恩師のこと
5/29(火) 晴れのち雨(26度)

facebookの知人の知人の記述にこんなことが書いてあった。
オカルトな体験談だと友達の知り合いも十把一絡げで「トモダチ(もしくは知人)」なのだろうが、いうまでもなく引用もとの御仁は微塵も知らない。

「だいぶショックなお話。。。
大学の時の恩師(ゼミの先生)が先日亡くなられたとの事。
相当お世話にもなったし、心配もかけた方だったので、
そのうち立派になったら報告に行こうと思ってたんだが、、、

... 生と死について考える機会がこの数年たくさんある。
どれだけの生をいきてどんな様で死ぬか。
どんなに無様でもとにかく今精一杯生き抜いていこうと改めて思った。

(その先生のお名前)先生、心よりご冥福をお祈りします。
本当にありがとうございました。」

まるで知らない方だが、恩師の死にとてもショックを受けているのが伝わってくる。
そのショックの原因は「世話になったお礼を言う機会が永遠に失われてしまった」ことも多分に含まれているであろう。
いや、これはあくまでも恩師を失った僕の気持ちからの推測、いや邪推かもしれない。

年賀状のやりとりは毎年している。
ようはたった一枚ではあるがつながっている確かな証し。
しかしある年、それが待てど暮らせど来なかった。
「具合でも悪くして入院されているのだろうか?」と、お見舞いをしたためて再度送ると、奥様から先生は昨年の夏に鬼籍に入られたと返事があった。
僕はよほどのことがない限り、毎日日記をつけている。
先生が彼岸を渡ったその日、僕の日記にはなんの虫の知らせも書かれていなかった。
慕っていたというより、尊敬していた。
でももう何年も会っていなかった。連絡も年賀状だけだった。
最後の年賀状には「今年はみんなで会いたいね」と書かれていた。
死期がわかっていたからではない。何の気なしに書いた一文だ。というのも、奥様の話では入院後、教え子には誰も会わなかったという。弱った自分を見せたくなかったのか、それとも困惑されたくなかったのか。

あれから年賀状はもう来ない。
頼ることもできない。
先生は61才で亡くなった。若いよ。じじいになってほしかった。

そんな思いを、見ず知らずのfacebookの記述をシェアし、コメントを残した。
それがこれ。
「恩師というのは気付いたら遠くに行ってしまっている。
いつでもすぐに会えるからと思っていたのに、僕の唯一の先生も彼岸を渡って久しい。
最後の年賀状を読み返すと「なぜあのとき行動しなかったのか」と悔やんでならない。
だから恩師と慕う人がいる人は、会えるうちに行動した方がいい。
だってたいがいは年の離れた人生の先輩だもの。
先ゆく人だから。
墓前で一方通行の報告より、相互近況報告ですよ」

昨年、ずっと世話になっていた町医者がやはり鬼籍に入ったと知った。
病院を数年前に閉めたので、悠々自適の隠居生活を送っていると思ったのに。
道ですれ違うと「オー、野方のやくざ」と気さくに声をかけてくれた。
もちろん僕はいつも破顔し、挨拶を交わしていた。

もう僕が会いたいと思う恩師は誰もいない。
小学校や中学校、高校の担任の多くは存命だと思うが、まるで興味がない。
元々少なかったのに、どいつもこいつも僕をさっさと置いて行きやがった。
【2012/05/30 00:02 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
藤岡麻美ラボ『Birthday Lunch Party☆』
5/27(日) 晴れ(27度)

