スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ストロベリーナイト 劇場版
1/30(水) 晴れ(12度。かなり温かめ)

レディスデーということもあり、平日の昼過ぎなのに普段はガラガラのユナイテッドシネマとしまえんのチケット売り場にはけっこうな人出。
彼女らが何を見に来たのかはわからないが、先週末公開された「ストロベリーナイト」もそれなりに人が入っていた。
メルマガでポイントを使わなくても1.2kで見られると言うことで今日を選んだのだけど(金曜日は業務があるため)、人のいない劇場で見る映画ほど寂しいものはないのでよかったと思う。

表題作の「ストロベリーナイト」は残酷描写がきつくて地上波では映像化できないとの前評判だったものの、その実原作はそこまでえぐいものではなく、しかもドラマ版の方がつっけんどんな姫川像が好印象だった。ついでに言えば、原作で冗長だった部分(犯人の痛覚がない?だったかな、女性なんだけど女性じゃない子)がばっさりカットされていて、ドラマとしてもすっきりしていた。

忘れた頃に始まった連続ドラマは原作は未読ながら、毎回カタルシスあふれるシーンや(憎たらしい犯人をきっちりと裁く)ケレン味が存分に出ていて、とにかく楽しく見ることができた。
これがフジテレビのドラマかと思うほど、今日日映画でも避けて通るようなギリギリの表現を堂々と地上波で流していたし、さらに本作の後日談たる短編の劇場公開にあわせたドラマスペシャル版もひさしぶりのキャラたちがそれぞれ生き生きとしていて満足のいくものだった。
その劇場版とあっては期待しない方がおかしい。

インビジブルレインというタイトルバックも、ドラマ版を踏襲するような出し方ながら、あの君の悪いOPの目玉イチゴ模様はなし。

ただ全編にわたって雨が降っている以外は、ストーリー展開としては小粒。
正直、ドラマスペシャルの二時間枠でも充分なものだった。
そもそも大画面で見せるような大がかりな見せ場がなく、どちらかというと葛藤劇ゆえ、こぢんまりとまとまってしまった印象が強い。
正直、連続ドラマ版のエピソードの方(特に最終作「ソウルケイジ」や「右では殴らない」)が強烈だったぶん、登場人物はオールスターキャスト的なのに、実際は姫川と菊田、大沢たかお扮する牧田の三人が主軸で動いてしまっていたのも小さくまとまった印象を強めている。
もっとも群雄劇ではないので、キャラクターを掘り下げていき交錯させる方がドラマとしてはおもしろいし、映画館で見るということをのぞけば、本作がつまらない駄作ということではけしてない。

ただ警察上層部の隠蔽体質という、同じフジテレビの看板刑事ドラマ「踊る大捜査線」とかぶるネタであるにもかかわらず、向こうと決定的に違うのは観客の溜飲をしっかりと下げてくれるところだろうか。
そもそも「ストロベリーナイト」のドラマ版は毎エピソードでそれがキチンと行われていて、悪者が極端に外道に描かれておりそれが成敗される、いわば往年の刑事ドラマの進化型(昔はあそこまで外道ではなく、たんに粗暴犯が多かった)なので、落としどころが明快で安心して見ることができる。

なので、劇場映画としての必然性は感じなかったけど、作劇としてはドラマ版同様充分楽しむことができた。
それにしても目の前の車で惚れた女のあの姿を見てしまった菊田の心中はいかばかりか…。
スポンサーサイト

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

【2013/01/30 22:39 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドールショウ36のweb拍手の返信
ドールショウ36の記述へのweb拍手、ありがとうございました。

トリさん
ありがとうございます!
ハシビロコウ(小)はオビツ11用に作ったのですが、ピコニーモでもけっこう似合うようです。
今回でたしか三回目の持ち込みだったので、以前買ってくださった方のブログで紹介していただいてます。
ねり消しをかますとしっかり装着できるので、ぜひ素敵なボディに取り付けてくださいませ!

siriusさん
パグということは、一番最初に買ってくださった方ですね!
ありがとうございます!
とりあえず好きなものを作りたい人なので、並んだときの統一感とかまるで考えてないんです。
狼男は十代の頃に見たホラー映画「ハウリング」や「狼男アメリカン」の影響がモロで、バストモデルを
当時真似していくつも作ったことがありました。
本物の狼よりも、人間が変身した形の方が好きなんです。
オビツ11だとなんか違和感が出そうで、兵隊用に大きいサイズの方がいいのかなあとあれこれ考えてます。
もし次回作らなくても、いつかは必ず作りますので。
そもそもハシビロコウは狼男の予定で、途中から形が変わったんです^^;
【2013/01/23 00:08 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドールショウ36
1/20(日) 晴れ(9度)

