スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
エクスペンダブルズ
11/25(木) 晴れのち曇りそして雨(寒くはない)

エクスペンダブルズとは消耗品の意らしい。
しかしながら、どう見てもメンツは「消耗品」というより「特注品」。
男汁満載、むせかえるような肉体派の面々が顔をそろえる夢の競演。
なにしろスクリーンでスタローンとシュワルツェネッガーが一緒に映るなんて、ゲームの世界のパチモンキャラ以外で可能になるとは誰も思わなかったでしょ。
しかもその間を取り持つのがブルース・ウィリスときたもんだ。
このシーンだけで入場料の元は取れる。
あとはひたすらワンマンアーミーたちの大殺戮ショー。
ある意味、スーパープレイヤーのSTGを見ているよう。
リアリティとか細かいことはどうでもいいのだ。

今回、けっこういい味を出していたのがドルフ・ラングレン。
ヤク中でうらぶれた感じが、年相応で実にマッチしていた。
スタローンに「やつはもうダメだ」とか、セリフ上でけっこう自虐ネタが多いのもこの映画のもうひとつの見所かも。
あとはジェット・リー。
たしかに規格外のマッチョに混じっているので、一回り以上小さい。
しかも東洋人で年齢不詳感漂ってるし。
ハリウッドでのジェット・リーの置かれた立場を揶揄しているようなセリフがあって、興味深いところ。
でもまったく遜色なく、むしろ小回りのきくスピード重視キャラのような立ち位置で、これもよかった。

以下、ネタバレ。
ただわかったところで鑑賞にはあまり支障がないと思われ。
「消耗品」と言いながらも、あれだけ弾が飛び交っているのに一発も当たらないとは(肉弾戦で拳はガンガン当たる)。
普通に考えれば次々に仲間が倒れて8死ぬ間際にそれなりの見せ場アリ)、最後スタローンの怒りの鉄拳がっ!な感じになるのだろうに、そうしなかったのはある意味予想外でうれしい。
もしそうなっていたらランボーでもいいわけだし。

正直、もっとオールスター肉体バカ映画かと思っていたので、意外なほど王道アクションだった。
そういった意味では期待が大きすぎたのだけど、スタローンとシュワルツェネッガーの競演が見られただけで充分だったり。
やっぱり州知事、劇中ではしっかり役者なのがうれしかった。
歴戦の勇士に見えるのがすごい。
役者オーラだわ。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/11/25 22:54 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
自分語り
11/13(土) 晴れ(上着はあってもなくても)

なんといってもやる気が起こらずモヤモヤした感じ。
こんな時は早めに事務所に行って、攻撃モーションでも作るが吉。
教材用のバリエーションとしてキックを作っているのだけど、せっかくだからいろいろ変化つけてコンボでつなぐように。
案の定、気が紛れた。

業務もここ数回お休みが続いていたけど、今回は大丈夫。
そういや先週はデザフェス都合でお休みだったし。

夜はドラマ「ストロベリーナイト」を見る。
見ている最中はけっこうおもしろかったけど、ミステリーとして見直すと「うーん」な感想。
2ちゃんのレスで、この原作者第二の東野圭吾というより福井敏晴だと書いてあったが、まさにその通り。
犯人というか黒幕というか、ようは悪いやつに自分語りをさせて終わらせるタイプ。
はい、僕はこの手は苦手です。
福井はガンダム大好きだから、ギレン総帥の演説を毎回作劇に取り入れるのだろう。
たしかにあの当時、演説という描写が目新しく且つ銀河万丈の声と相まって説得力があったけど。
少数を前に「わたしはっ!」と語りはじめても興ざめするだけ。
なんだかそのキャラがしゃべっているんじゃなく、福井が自身の考えをしゃべらせているように感じるので、よけいに嫌い。
とはいえ、もうとんと新作は読んでないけど。
そういわれてみれば、犯人が自分語りするあたりは似ているわ。
「たいした動機のない気持ち悪さ」でもよかったんじゃないかなと思ったり。
そうすると「今時のネットをやっている若者は総じて何考えているかわからなくて不気味」な描写大好きの踊る大捜査線の脚本家のようになってしまうのだろうけど。
【2010/11/13 23:41 】 | ドラマとかテレビとか | コメント(0) | トラックバック(0) |
デザフェス二日目
11/7(日) 晴れ(会場内は半袖でもいいくらい)

終わってみれば、実に得るものの多い今回のデザフェス。

じっくりと見て回る余裕はやはりなかったけど、さまざまなキャラクターの創造性が流し見でも目に飛び込んできて充分刺激的。結局のところ、動物とくにカエル系で足を止めてしまうのはもはや仕様か。

開場前に近場で見つけたのが、細い角材(割り箸みたいと言えばわかりやすい)と和紙を使ったエビモチーフの戦国仮装メカ群。木材の温かみと独特の機械の形状にしびれた。
やっぱり日本人たるもの「和」ですよ!