ライブというよりも、ディナーショーのランチ版かな?ということで、ハコもおしゃれだし、久しぶりにお気に入りの一張羅の紫色のスーツを引っ張り出した。
しかし本日の予想最高気温はもれなく夏日。場所は渋谷。移動には電車。
冠婚葬祭以外、まったくと言っていいほどスーツに袖を通さなくなった主にTシャツなカジュアルおやじには、ただでさえ暑がりゆえどうしようかと迷うのは必定。
そのせいで予定していた時刻の電車に乗りそびれ、現場到着は開場の15分後。
結局、上着を着ないと様にならないのでスーツ着用で出かけたのだけど、蒸し暑い梅雨時や灼熱の真夏ではまだないため、ほとんど苦にならなかった。
それより六本木通りの坂を登っていく途中の金王坂に横断歩道が無く、ループした歩道橋を登らなければいけないのが苦だった。それは上り下りがツライのではなく、時間的余裕がないのに直線移動できないため。

もっとも会場に着いたら、見覚えのある帽子をかぶったショートボブの女性がスマホをいじっている後ろ姿発見。
アニモさんではありませんか!
今回MCなのに、なぜここに?
どうやら会場への案内を務めていたらしい。
実は誕生日の藤岡麻美さんとドット画が好きなアニモさんに、先だってのゲームに使ったドット画を伊藤若冲のモザイク画のようにちょっと手を加えたものを持ってきていたので、ここで渡すべきか?と一瞬思うも、これは会場のスタッフさんに渡せばいいやと思いとどまる。
しかしチケットの順番待ちをしていると、アニモさんすぐに降りてきたので、このタイミングしかない!ということで手渡し。
さい先のいい滑り出し。
しかも先日デザフェスでお会いしたはるさめさんも列で偶然会えるし、今日は引きがいい!

ランチ込みながらドリンクは別というライブハウス形式のため、普段よりはちょっとお高い5kを払って、前方の席へ。
食事ありゆえテーブルがしつらえてあり、定員は30人くらい?
AKBカフェを思い出してしまった(あのときは歌なしのトークのみだったけど)。
アラサーバースデイイベントだけど、そのAKBカフェとあまり年齢層変わってない気が…。

とりあえず時間まではるさめさんと話していると、同じくツイッターで時々話をしているエリダさん(勝手に命名)が声をかけてくれる。長いハンドルゆえ、本人も名乗るときに困っているそうで。でも、会うなり速攻略称で答える自分はどうだったのだろう…。

そうこうしているうちにアニモさんが各テーブルに声かけ。
どんだけ気が回る人なのだろう。頭が下がる。

少し遅れて開演。
普段はストレートロングの髪型を巻巻に盛っての本日主賓麻美さん登場。
肩出しドレスということもあり、とにかく細い!
ツイートでラーメンばかり食べている人には絶対見えない!
MCのアニモさんとの息もピッタリで順調な滑り出し。
まずは寄せられた祝辞の紹介。
今回アナウンスされていなかったジェシさんとキャミさんのコメントは最後に紹介される。
キャミさんのコメントがむやみに長くて、それを感情込めて読むアニモさんが素敵すぎ。

一番手のゲストは石渡美香さん。画家という紹介なのに、アメイジンググレイスを歌唱。しかもアカペラ!
最後は即興でハッピーバースディのおまけつき。
なんだかサプライズが多そうな今回のイベント。

二番手はフジカワアタリというユニットで麻美さんと活動されているNONCHIさん。
昨年末のクリスマスイベントで初めて歌を聴いたのだけど、ぶるちのジェシさんやアニモさんとも違うややアルトのボーカルがとても伸びやかでかっこいい。
そして出で立ちはドレス。着慣れているのかとても様になっている。
一曲は麻美さんのカバー(終演後の物販で買った以前のCDに収録されていた)で、もう一曲は麻美さんとのデュオ。
麻美さんはソロでも歌うのに、誰かと歌うときはコーラスパートにまわるのね。
ぶるちでの楽器もドラムだし、自分とは違う声質のボーカルを引き立てるのがうまい。
ピアノ部分で麻美さんの指が動いていたのが印象的で、歌い終わった後二人で破顔するのも、またよい!