昨日の今日なので(昨日飼っていた魚がおそらく僕の不手際で亡くなってしまい悲しみに暮れていた)、正直いつもの楽しいテンションで気に留めてくれた来場者とおしゃべりができるかまるで自信がなかった。
さながら、身内に不幸があっても笑わせられるコメディアンのような。
ただ逆に考えれば、なにかに意識を集中させていれば悲しみに向き合うことはなくなる。
昨日、ちょうど事務所から運び出したメタルラックを自室で組み立て(三代目を埋葬する観葉植物を置くため)ていたときのように。

窓際の端のブースゆえ、意識して流れてこないと目に触れる機会が少ない場所。
右隣は先行入場で列ができていて(そういえば前回もそうだった)、会場30分ほどで完売してしまった。
でも売るものが無くなってもブースをたたまず、最後まで来た人と談笑したり、撮影許可していたりしてたので、単純に売るためだけではないようでとても好印象。
同じ趣味を持った人とイベントでお話しするのは楽しいし、それは売る側買う側も同じだと思う。

かくいう僕もそれが楽しくて、最近のイベントは出ている。
かつてデザフェスで、作ったものが注目はされどもあまり売れなかったことを気にした時期もあったが(買うに至らないのは何かが足りない証しと解釈していた)、展示会だと思えば「作品を見て、なにか感想、例えばおもしろいとか何これ?とウケルだけでもいい、をダイレクトにもらえる最良の機会」であるし、そう考えるようになったらイベントがぐっと楽しくなったと。
ようは気の持ちよう。

また着座スタイルではなく、立っていると作品を見るためにかがんだ方とうっかり目が合ってしまうこともなく(あれはけっこう気まずい。だから年って伏し目がちにしていると仄暗いオーラが吹き出てさらに気まずい!)、且つしばらく眺めていたら興味を持ってくれている証拠なのでこちらから声をかける。するとほとんどのケース(老若男女問わず)会話に乗ってくれて、感想をもらえる。

今回、第一弾はパグ犬とハシビロコウ(大)、第二弾でかわいくない猫とハシビロコウ(小)と比較的ポピュラーな動物チョイスだったのをカエル三種というある意味ニッチなもの、下手すると苦手対象を作って並べたため、正直厳しいだろうとふんでいた。
かわいいものではないし、カエルの中でもメジャーなヒキガエルは茶色なので瞬間的にカエルと認識しづらい。アマゾンツノガエルとベルツノガエルは緑ベースだけど、アマゾンは特殊な形状、ベルツノは派手な模様で、やはりイメージとしてのカエルにはほど遠い。

ブースの設営場所もあって、開場後の三十分は足を止める人すらいない有様。
そもそも人出自体がが少なく感じた。一度だけ参加したアイドールがこんな感じだったかもしれない。ドールショウはもっと人が多い印象だったが、最初に出たのが昨年春(GW中)だったので、この新春では客足が悪いのかもしれない。
ところがそれは派手な行列ができるメジャーブースが四階にはあまりなかったからだったようで、一定時間各階間の往来を制限しているドールショウゆえの現象。制限が解除されたら四階もいつものと同じくらいの人が通るようになった。
必然的に僕のブースの前も人が通るようになる。
特殊部隊の1/6ハシビロコウが良い客寄せパンダになって、近づいてみるともっとヘンなのが並んでいるという寸法。
まわりはきれいでかわいいドールばかりの中、ひときわ異質な動物ヘッド。
でも首から下は通常の着せ替え人形用のものを使っているので(オビツ11)、汎用性は意外にある。

結果的に、閉場一時間以上前に持ち込んだものは大きい1/6ハシビロコウ以外は完売。
カエルものが予想よりも早く無くなったのには驚いた(ヒキガエルが一番最初に完売。ハシビロコウ(小)、猫、アマゾン、ベルツノ、ヒキガエルみな同じ数持っていった)。
まぁ完売と言っても、最初から数は多くないのだけど(塗る行程がけっこう手間がかかるし、なにより複製作業がレジンのにおいとの格闘で大変なので…)。

前々回の時にハシビロコウ(小)を気に入っていただいた「花かごさん」は今回も差し入れをくださり、楽しく談笑。同じオビツ11を使っているのに超絶かわいい女の子で、その目の塗装についてちょっとしたコツを教えていただいたりと感謝感謝。

またアマゾンヘッドを買っていってくださったディーラーさんが三階の「ちびっ子屋」さんというブースで、自ブースでさっそく和装の胴体につけているのを見つけ、これは買うしかない!と速攻購入。
うちのはメイド服の女の子仕様(かなり異質)だったけど、和装だとなんとなく若旦那っぽくて意外なほどマッチングしていた。ボディに予備がない上、アマゾンのヘッドも手元に一つしかないのですぐには再現できないけど、次回は着せないと。