もうひとつ。終了間近で散策していて見つけた、同じく和のテイストのイラスト。
カエルの侍が偶然目に止まり、ポストカード二枚にステッカーを購入。
アメリカングラフィティとの融合が実にクール。

すごく気に入ったものの、ブース名とかぜんぜん覚えて無くて、いただいた名刺のURLでようやくすべて確認。
次回以降、そのあたりをうまくチェックしてまわらないといけませんわ。
なにげに毎回お会いしてお話までさせていただいているのに実は名前を覚えていないとか、失礼にもほどがあるなあ、自分…。顔と出展物はしっかりと覚えているんだけど。

造形ものでは、以前もお持ち帰りした魚系のデフォルメ人形を作っている方の新作「ガーパイク」を速攻GET。この方の塗装、めっちゃキレイで選ぶのにちょっと困ってしまう。僕が選んだのはアルピノヘビのようなクリーム色ベースのタイプ。ガーの目つきの悪さがお気に入り。
もう一点はといめんの方。クリアレジンのカエルっぽいキャラを悩んだ末にチョイス。
笑ったライオンのようなキャラは一目惚れしたもののこっちは塗装されていたので、今回はカラーレジン版の方にした。キャンディみたいなミントグリーンがキャラクター性と相まって、実にキュート。
ついでに(というかこっちも実はすごく聞きたかった部分)カラーレジンのキレイな染め方とか、クリアレジンの注型の仕方とかを教えていただく。
他のキャラも魅力的だったので、地道に集めていきたいと思う。
ツノの造形が美しすぎる!

お隣の網かけのイラストポストカードも、もちろん複数買い。
サイトも拝見したけど、やはりデジタルな画面で見るより、手にとって見る方がインパクトが違いすぎる!
デジタル的なものが席巻しているなか、まだまだ造形やアナログ手法のものの迫力にはかなわないと実感。
たしかにデジタルも所詮ツールの一つでしかないので、やり直しがきく(undoの存在)部分のみピックアップして揶揄するつもりもないけど、それでも肉筆の勢いや迫力がやはり僕は好きみたい。

造形物をポストカードにしたものを、珍しく上の階に行った際に見つけ、これも購入。
樹脂粘土で一見、ランダムな石ころのような形にカエルが描かれているのだけど、これがまぁかわいらしい。
目はぬいぐるみの目(黒目のみのタイプ)を使っているそうで。BB弾を普段使っているので、これはありがたい情報。

そのほか、はじめて見かけた作家さんと造形や色塗りについておしゃべりをしたり、いつもお会いしている方からは缶バッジを買って、さっそく鞄につけたり。カエルの模様にハートを入れ込んでいたりと、なかなかにおしゃれ。

自分のブースでは、今日は努めて明るく接客応対。
じっくり眺めてくださる方には、とにかくこちらから声をかけるように。
険しい表情で見ていても「カエル、お好きなんですか?」と一声かけると、パッと顔がほころぶ。
その瞬間がすごくうれしい。
もちろんお持ち帰りいただければうれしいけど、眺めてちょっとした会話ができるだけでも充分ありがたい。

一回りして戻ってきて「やっぱり、ここのカエルが一番かわいいので」とベルツノくんを連れて行ってくれた方、あなたの一言は作り手にとって最高のプレゼントです!
またアマガエル番頭を買った後、再び戻ってきてベルツノも買ってくれるとか、制作者冥利に尽きます。
うちに帰ったら玄関に並べますとか、いつも連れて行っていただけて、本当にうれしい。
会場内が少々暑かったことと、寝不足がたたって鎮痛剤を飲んでも頭が重かったので、二日目はジャバ無し。
でも、それが結果的に見てくださる方々とお話しできたわけで。
仮装が目的じゃないし。

お隣やといめんの方々もとても気さくで、挨拶に始まり挨拶で終えることのできたのは、実は今回が初めてかも。だからこそ気持ちよく二日間を送ることができたとも言える。
ご近所さんに感謝!