三番手はサンキュータツオ(米粒写経)という芸人さんで、彼のみステージに上がらず観客席での仕切り。
そう言えばステージ上は男子禁制だった。
ときメモの藤岡麻美さん版ということで「ふじおかメモリアル」という四択クイズ問題。
これが猛烈に難しい。
タツオさんもMCで話していたが、配球が困難を極める。ストレートなのか変化球なのか、まるで読めない。
僕は最初の一問だけしか正解できず。
なにげに答えがプロジェクターに映し出される瞬間の緊張感たるや。
でも答えを聞くと「なるほど、一貫性はあるんだ」と納得できる。
それにしても芸人さんの手腕を遺憾なく発揮しいちいちおもしろく、歌もの二つ続いてからのこのインタバルの構成の巧みさ。
ちなみにこの時間を使って、メインMCのアニモさんはNONCHIさんの手による変身タイム。

クイズが終わってから麻美さんの「Aromami Days」プロモムービーの紹介。
chee's時代の一曲目、二曲目のPVを撮られた監督さんによるものらしい。
素人の僕が言うのもおこがましいが、素材を活かしたうまいPVだと思った。安っぽさが微塵もないのもすばらしい。
映画好きなので画のおさめ方とか気にしてしまうのだけど、実にキレイで曲の雰囲気にピッタリ。

四番手はいよいよ待ちに待ったAnemone(ローマ字表記)さんの登場。
先刻のショートボブが、微妙にふんわりしていて、なにより肩出しに胸元開いたドレス姿!
メガネ無いだけで印象がガラリと変わるものだけど、アニモ推しを自称していてもこれは瞬間的にわからない。
麻美さんの紹介の返事も微妙にキャラ変えている徹底ッぷり。
歌うは「星の在り処・ボサノヴァヴァージョン」。言うまでもなく、全編英語の歌詞。
アダルティな雰囲気にピッタリ。実はこれを見に来たといっても過言ではない、僕にとってはメインイベント。しかも歌唱中にショールが落ちてきて、肩出しのおまけ付き!
ただ途中で流れるコーラスと歌詞が噛み合って無くて、ひょっとして間違えた?(耳がいいのですぐに気付いてしまう…)
そしたら歌い終わった後、途中で歌詞が飛んで即興で歌詞をつけたとのこと。
英語の歌詞をその場で作ってしまうとは!しかしなんと歌っていたのだろう。

アニモさんの歌が終わってから、舞台袖から先刻のお二人が登場し、NONCHIさんがこれもまた即興で作ったという(たぶん二日三日前にできたと推察)バースデイソングを三人で歌うというサプライズ。さらにはケーキ登場。
それにしてもこの歌、すごく素敵な歌詞とメロディ。

最後に麻美さん自ら心守歌の中から「Misty」を熱唱しておしまい。

今までのソロイベントやライブだと平均して二時間半くらいなのに、今回は二時間足らず。
ただ満足度は変わらず。
まったりと癒されつつ、途中で笑いに包まれたりと、やっぱりぶるち関係のイベントは構成がうますぎる。

最後に物販で、さんざん希望していた既発の麻美さんのアルバムと生写真を購入して帰還。
また握手してもらうの忘れてしもたよ…。

そして会場で食べたヘルシーな豆ベースのハンバーガーが、MCの間隙をついてかっ込むのでほとんど味を覚えてないという…。

最近、恥ずかしい話財政がひっ迫しているのに物販でさらに3k払ってしまい財布が思いっきり軽くなってしまったが、CD聴くだけじゃ味わえない多幸感を味わえたから無理して良かった。


でも明日、採血で医療費また飛ぶことを思い出してしょんぼり…

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2012/05/27 22:45 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
素敵な金縛りと
5/16(水) 晴れ(27度)

ケーブルテレビのオンデマンドで配信開始されて、しかも半額セールだったので今さらながら「素敵な金縛り」を見た。
あざとい等さんざんな評判を耳にしていたけど、なかなかどうして僕としては大満足。
西田敏行の武家セリフが聞けただけで、もう興奮ですとも。
豪華なカメオ出演とか、わざとらしい展開が鼻につく人にはダメだろうが、やはりこういった場合楽しめたもの勝ち。
どんなにまわりが駄作と評しても、つまらないものに二時間と楽しい二時間なら、どう見ても後者。

