アーカム・アサイラム
10/26(火) 曇り一時雨(午後から一気に冷え込み13度)

もろもろのポイントでGETした図書カード二千円分で、ほしかった「バットマン アーカム・アサイラム」を不足分760円を足してで入手。
二十年前の作品で、アメコミ界のエポックメイキング的存在ということは耳にしていたが(同時期には同じくバットマンの「ダークナイト・リターン」がある)、実際に表紙以外は見たことがなかった。
必要以上に豪華な装丁で、これを削ればもう少し単価は抑えられるだろうにと思いつつ、絶対的に市場が狭い翻訳アメコミじゃしかたない。
帯には借りパクされて無くしてしまったもっとも好きなアメコミ「キングダム・カム」が今月末に復刊との記述が!
アメコミは出てすぐに買わないと、購入者の少なさゆえ速攻で絶版になってしまうため、見つけたら即買いが鉄則。「シンシティ」の第一巻で痛い目を見ているので、気をつけねば。

で、アーカム・アサイラムなのだが。
超絶の一言に尽きる。
コマがすでに絵画の領域のタッチ。
今でこそデジタルツールで似たタッチは容易に出せそうだが、二十年前当然のごとくアナログ手法。
ザラザラとした筆運びと、時折見せるハイコントラストで白く飛んだコマ。
内容もむろんのこと、とにかく先が見たいと興奮してページをめくったのはどれくらいぶりだろう。
アメコミはいつもそうだ。
刺激が強すぎる。
コマの外には別の絵がレリーフ的に描かれているとか、一枚書くのに一体どれだけの時間を費やしているのだろう。
見せ方もひたすら映画的で、例えばカメラが回り込んで寄るなんてのを、その絵画調で見せてくれる。
「キングダム・カム」は読み進めていくうちに、あまりに写実的な人物描写(タッチがまさしく写真のよう)に「動かないはずのコマが動いて見える」錯覚に陥ってとにかく衝撃的だったのだが、「アーカム・アサイラム」はどんなに映画的カメラワークを見せても一枚の絵に見えるから不思議だ。
もちろんそれは悪いことではなく、たとえて言うなら美術館で連作を見て、そこにドラマを感じるようなもの。
とにかく「絵」なのだ。
それも尋常じゃない迫力の。

翻訳されていなかったため、初めて知った当時は購入をためらわれたが、こんなことなら買っておけばよかったと後悔。もっと早く知っていたら、また表現世界の見識が広まっていたのに。
結局、原書で持っているのはアレックス・ロスの「キングダム・カム」と「マーブルズ」。そしてフランク・キラーの「ダークナイト・リターン」だけだし。

表現者としては「アーカム・アサイラム」は是非とも一読すべき。
【2010/10/27 00:41 】 | 本関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ジンベイザメの衝撃
10/20(水) 雨(肌寒い)

東日本では初公開となる、八景島シーパラダイスのジンベイザメ。
八月に千葉沖の定置網に引っかかり、からくも一命を取り留め、こうして水族館で第二の人生を送ることとなった、まだ体長4.5メートルの子供。大人サイズだと10メートルを優に超える、いうまでもなく最大の魚類。

最近、なにをするにもおっくうで、やる気もてんででない有様。
こんなときはアニマルセラピー。
静岡の掛川花鳥園ではさすがに遠すぎるので、ちょうど手近なところということと、生ジンベイが見たいという衝動もあって、曇天で小雨が降り始めている中、車を飛ばして行ってきた。
平日だし、神奈川に入るとにわかに雨脚も強くなっていたため、人出も少ないだろうと踏んだものの、どうやら幼稚園の遠足とバッティングしてしまった。
もっとも言うことの聞く賢い子供らなので、別になんの障害も無し。
よく飼い慣らされていると言うと語弊だらけだが、かなりの大人数での行動なのにまわりに迷惑をかけないのはいいことだ。

さてジンベイザメはショーで使うイルカのプールでゆうゆうと泳いでいて、環境になれるまではイルカショーなし。タイミングよく、ちょうどショーのバックヤードツアーがあったので、それに参加。参加料は500円。
カマイルカ、バンドウイルカをかつて経験したことがないほど間近で見ることができ、さらにジンベイザメを眼下に見る(このツアーならプールの脇で観察できるため)貴重な体験。ベルーガ(白イルカ)はひたすら愛らしく、15分はあっという間。ふれあうことはできないものの、じっくりとしかもかなりの近いところから見ることができるのに500円は激安。園内のペットボトルが若干割高の200円設定なので、余計にやすく感じる。