本当に今回は楽しかった!
【2010/11/08 15:38 】 | デザフェス用 | コメント(0) | トラックバック(0) |
デザフェス一日目
11/6(土) 晴れ(寒くはない)

今回は立体造形物のエリアに配置された模様。
なんといいますか、すぐ後ろのシマに超絶技巧のカエルを作る方が…。
その方の作品はうちにもたくさんあり、はなから勝負になるとは思ってないけど、それでもすぐ近くにあると当然のごとく見劣りしてしまうのは必定。
さい先が悪いと地図を見て思い、いざ設営を開始するとといめんがカラーレジンがかなり美しい出品者さま。
横はこれまた超絶ボールペン画の方。遠目で見るとたいしたことないけど、近くば寄って目にも見よ。
規制のボールペンを網かけして色を作り出し、それで夕焼けなどのグラデーションを再現している。
まさに美しいの一言。
とても感じの良い方で、帰りがけにお話しし、明日はしっかり作品を購入予定。
そんなわけで、一帯のレベルが異様に高い。

そんな空気感に気圧されたのか、麦球を仕込んでキレイに発光していた中空成形の廃材利用作品が、会場前になぜかつかなくなるというアクシデント。
電池が減るにしても一時間も経っていないが、念のため電池交換。
それでもつかない。
ということはフィラメントが切れたか。
さい先、悪すぎる…。

なんというか、眠気も手伝って昼食を撮った13時過ぎまでは、恐るべきローテンション。
もともとニコニコできないタチなのに、伏し目がちでしかも眠そうではどうにもならん。

とりあえず立席することにした。
そうすれば少なくとも眠気は和らぐし、緊張感も生まれる。
でかいので見下ろすことにはなるが、なまじ作品をしゃがんでわざわざ眺めてくれている目線を感じる心配も無し。
はなからこのフォーメーションにすれば良かった。

16時。客寄せパンダもかねてジャバになる。
土曜は夕方の方が人出が多いのだ。
するとまぁ、あちらこちらから写メ。
写真いいですか?と声をかけられたのは、全体の二割程度か。
iphoneはシャッター音もないので、黙々とジャバを撮る始末。
たしかにへんちくりんな扮装ではあるが、どうなんでしょう実際。
ハロウィンパーティーではほとんどがツーショットだったのに、今回は目と着けておいたゆるキャラと自ら望んで撮ってもらった以外はなし。つーかゆるキャラと並んだ瞬間、取り囲まれたんですが…。

ただ会場内の暑さと、頭にタオルを巻いていなかった(持参し忘れた)ため、一時間と少しで頭がガンガン痛くなり、ジャバ終了。脱水かもしれん。

もっともジャバばかりが注目されて、肝心のカエル人形たちが見過ごされてしまうのはいかんともしがたい。
次回はスーツ自作か?

レベルの高いエリアにあって、前回に比べて渋い状態ではあるものの、それでもアマガエル番頭は人気。
逆にベルツノはリベンジだったのだけど、今回も厳しい。
自分でも愛嬌があってかわいいと思うのだけど、世間とのズレが大きいようで。

明日は会場をもう少し見回ろうと思う。
出展もよいけど、やはりいろいろ見て刺激をもらわないとね。
【2010/11/06 23:39 】 | デザフェス用 | コメント(0) | トラックバック(0) |
もういくつ寝るとデザフェス
11/4(木) 曇りのち晴れ(けっこう肌寒い)

2010年11月6日(土)7日(日)11:00-19:00
東京ビッグサイト
ブース名 フリカエル人生
ブース番号 F066


画竜点睛するわけではないが、ようやく瞳を描き入れて、あとは背中に転写シールを貼るのみ。
よく頑張った。
正面から見れば完成品なわけで、それがずらりと並ぶと壮観。
もうひとがんばりだ。
【2010/11/04 23:16 】 | デザフェス用 | コメント(0) | トラックバック(0) |
町の模型屋さん、無常
11/2(火) 晴れ(寒くない秋の晴れ間)

何本もあるから充分足りていると思ったら、ほとんどが調合済みで純色のフラットホワイトがないことに気づいたのが昨日。先週の金曜に気づけよと自身を呪いつつ、新宿のヨドバシまで。
というのも、地元の模型屋さんは10年以上前に閉店(外からそのまま時が止まった店内が見える)。
高円寺のトイメートも何年か前に店じまいし、駅前のおもちゃ屋も今は中華料理屋になっている。
唯一といっていい中野のおもちゃ屋ポニーには、塗料を置いていたか微妙。
とにかく町の模型屋は根こそぎと言っていいくらい無くなっている現状。

たしかにプラモデルはかさばるし、それなりの店舗じゃないと運営は難しい。
しかも塗料や各種工具、消耗品(紙ヤスリやマスキングテープ)も常駐させておかなければならないし。
さりとて一個あたりの単価はせいぜい100円で、二十年経った今でもほとんど変わっていない。
もはや酔狂でしか模型店は営めないように思える。