あとはブロードウェイのドールショップに行き、また素体を購入。
その際、ドールアイの仕込み方を教えてもらい、ついでに参考用に目がくりぬかれたドールの頭も購入。
頭蓋骨に目玉を固定するが如く(本当は筋肉だけどね)、顔の裏側に目玉用袋があって、そこにはめ込むのだそうだ。それがない場合はグルーガンか練りけしで目玉を固定。うん、勉強になる。
ショップの方は先のドールショウでご挨拶しているので、僕が自作派であることは認識済。
ただ作るのは人間ではなく、動物なのだけど。

もうひとつ。
おじぎして首が固定できなくなって、タイマーも正常に機能しない扇風機のかわりをいよいよ購入した。
ダイソンのかっちょいいヤツなわけはなく、2kのいかにもな無個性の量産品。
でも風がちゃんとまわればいいのだ。

しかし五月だというのに、余裕の夏日。
今年は一昨年のような強烈な暑さの夏になるのだろうか。
【2012/05/17 00:12 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
デザインフェスタvol.35 備忘録
5/13(日) 晴れ(21度)

「ぼうびろく」と打ち込んでも変換してくれないatokにいらついて、Googleの予測変換したら「忘備録」ではなく「備忘録(びぼうろく)」だったというオチ。
一つかしこくなったからよしとしよう。

今回うちのブースは入り口からエントランスを抜けたすぐの、しかも角という好立地。
バジェット軍団も気合い入れてたくさん作ったし、ハシビロコウ軍人やオニオオハシ戦車兵もたくさんの方に見てもらえるのでは?とうきうきしていた。
真後ろと右隣は背面ギリギリの棚での展示。
一方のうちはテーブル型で前面ギリギリながら、机がアウトドア用のものなので左右に余裕があり、さらに椅子を置いても背面は大丈夫。
ずいぶん以前に作ったオリジナルプリントのTシャツを角に置くことで、隣とは余裕で出入りできる。
トイメンは怪獣TOYのブースが横一列に連なっている。ここだけワンフェス的な雰囲気。

二日間通して、ドールショウで好評だったバグ犬ヘッドの追加版もすべて新たなドール好きな方に引き取られ、鳥頭軍人たちも今回はみな旅立っていった。バジェットは2/3くらい。
今までで一番の成果かもしれないが、ドール用の素体は仕入れ値段そのままで提供しているので、ブース代など諸々あわせても正直たいしたことはない。
もっとも商売でやっているわけじゃなく、気に入ってくれて喜んでもらえれば御の字だし、そもそもが作ったものを通じて少しの間でもお話ができればそれでいいので、そういった意味ではこれ以上にない満足感。

特にドールショウでパグ犬ヘッドを買ってくださった方がブログやツイッターなどで着飾った写真をアップしてくださるだけでもうれしいのに、わざわざ来ていただいて挨拶してくれたりと、実物をもってきてくださったりと、ドールものの方々の温かさにはひたすら感激。
もちろん、以前からカエル人形をひいきにしてくださっている方とのお話も楽しいし(とにかく顔を覚えられないのがどうしようもない欠点というかもやは欠陥なのだけど、それでもようやくわずかながら覚えられるようになり「いつもありがとうございます」とお礼を言えたし、いつも和装で来てくださる方はその出展ブースに遊びにも行って素敵な折り紙のピアスを購入。考えてみたら母の日グッズとして風車のイヤリングを買えばよかったと帰りの車の中で大後悔…)、買わなくてもちょっとしたネタから話が弾むと、それだけでも十二分に楽しい。