ちょうどやっていたシーペック(APECのパロディ)がカエルの展示なのだけど、これがちょっといただけない。
というのも、まったく導線がなく(一応、足形がその会場までついているが掲示物は無し)これでは気づかない。
しかも入り口の展示ケースにはひからびたカエルの姿が!
なんということですかっ!
係員に言うべきか迷いながらも、「このカエル、ひからびてるよ…」とやや大きめの声でアピールしたのが功を奏したのか、一回りしてもう一度見た際には、くだんのミイラはいなくなっていた。
死にたてではなく、あきらかに気づかれずに放っておかなければあの姿にはなるまい。
他の展示ケースはそれなりにいい環境だったのに、なぜか入り口の二つが、とても閑散としていて切なかった。

その後、水族館をじっくりと時間をかけて見て回る。
スーパーいわしイリュージョンというなんとも間の抜けた名称ながら、その実群れとなったイワシが水槽を縦横無尽に群雄する姿は息をのむほど美しかった。あれ、どうやって制御しているんだろう。

一番上の階にはやけに好奇心旺盛なアオウミガメが水槽越しに人影を見るなり寄ってきて、自然と顔がほころぶ。ウミガメってホント、優しい顔している美しい生き物だわ。

結構な雨脚だったようで、敷地内はかなり濡れている状態。
日も沈む頃合いで、いつの間にか幼稚園児集団もいなくなっていた。というより、ほとんど行動がバッティングすることがなかったのは幸いだった。
最後にふれあいゾーンにてベルーガを初タッチ。
まさかさわれるとは思ってなかったので、これは実に貴重な体験。
ぷにという擬音がこれほどマッチする手触りはない。
ただいままでにない触感で、表面は革製品に近く(哺乳類だから当たり前)、でも内側がとにかく弾力性に富んでいる感じ。ほかにたとえようのない感触。
人が少なくなっていたのと、ベルーガ自体の機嫌がよかったからおさわりできたということで、今日は一日とにかくタイミングよくことが進んでいた。


そうそう、水族館以外の生き物にもとても興味深い言動に遭遇したので忘れないように記しておく。
ジンベイザメをガラス越しに見ているときに耳にした会話。
男「(自信満々な口調で)ジンベイザメって実はサメじゃないだぜ」
連れ合いの女「え、そーなの?」
男「(自信たっぷりに)サメじゃなくて、クジラなんだよ
僕「…。すごい、新学説だ…。あの尾びれの上下配置で哺乳類と言い切るとは」

ベルーガにさわったときに耳にした会話。
男「すげぇ、うろことか無いんだ…
女「(リアクション無し)」
僕「うろこのある哺乳類はセンザンコウくらいだよ…。魚と間違ってないか??」

彼女の前で知ったかぶりは悲しいほどにダウトですよね。
【2010/10/20 22:05 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
十三人の刺客
10/15(金) 曇り(24度くらい?)

141分。
しかし全編にわたって、ぴりぴりとした緊張感が画面からほとばしっている。
ビデオで見た往年の時代劇を彷彿とさせる空気感。
こんな邦画、それも時代劇ものはスクリーンで見たことがなかった。
リメイクものではあるが、昨今の元作品を改悪しているとしか思えないしょっぱい画作りはなく、役者は皆きちんと侍に見える。
特に松方弘樹の貫禄。
あの太刀さばき、殺陣には抜群の安定感。
やはり若い頃に時代劇をやっている人は違う。
まさに剣豪。
芝居もノリノリな感じで、見得を切るのも堂に入っていて本当にかっこよかった。

伊原剛の剣鬼然としたたたずまいもすばらしく、それなのに武士道も減った暮れもない最期もよかった。

他の若手の侍たちもけっこういい立ち振る舞いで、そこに現代の若者の線の細さは見えなかった。
高岡蒼甫の若侍っぷりも実によかった。

そしてなにより稲垣吾郎。
暴君としての狂気を見事に演じていた。
顔だけでおろおろするどちらかというと頼りない色男のキャラ付けしかなかった稲垣を、よくぞこのキャスティングに選んだと思う。
本当はさまざまな役を演じたいのかもしれないのに、型にはまった役しかオファーがこないのではなかろうか。
いわく「稲垣吾郎を演じている」感じ。
しかし、今回の殿様はその稲垣某にあらず。
涼しい顔をして常軌を逸した振る舞いの数々。
徳川の血筋で、どこかゆがんでしまった主君。それでいて妙に説得力のある物言い。
実にすばらしかった。

ラスト50分にわたる死闘は疲労の色がスクリーンを通じてこちらに伝わってきて、それでも最期まで剣を振るう侍の姿に力みっぱなし。まったくもって肩のこる映画だ。

いやぁ、オリジナル作品も名作として誉れ高いそうなので、今度DVDで見てみようと思う。

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

【2010/10/16 00:11 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドット絵勉強会
10/10(日) 雨のち曇り(25度近くで蒸し暑い)

先日、元教え子さんから「今度、ドット絵勉強会があるのでどうですか?」とのお誘いあり。
ようは「ドット絵」のオフ会といった感じか。
ただ、ノートPC持参で線画からの塗り絵とテーマのみ決まったフリードットの二段構え。
できあがったものは発表会形式でお披露目。時間も14時から19時と、けっこうな長丁場。
わりと本格的な集まりな気がする。

人数は最終的に二十名超え。
うちの私塾の体験講座にもそれくらい来てくれたら…とか思いつつ、キャパの問題もあるしと取らぬ狸の皮算用。
オフ会ゆえなのか。いや、会費はしっかり取られるし、それなりの心構えがないと、おいそれと参加はできまい。

興味本位プラス私塾の紹介もかねて参加することに。

そもそもオフ会自体、僕自身まったく参加経験がない。
せいぜいカビゴンのサイトで知り合った方とお茶してゲームするくらい。それも10年近く前の話。
歳も歳だしというのもあるけど、基本シャイガイなので積極的に集まりに参加することなく、時間だけが過ぎていったって感じか。
そのくせ、まったくの見ず知らずを相手にする業務をしているのだけど。
もっとも飛び込み営業とかムリです。

今回、自分以外、元塾生の独りをのぞいて、すべてが初めて見る顔。すなわち完全なアウェイ。
それなのに自己紹介なしで作業に入りそうだったので、とりあえず手を挙げてそれをしてほしい旨伝える。
ただ皆ハンドルネームで、あとは好きなドット絵というキーワードしか個人情報が明らかにならないので、さっぱり人相と名前がマッチしない。もっともこれは本名で名乗ってもおそらく変わらず、情報が少なすぎるからだろう。ただそこまでの情報を皆が求めているのか?というと、どうなのだろうか? オフ会の流れというのが、そもそもそのスタンスで形成されているのかもしれない。
私塾の紹介もかねて自己紹介させていただいたけど、僕がもし第三者なら右から左へとあの覚えづらい名称はながれるに違いない…。
ただ終わった後、ロビーで主催者待ちの時間で、たまたまもう一度紹介のチャンスがあったのはラッキーだった。

会自体の収穫と言えば、ドット絵に対する認識の違い。
僕の場合、ドット絵はあくまで「ゲームの素材の一部」であり、ゲームで使うからには「動かないとね」という考え。もっともRPGやSLG、ADVのような静止画を使うゲームもあるけど、黎明期よりゲームにふれて来た身としては「ゲームの表示物は動くもの」とすり込まれているわけで。
なので、動くことを前提としたパレット制御(色の並べ方や色数)やサイズで考えてしまうため、大きなサイズはほとんど描かない。
しかし今回の塗り絵に関しては、背景をセットにした「絵」としての着地地点で攻めているタイプがほとんどだった。
お一人、その筋では有名な方は「いかにも動き出しそう」なアプローチのドットの置き方でため息が出るほど美しく、あとは僕と組んだ方がたまたま小さなサイズで慣れている人で、ポケモンのゲーム中に出てくるトレーナー的アプローチで描いていて、妙に印象に残った。

もちろん、けして絵としての着地地点がよくないというわけではなく、根本的な「ドット絵」というもののとらえ方の違いを痛感し、ある意味カルチャーショックを受けた感じ。
あとはほぼ全員がEdge使いだった…。ゲイル使いは肩身が狭いのう。

おもしろいのはテーマに即したフリードットでは、完全ゲームイメージの作品アリ、イラスト風アリ、アイコン的なアプローチアリと多岐にわたっていた点。
ただ予想通りテーマの擬人化が多く、且つクオリティが高いので、このジャンルで僕が活路を見いだすにはもはやないな…と。

勉強会のあとの親睦会に出席できれば、もっといろいろな話もできたし聞けたと思うと、それに所用で参加できなかったことが悔やまれる。

それにしても帰りの電車がそろってエアコンが効いていなくて蒸し暑く、終わり悪けりゃすべてダメな気分に…。電車耐性がほんとに無くなっていて、どーしょもないわ。
【2010/10/11 00:54 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
土浦花火大会
毎年の恒例、土浦花火大会に行ってきました。
今年は70周年記念ということで、三カ所同時打ち上げがいつになくゴージャス。
携帯でムービーを撮って記録に残すか、存分にリアルで味わって記憶に残すか、まよいつつもやっぱり撮影。
フレームに全く収まらないほどのスケール感と、まわりの歓声。
僕も歓喜の声を上げたかった…と、終了後軽く、いやだいぶへこむ。
でもおかげでいい感じに撮れたけど。
【2010/10/03 22:16 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |