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。