ようは作品を通じてのコミュニケーションが楽しく、金銭授受よりもウェイトを重く置いている、と。

12_5_deza_0.jpg
1日目設営。右端に見えているのがTシャツ。
12_5_deza_6.jpg
2日目設営。左端に見えているのがTシャツ置き。隣とのスペース埋めのため配置換え。
12_5_deza_1.jpg 12_5_deza_2.jpg
1日目、バジェット、メカバジェット軍団大集合の図。その後、何度頭をもがれたことか。
バジェットを知らない人にとっては「おいしそう」「どら焼き」が褒め言葉で、知っている人にとっては「デフォルメなのに似てます!」が最大賛辞^^
12_5_deza_3.jpg 12_5_deza_4.jpg
1日目、その後旅立った幸せものたち。
12_5_deza_5.jpg
ファントムマスクを買ってくださった方のワンダとのツーショット。左の洋服、なんと自作で、さらに着ているご本人(人間の方です、はい)とおそろいという! 服作れる人、尊敬します。この後、ファントムは悲劇に巻き込まれることを知るよしもない(マスク壊れました)
12_5_deza_7.jpg
パグ子さん近景。嫁に出した娘が恐ろしく着飾って変貌して里帰りした心境!ドレスは自作だそうで、やはり服を作れる方は尊敬対象!
さらにパグ美さんと命名された方が作られたウィッグ付きという後で知った、実はとっても狭かったパグ仲間ワールド!

辛口な感想は追記で。
続きを読む
【2012/05/14 14:31 】 | デザフェス用 | コメント(2) | トラックバック(0) |
静岡小旅行
5/1~3(火、水、木) 雨

連休を微妙に外せば、大渋滞に巻き込まれることはないだろうという計算で、1日の夜に出発。
予想は的中。
普段は東名の用賀までつくのに一時間を切ることがなかったのに、利用した環七は普段必ず混む大原交差点(甲州街道とクロスしている)も、ほぼ車列なし。順調にもほどがある。
東名に乗ったあとも、新東名ができた影響は大きく、渋滞は一度もなし。
もっとも掛川へ一気に向かうため、行きでは新東名は利用せず。
道中、一般乗用車もまばらで、長距離トラックが目立つ。
大型連休を取った人は一日に移動することはなく、カレンダー通りの休みの人にこの日に移動は無理。
ゆえに車も少ない。
海老名を超えたあたりから雨脚がいきなり強くなり、法定速度の安全運転。
夜道の雨の高速で飛ばすのは自殺行為。いや、勝手にくたばるのはいいが、巻き込まないでくれと。

当初予定していた時刻よりも、それでも渋滞がなかったため早めの22時過ぎに掛川到着。
途中、足柄で夕食と休憩を取ったのが20時ちょい過ぎ。すでにサービスエリアのめぼしい店は閉まってたのだけど。
インターから降りてすぐのビジネスホテル・バジェットイン掛川の駐車場に降りるとカエルの鳴き声が出迎え。
水辺はそばにないように思ったけど、聞き間違えることはない。

一泊朝食バイキング付きながら4900円。ユニットバスは深めで、肩まで湯船につかれる。
驚くべきは枕。1万数千円する低反発枕で、これがもうすばらしい寝心地。普段は幾度となく夜中に目が覚めるのに、朝方に一度だけだった(トイレ都合)。

掛川花鳥園とは五分とかからない場所ゆえ、開園の9時とほぼ同時に入り、閉園の17時まで。
ツイッターでもこぼしたが、他の生き物に対して「こんなことをしたらかわいそうだよな」と思える気持ちを持たない輩がいて、初めて花鳥園で気分が悪かった。学校行事で動物のいる施設に行かせるのは、そもそも間違っている。
それにしても引率がいなかったように思えたし、あっという間にいなくなったので、いったい連中の目的はなんだったのだろう。
とりあえずオニオオハシのくちばしの配色ディテールを観察。
実に美しいわ。
くちばしの上に赤いラインがあるのを確認し、さらに眼球が青かと思ったら、そこは皮膚で黒めだと思っていた部分が眼球でわずかに白目の部分があったというのが、新たな発見。