ふたを開ければ普段通りにできて、さらには気に入って買ってくださる人も多数という大満足な結果。
もちろん話(感想)だけでも十二分にありがたいので、そう言った意味では1/6ハシビロコウがMVP。

次回は同じく春のドールショウ、そして一年ぶりのデザフェス。
今年はもう少しニッチなイベント、例えば爬虫類両生類即売イベントのレプタイルズショーとかにも出展してみようかなと考えてたり。
作家は「自称」でなれるし^^

追悼の意味も込めて三代目の魚種スネークヘッドか、昨今のトレンド大王イカ(あのメタリックは再現してみたい)、大好きな狼男についに取り組むか、それともフクロウにするか悩むところ。
あとはバジェット人形を業者使って量産するのをレジンがいいのかソフビにすべきかも決めなければ。
【2013/01/20 22:05 】 | デザフェス用 | コメント(0) | トラックバック(0) |
渋谷aube 迷彩モダン企画『現代カモフラージュVol.4~炸裂~』
1/13(日) 晴れ(13度。かなり温かめ)

残念ながら迷彩モダンという主催は知らないし、B.L.A以外のバンドも皆目見当もつかない状態。
とりあえずいつもと同じようにB.L.Aの出番前に入って、前のバンドから聞こうという算段。

ハンズの先にあるビル5階のライブハウスに向かう途中、ブラザーに「買い物?」と声をかけられたが、「No Thank you!」と日本語にしか聞こえない英語で断ったら以降何も言わなくなったのは意外だった。
以前原宿とかでもしつこく勧誘された際、「いや、いいです。興味ないんで」と言ってもひかなかったのに。
ひょっとして「ノーサンキュー」が「ファックユー」に聞こえた?
いやいや、それだったら僕の前歯は失われているだろうし…。
明確な意思表示がいいのかもしれないね。

ハコに入るとちょうど始まったばかりだったのか、タイミングが悪くバンドの名前がわからない。
けっこうな人のいりで、ほどよい感じ。
シャンディーガフを飲みながらとりあえず聞くことに。
ホール全体に激しいノリはないものの、けして白けているわけではない。
知らないバンド、曲だけど、なんとなく気持ちよく感じるのは、この手のマイナーバンドがいくつかブッキングされているイベントの特徴。
なんというか、そんなことは当たり前なのかもしれないけど、演奏がとても誠実に見える。
メッセージを伝えたい、音を伝えたい、そんな意志を強く感じる。
そして叫ぶのは「最後まで楽しんでいってください」であり、けっして「盛り上がってるか!」じゃないこと。
全力投球、一生懸命ってのは伝わるものですよね。
バンド名がわからないものの、ボーカルギターの方がMCで「昨年はバンドを止めたり、解散したり、脱退したりなんて話が多くてつらかったけど…」と話していて、僕は音楽ではないけど似たような状況に置かれている身として妙に染み込んでしまった。
そのMC後の曲は特にグッと来て、時折音が外れるけど、それが懸命さでフォローされていてますますグッと来た。
飲み終わったカップを小脇に挟み、惜しみない拍手を送りましたよ。
おしむらくはバンド名がわからないこと…。

次はB.L.Aの出番なので、前列に移動。
いつもホールでお会いする女性ファンに最前に出るように誘われるが、基本シャイガイなのに二列目が精一杯です…。
以前見かけた男性ファンは最前列だったなあ。かくありたい…。

二列目とはいえ、ステージ右サイドだったためスピーカーが目の前。
重低音が突き抜けすぎて、あまりボーカル音が聞き取りづらいのはまいった。
というのも、前のバンドは最後方だったので各パートの音にボーカルが負けて無くてキチンと聞こえていたので、PAが悪いのではなくスピーカーの前過ぎるから高音域が負けてしまっているのだろうと推測。
これはむしろ最前列のかぶりつきの方が、横からの音になるからいいのかもしれない。
そういや前回クリスマスライブはほぼ中央だったので、しっかり聞こえたなあ。

MCであいかわらず会場を沸かせて、後半になるとボルテージアップするのがB.L.Aの基本スタイル。
今回ラス前に「バトラー」という、これまたヘビーでスローな楽曲があったのだけど、演奏後にHALUNAさん曰く「しばらくやってなかった曲」とのことで、すごく新鮮だった。
なにしろ音が重くてかっこいい。
ちょうど重低音スピーカーの前のせいか、ズシンズシン来る。
ACKYさんのギターもかっこいいし、これはかなり好きな曲かも。
最後は「GOLD RUSH」。そういえばビルのすぐ下の階のハンバーガー屋の名前も「GOLD RUSH」だったのに、それについてはMCで話さなかったなあ。もったいない。