で、ヨドバシについてさっさと買い物を済ませてと思ったら、タミヤアクリルカラーのフラットブラックと同ホワイトがそれぞれ二列ずつすっかり無い。
店員に聞いたところでどこからか出てくるわけもなく、しかも入荷はわからないとつれない返事。

しかたなく西口のヨドバシから、新宿駅を挟んで新宿三丁目のボークスへ。
ところが別の店舗になってる。
イエローサブマリンもとうの昔になく、サクラヤホビー館は廃ビルのままだ。
世界堂は画材店で塗料はあれどプラモ用は扱ってないし。

なんですか、新宿ではプラモ用塗料がヨドバシで売り切れだとお手上げなんですか!

全身からふてくされオーラをほとばしらせながら、西武新宿までいったい何人とぶつかったことか。
我ながら無軌道な中年である。

たしかにハンズならあったかもしれないが、気づいたときには西武線の車内。
とほほ。
デザフェスは週末なんよっ!
【2010/11/02 23:56 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Trick or Treatプレゼンツハロウィンパーティー2010
10/31(日) 曇りのち雨(微妙に気温が高め)

台風が早めに抜けてくれたおかげで、台風一過の晴天…とはいかないものの、微妙に基本の高めな曇天に。
本日はディファ有明にてハロウィンパーティーなるライブ。
お目当ては当然のごとくオーラルヴァンパイア。
しかも奇妙な偶然とでもいうべきか二十代の頃、武道館ライブを見に行った筋肉少女帯のオーケンも「ヌイグルマー」という即席バンドで出るとのこと。懐かしいなあ。最近じゃ、まったく聞いてないけど。
で、ハロウィンということで観客も仮装Okay。
むしろ仮装してこい状態。
僕も昨年e-Bayで手に入れたジャバ・ザ・ハットのハロウィン用コスチュームに、ついに袖を通すべく持参。
デザフェスで二回ほど頭だけかぶったのだけど、フェルト地で鼻と口にメッシュがあって通気できるものの、とにかくフルフェイスなので暑い。そして衣装はポリエステルで通気口全くなし。事前に自宅で着てみたが、もろにサウナスーツだ。しかももともとジャバには足がないため、くるぶしまで覆われる上「気をつけ状態」でほとんど可動範囲がなく、簡単な段差もぎりぎりな有様。さらにわりとしっぽが長い。
「どうしよう…」
正直、今まで通り頭だけにするか。

しかし会場に着くなり、その弱腰は一気に吹き飛んだ。
まぁ見事に着飾った乙女たち。
コスプレと異なり、安っぽさはみじんもなく実に美しい。
気合い入りまくりだ。

ここは僕もやらねばなるまい。妙に感化されて、トップバッターのオーラルヴァンパイアの出番まで時間もなかったので、急ぎトイレの個室で着替え。
Tシャツにパンツ一丁で、あたまにはタオルを巻く。
ようは着ぐるみ、スーツアクターの装備をまねしてみたというわけ。
実際、本当に暑くて頭にタオルは巻いて大正解だった。
そしてトイレから出るのも一苦労。
なにしろ足がほぼ拘束されているため、普段の三分の一くらいの歩幅にしかならない。
足早にホール内に消えようと思いつつも、移動スピードがまるで出ないため、すでにさらし者。
「つちのこだ」とさっそく声をかけられ、「いや、ジャバ・ザ・ハットです。スターウォーズの」と答える。
美しき乙女の花園に、なんだこの異形の輩は?という好奇な視線が痛い。

それでもステージ右手のかなり前の方に陣取ることができ、ライブはしっかり堪能。
ゲシュタポスタイルのエキゾチカ様が、もうかっこいいことかっこいいこと!
一方でレイブマンは大田区の区役所職員をイメージとか。
なんでも「公務員しばり」の仮装をしたそうで、パーカッションの名前を失念してしまった彼(アルバムでナレーションをやっている人)はアメリカンポリスで、エキゾチカ様と同じく警官つながり。
フレアスタックから始まり、69 Balloons、湘南族と流れていく。
今回こそセットリストを覚えようと思っていたのに、やっぱり吹っ飛んでしまった。
最後はムリアリズムで、それ以外はゾルタンクからの楽曲。
それにしてもエキゾチカ様のMCは、今回もあんまり無かった…。
でも、レイブマンへのダメだしはあいかわらずいい。ドSな感じがしてたまりません!
ただ曲がシームレスでつながっていくため、拍手のタイミングが難しいのがもったいない。
僕はと言えば、ジャバの鼻の穴のメッシュ越しに見ていて、しかもリズムに乗って身体を動かすと頭がずれて見えなくなる、あわてて元に戻すを繰り返す始末。暑いわ、見えなくなるわで「なんで、普通に聞き終わってから着なかったのだろう」とすでに独り反省会。

だいたい30分くらいでオーラルヴァンパイアがひけて、ホールからみなロビーで出て行く。
僕は今回のもう一つの目的、自作のエキゾチカ人形を渡すため、物販コーナーへ。
もっとも今ステージが終わったばかりなので、すぐには出てこないだろうと思い、そばでたたずむことに。
そしたらいろいろと声をかけられまして、何度か写真を撮られました。
やばい、ジャバはモテ期であるっ(勘違い)。というより、ますます脱げなくなってしまった。
おなじようなフルフェイスの狼男(しかも毛皮の衣装。見るからに暑そう)に「暑いですよね」と意気投合したりと、なんだかすごく新鮮。

しばらくぼんやりと待っていたら、にわかにロビー内が騒がしくなり、ホールにみな消えていく。
僕も後を追うと、中では男性ボーカルが「ハッピー、ハロウィーン」とがなっている。
よくみるとオーケンではないか!
しかも一曲目は懐かしの「踊るダメ人間」。やばい、×で飛び上がりたいっ! でもこの足回りではムリだ。
でも二曲目「日本インド化計画」では絶叫。
完全に筋少です、これは。ギター横関さんだし。
やっぱりオーケン、年季が入っている分、客いじりがうまい。
オーケン目当てじゃない人も多いのに、うまく煽ってコール&レスポンスが機能しているからすごい。
最近、ライブに行ってもほとんど声を上げることがなかったので、これは新鮮。
ボーカルの名前コールよりも、歌詞コールだとすんなり叫べるから不思議。恥ずかしくないし、一体感あるし。

オーラルヴァンパイアにオーケンで、充分入場料5kの元は取ったし、あとはプレゼントを渡すだけ。
ただなかなか物販コーナーに現れない。
ブロクに会場内をうろついているからと書いてあったからなあ。
物販そばでたたずむジャバ。その間にも何組かに声をかけられ、写真を一緒に撮られたり。
それにしても本当にレベルが高い。安っぽい扮装がいない。
僕のような既存のキャラも何人かいたけど、コスプレにありがちなテッカテカの原色生地じゃないからしっくり来る。鬼太郎と砂かけ婆(どう見ても雪女でしたが)やローゼンのキャラの方々とちょっとお話できたけど、みなしっかりとした作りでとてもすてき。むしろアメリカ製で珍しいとはいえ既製品のジャバはいささか肩身が狭い…。

実はエキゾチカ様は物販コーナーそばにいたのだけど、仮装していたので気づかなかったと言うオチ。バットガールというゲームのキャラだそう。
血染めのバットを持っている人がいるなあ、ウェイトレスさんかな?なかなかクールなシチュエーションだなあ。アメリカのキャラかな?と印象には残ってたのだけど、ゲシュタポルックで来るものと思っていたため、まったくわからなかった…。
結局、物販の女性にゾルチョックでは買わなかったタオルを買いつつ、プレゼントを渡したい旨伝えると「それなら直接渡した方が喜ばれますよ」と言われ、そのバットガールを指さされたという。

あいかわらずてんぱってしまい、気の利いたことがぜんぜんしゃべれず…。
本当は人形をのツーショットを思い描いていたのに、舞い上がってすっかり忘れてた。
ただジャバとは撮ってもらえたので大満足。
10_10_31_2.jpg


着替えてからさあ帰ろうと思って物販コーナーを見ると、先ほどホールに消えたエキゾチカ様がいるではないか。これはジャバの中の人でも撮ってもらわないと並んでいると、黒塗りの女性に「ひょっとして以前原宿で声かけてくれた方ですよね」と、今度は逆に声をかけられる。たしかに原宿でエキゾチカさんを見かけた際、両サイドに女性がいたのを覚えていたが、その人ですか!みたいな。
とても気さくな方で、すっかり話が弾んでしまった。
エキゾチカさんのお友達なのかな? 
すてきな方でした。

ジャバの衣装は暑くて、しかも背中チャックゆえトイレにもいけない状態ながら、気づけば三時間以上着ていたわけで。
そしてライブも大満足。
プレゼントも渡すこともできたし、オールクリア。
いやあ、楽しかった。

10_10_31_0.jpg 10_10_31_1.jpg
自作のエキゾチカ様人形。ちゃっかり自分用(型抜きに失敗してそばかすみたいになってしまった)にサインをいただく! もはや家宝。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2010/11/01 02:10 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。