夜は御前崎のペンションに移動。
半島の舳先だからなのか、とにかく雨脚が強く、もはや台風のてい。
これが一晩中つづき、前夜と違って、とにかく眠りが浅かった。

最終日となる本日三日。静岡県立美術館にて伊藤若冲のドット絵(1センチ角のマス目を引いた巨大屏風絵)を見てから帰ろうと思ったのだけど、ペンションのオーナーから「日本平なら久能山の東照宮を見ていってはどうか? 千段の階段があるから体力に自信があったら登るのもいいけど、ロープウェイもあるので」とアドバイス。ただこれをしっかりと理解していなかったため、あとでちょっとした山登りをするハメに。
そう、カーナビに入れたのは表参道の方。
すなわち千段階段である。
正確には1159段。
これが丸石を組み合わせた当時の作りのまま、山の頂上までジグザグに連なっている。
小雨が降っていて、足場は最悪。
ただ不思議なのは丸石なのに、あまり滑らないこと。昔の人はよく考えたものだが、登っている最中にそれを考える余裕はない。
中腹あたりにちょっとした休憩スペース(というか椅子がある)のだけど、そこからさらにまだ振り仰ぐほど得上に連なる石段。
まったく心構えのないまま登り始めたので、すぐに息は上がる、足はパンパンになる。
ただ眼下に広がる景色を見ると「ここまで登ったのなら」と気力だけは潰えない。
むしろフル装備の甲冑着て、ここを登ったのか?
いや、東照宮の材木やらなんやらを運び上げたのか。
ちなみに日光東照宮には行ったことがあるようなないような程度の記憶。戦国ものに興味を持ってからは足を運んでないので、大権現の墓参りはここが初めて。

どうにかこうにか登ったら、ロープウェイが日本平から出ていることを知る。
もっともそこから50数段、やけに一段あたりの高い石段を登らなければいけないので、足腰の弱い人にはそうとうしんどいはず。
ついに登頂! しかし同じ道を降りなければいけないのだ。なにせ眼下の駐車場に駐めてあるから。軽く気が滅入る。
しかしその荘厳できらびやかな建物を見ていると、わりとどうでも良くなるから不思議。

あと静岡はプラモデルの発祥場所ということで、家康公モチーフの武者ガンダムの完成品が展示されているのは納得できるのだけど、ザクレロにアッグ、そしてクマのアッガイはどうなのよと。彦根モデラーズクラブ、もうちょっと空気読もうよ…。

帰り道はとにかく滑らないようにだけど気をつけつつ、下から登ってくる人たちがあまりに軽やかなので、あんなにあごの上がった状態で登っていた自分はなんだったのだ?と。

次に向かったのが静岡県立美術館。
ただ伊藤若冲の絵は二枚だけで、よりによってコンテンポラリーアートと一緒の展示。
正直、一般常識の範疇から超えた領域の現代芸術の良さはまるでわからないため、結局著名な先人たち、例えば狩野派や横山大観などの筆致のすばらしさが際だっただけに感じた。
特に横山大観の富士山はソリッドなポップアートのようで、驚いた。
※金箔張りにややピンクがかったリアルな雲海に、くだんのべた塗りの富士山が描かれている。
あとはアートとは巨大であればいいのかと錯覚させられた。
もちろんコンテンポラリーアートでもガツンと来るものはある。
あるのだが、先人たちがすばらしすぎた。

帰り道、新東名を使ったのだけど、新静岡インターから乗った際には横浜町田から厚木までの例の区間が11キロの渋滞。もうゲンナリである。
しかし道を進んでいくと、どんどんその長さが短くなり、足柄で休憩を入れたときにはすでに4キロ15分に。
その後、結局渋滞は解消され、下道の環八も内回りの大渋滞を尻目に、余裕の帰宅。

やはり千段の石段を登って参拝した御利益だろうか。
【2012/05/03 23:14 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |