スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
夏休み的一日
8/12(火) 晴れ(暑さは慣れた)

普段より一時間ほど遅く目覚め。とはいえ、夜中に三度も目が覚める。
だから寝る前に大量に水分を摂取するなというのに。
とりあえずメールチェック。昨日送った追加分の返事が来ていた。
ついでにさらに追加のおまけ付き。
「きょ、今日は仕事しないんだからねっ!」と言うわけで、構想だけ考えて手はつけず。
ダラダラと午前中を過ごし、このままじゃイカンということで「ダークナイト」を見に、新宿ピカデリーへ。
なんでピカデリーかというと、1kで見られる割引チラシが先月ポストに入っていたため。
普段としまえんのがら空きに慣れていたのでなめてました…。
上映開始15分前に到着したら、なんと座席がほぼ埋まっていて、最前列と2列目のごく一部、あとはまばらにかどっこがあいているだけ。
奇跡的に空いていた2列目中央を、迷うことなくチョイス。
おかげで終始見上げる形になり、首がギチギチに痛いです。

さて「ダークナイト」ですが、くしくもヒース・レンジャーの遺作となってしまったわけですが、あのジョーカーがもう見られないのかと思うと本当に残念でなりません。
ティム・バートン版バットマンでは名優ジャック・ニコルソンが演じ、まさに狂気を体言化しており、あれを越えるには相当のプレッシャーだったのではないかと思います。
同じアプローチではつまらないし、監督、脚本、役者で相当に煮詰めたのがわかります。
それほどすばらしいものでした。
今回のジョーカーは原作ともバートン版とも違う、生い立ちからなにからすべて謎のサイコパスです。
薬品で全身が白くなってしまった設定はなく、どうやらクラウンのメイクをしているように見えました(口は裂けている)。
バットマンと対極に位置する存在として描かれていて、神出鬼没正体不明ついでにいうと本人の好きで行動しているところまで同じです。
もう152分、2列目という悪条件にもかかわらず、画面に釘付けでしたわ。
クリスチャン・ベールはブルース・ウェインにしか見えないし、ゴードン警部がゲイリー・オールドマンだとわからなかったし、なによりヒース・レンジャーのジョーカー。
現実味のある理解不能の残忍さが本当に怖かった。
悪役には悪役なりの葛藤があるというのが昨今の悪役像ですが、そんなものみじんも感じさせない絶対的な悪。しかも倒せない。
コイントスで「こいつもしかして?」と思ったら案の定のトゥーフェイス登場でしたが、このくだりはもうやりきれなくて…。正義の象徴も簡単に堕としてしまうジョーカーの負のエネルギーは、まさに悪魔。怖すぎます。
そういえば劇中、おNEWのバットスーツに対してアルフレッドが「ねこには大丈夫です」というのはあきらかにキャットウーマンを意識した台詞で、マフィアの犬に絡めて思わずニヤリとさせられました。全体的にアルフレッドがいい意味で緊張を解きほぐしてくれます。「だから言ったじゃないですか」
いやぁ、それにしてもすさまじい作品でした。

で、見終わった後、高円寺に行きまして魚くんの世話。
暑さのためエサのメダカが4匹も死んでまして、やりきれない。
掃除屋のエビもいなくて、処理した後水を換えましたわ。

ちょうど夕飯時ということで、事務所のはす向かいになる関根精肉店というモツ鍋、ホルモンの呑み屋に入る。
ホルモン自体、この年になるまで食べたことが無くて、ちょっとドキドキものだったけど、もう絶品!
とろけるとろける。肉が口の中でとろけるよ!
とりあえずビールとホルモン焼きの塩、そしてもつ鍋の醤油にしたのだけど、もうおいしくておいしくて大満足。
ただ、2列目で満員首あげ状態でバットマン見ていたのがじわじわと効いてきて、しかものどが渇いていたからビールを軽く空けたのもよくなかった。
鍋に〆のご飯を入れておじやにしたあたりから、にわかに目が回り始めた。
あわててトイレにいったのだけど、汗が止まらない。
もはや冷や汗。
這々の体で店を後にし、気力のみで事務所に舞い戻る。
移動距離にして1分あるかないかなのに、ものすごく遠く感じましたわ。
平衡感覚が失われていて、ひっくり返りそうになり、腹の中から突き上げてくる衝動。
せっかくの絶品モツをもどしてなるものかと、壮絶な死闘をエレベーターの中で繰り広げていました。
事務所に着くなり、まずエアコンをかけて、そのままひっくり返る。
とにかくもどしたくなかったのと、立っていられなかった。
いや座っている状態でもダメ。
寝れば何とかなるだろうと目をつむるも、冷や汗が吹き出し、頭はグルグル。
もうアカンかもしれない、トイレに行くしかないかもしれないとくじけそうになる心。
気付いたら寝てました。
なにげに床に寝ていると、どんな角度設定にしていてもエアコンがあたるので結局は消しました。
いったん冷えるとそれなりに気温が維持できるのがコンクリート建造物のいいところ。
なんだかんだでいつのも業務終了時間よりも長居して、なんとか帰れるコンディションまで戻って、無事帰宅。

それでも総じてラッキーだった一日。
2列目中央が空いていたとか、呑んだところが事務所のすぐそばだったとか。
それにしてもダークナイトはよかったし、ホルモンはうまかったし。
頭グルグルがなければサイコーだったんだけど。
そして今日は仕事、しませんでした。
いいじゃん。
スポンサーサイト

テーマ:ダークナイト(The Dark Knight) - ジャンル:映画

【2008/08/12 23:38 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
バットマンキャンセルフロッグマン
8/11(月) 晴れ(暑いね)

なんとなく気乗りしないので、映画に行くの止め。
かわりにジミー・タウケチに借りたままだった「フロッグマン(原題FROG-G-G)」を見ることに。
バットマンキャンセルフロッグマンってわけ。

とにかくつまらないとのことで、パッケージからも安っぽさ全開。
というわけで全く期待せずに見たんですけど。
いやはや80分が長い長い。
でも不思議とキライじゃないな、これ。

全編漂うチープな感じ。
ぬいぐるみ丸出しで、たけちゃんマンみたいな動きのフロッグマン。
サービス過剰な意味のないおっぱい。
完璧なB級映画。
それなのにメイキングがついている。
勢い、それも見てようやくわかった。
「これは70年代グラインドハウス映画へのオマージュだ」と。
若い監督が限られた予算で、自分なりに楽しいモノを作ろうとしている手作り感覚。
もちろん当時の映画は粗製濫造もあっただろうけど、でもそんな中ギラギラ光るエッジの効いたものもあった。悪魔のいけにえなんてその代表格でしょう。

手放しで絶賛できるおもしろさはない。
でもなんだか憎めない。
個人的には悪くなかったな。

さてシエスタしてから作業でもしますか。

テーマ:DVD - ジャンル:映画

【2008/08/11 14:03 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
映画館はおまえのうちじゃない
8/10(日) 晴れ一時雨(かなり過ごしやすい)

もうね、気分が最高に悪い。
今日はたまったポイントを使って1本タダ見、もう1本はレイトショー値段で映画のハシゴをしたわけなんですが、自分よりも明らかに年上(壮年)の男性がいくら目の前が通路だからといっても足を投げ出していて不快。次の映画ではコロン臭プンプンの野郎二人連れが同じく投げ出しているわ、予告始まってもくっちゃべってるわ、なんたる民度の低さ。
「ハプニング」よろしく、人類は間引きされた方がいいです、ホント。
映画館はみんなで見るのが楽しいのであって、自宅でリラックスして見るのとはワケが違う。
同じモノを見ず知らずの他人と見ている共通体験こそ映画館の醍醐味。
それだというのになんだろう。
靴を脱いで足を投げ出すなよ。
視界に入って鬱陶しいんだよ。
そんな気分での鑑賞なので、疲労度が倍増。おもしろさは半減以下。
老いも若きもなってない。

とりあえずナイト・シャマランの「ハプニング」は「あ、そ」なオチ。
完全なホラー映画で、ずっと不安感をあおる音楽が流れ、不意打ちのような大きな音で驚かすショック映画の手法。
この手の映画は苦手なので気分が悪い。
ついでに表現がストレートでエグイシーンが少なくない。
で、あのオチかよ、と。
さすがにシャマラン、もうどんでん返しで驚かすのは止めて、直接ビックリさせることにしたらしい。
非常にチープなメッセージ性が最後に出てくるけど、わざとらしすぎて辟易。
見なくても良かったわ、これ。
タダ見でもちょい後悔。

夕食を挟んで「カンフーパンダ」。
ところが目の前のイタリアンで食事していたら、外は大雨。
移動距離にしてわずか1分程度なのにずぶ濡れ。
そして目の前に不快な先客。指定席だから移動できないし。
映画自体は、映像の情報量が多すぎて疲れた。
でも話はシンプルでおもしろいし、表現手法も秀逸。
「おまえは昨日を気にしすぎて、明日を心配してばかりだ」は、今の自分に響きすぎる。
ゾウガメ導師、老人特有の口の動きやのど元の動きが再現されていて感嘆。
マスター・シーフーは師夫先生だね(たぶんわざとパロディにしている)。
ふだんのコンディションなら最高に楽しめただろうに、雨で濡れたTシャツが気持ち悪いし、目の前のマナーのなってない客が気になっててんでダメ。
気にしすぎだ、オレ。

帰宅後、メールチェック。
昨日の返事は無し。
どないなってんねん。

いつもより気温がいくぶん低めで、午前中からやることをモリモリこなし、上機嫌で昼食。
午後も引き続き添削したりと業務にいそしみ、比較的安定だったのに。
雲行きが怪しくなった空模様と同じ展開。
なんだろね。
明日は「バットマン・ダークナイト」でも行こうか。
【2008/08/10 23:32 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
スターシップ・トゥルーパーズ3
8/1(金) 晴れ(暑いのう)

映画の日にはB級映画を見てこそ、真の楽しみ方!
ポニョもシャマランもジャッキー&ジェットも止めて、本国ではDVDスルーの「スターシップ・トゥルーパーズ3」をチョイスですよ。
もう開幕から大あくび。
つまらなくはないけど、最初の30分が近年まれに見るほど長かったなあ。
ジョニー・リコ役の人はジャンクロード・ヴァン・ダムに見えるし、ヒロインはアンジェリーナ・ジョリーの量産型みたいだし。なんだかもうね、本家の脚本家がメガホンとっても予算の壁には勝てないのかと。特撮映画は金食い虫だものね。
オーラスでちょこっとだけでてくるマローダー(パワードスーツ)はカタルシス満載で、そこだけはよかったですわ。タイトルにもなってるのに顔見せだけとは。
ランボー見た後だと、バグによる人体破壊もたいしたこと無いし(実際、1作目ほどどぎついことはやっていない)、意味なくおっぱいでるとか、プロパガンダCMがおもしろかったりとか、それなりではあるけど、大スクリーンじゃなくていいよ。
でも劇中歌「今日は死に日より(A Good Day to Die)」はサイコーにクールだったけど。
ただ川崎実は大嫌いなので「ギララ」にしなくて正解だったと思う。
わりと迷ったのだけどね。

そんなわけで、明日は朝も早から車で静岡まで行ってきます。
二泊三日でうまいモノをたらふく食べてくる予定。
ポポちゃん(みみずく)見に行くぜ。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

【2008/08/01 18:03 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。