演奏終了時に配っていたアンケートもずいぶんたくさん返ってきていたようで(今回、自分はもらわず。毎回書いているのでまあいいかと)、かなり成功だったのではないでしょうか?
B.L.Aは演奏や音楽はかっこいいのに、MCがとにかく楽しいので、初見でハマルこと受け合い。
僕自身がそうだったので、今回のライブ(ROCK SHOW)で、ファンが増えるんじゃないかなあ。

B.L.Aの次に出てきた和装のバンドもちょっと気になったのだけど、21時からのNHKスペシャルで大王イカやるんで会場を後に。

で、ライブはすこぶる満足したのに、なんだかささくれだったツイートばかり書いてしまったわ。
【2013/01/14 00:20 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
神社のおみくじとアニソンカラオケライブと
1/3(木) 晴れ(6度。一転かなり寒い)
神社のおみくじとアニソンカラオケライブと

元日は川崎大師の初詣、三が日に近所の氷川神社の参詣というのが毎年の恒例行事。
思い出したくもない数年前のカエルの一件以来、その氷川神社はある意味心のよりどころ的存在。
あのときの神主さんの言葉にどれだけ救われたか。
信仰とはこういう自然発生的な気持ちから生まれるもので、誰かから「うちはいいからきなよ」は違うと思う。
御札は毎年買っていて、毎日二礼二拍手一礼を欠かしていない。
願うのはいつも、うちにいる人間以外の生き物と、九州の両親の一日無事過ごせますようにで、自分のことを頼むことは年間を通しても両手で事足りるほど(もう少しあるかも。でも足の指あわせたら完全に余る)。
そんな自己流の信心ではあるけど、先だって元日で凶をひいたのを憂いてくれたのか、なんとひいたおみくじは大吉。
ちょっと神様(天照大神)、サービスしすぎですよ!

そんな気分の中、アニソンカラオケライブへと一路田町へ向かう。
正直不安は大きかった。
blue chee'sのアニモさんが出るからという、ただそれだけの理由で見に行くことにしたのだけど、ギリギリまで迷っていたのはほかならぬ最近のアニソンをまったく知らないから。
ゼロ年代で知っているのはせいぜいハルヒくらい。らきすたも聞けば何とかわかる程度。けいおん!はまったく興味を持てなかったし(たまたま買ったニュータイプに紹介記事が載っていて「なんだよこれ、リンダリンダリンダじゃねーか。しかも京アニ? ハルヒでライブシーンの完璧なパクリ、いやオマージュやって調子づいたか?」と感じたものの見る気はせず)、まどかマギカは字幕付きをネットで見た程度で歌の印象はまるでない。
いわゆる萌え系はもはや四十路だからということ以前に昔からあまり好きじゃなくて、せいぜいハーレムもののラブコメではうる星やつらを中二の時にはまった程度。
完全にアニタク時代でも戦闘機やミサイル、爆発がないアニメはほとんど見てないから、それが成人してから一気に傾倒することもなく現在に至るので、アニソン祭と言われても「たぶん知らない曲ばかりだろうからテンション上がらないよなあ」と。

でもアニモさんの歌は聞きたい。

ぬぐいきれない不安のまま会場いり。
ハコは廃ビルをぶち抜いてライブ会場に仕立てた様相で、天井がかなり高い。
フロアもそれなりの広さで、すでに4/5くらい埋まっている。
自分の整理番号が82番だったので(しかもこれ、昨日届いたメールに書いてあった番号)、そんなに人は多くないだろうとふんでいたが、逆にこれだけ入ったハコも久しぶり。
女性客が半々くらいで、昔ながらの親衛隊のようなはっぴを着た男性客もいるので、おのおののお目当てがいるのだろう。
たしかに歌い手の数は十人以上いたような記憶があったが、その中で知っているのはアニモさんと音影のリーさんだけ。歌も知らなければ歌手も知らない状態であるわけで。

入った瞬間、来なきゃよかった感が尋常じゃなかった。。
アニソンDJで盛り上がっているのだけど、そもそもまったく知らないし、曲のつなぎもたいしてうまく感じなくて、しかもMCが身内ウケのような印象。
いや、知っている曲が流れていたら「次はこう来たか!」とテンションも上がるし、DJも知っていたら楽しい軽妙なトークに聞こえるはず。

なんだろう。
一番わかりやすい例えは、知らない連中の飲み会からの流れでカラオケに間違ってきてしまった感じ。
しかも歌っている(この時点ではかかっている)曲はまったく知らない。
でもまわりは熱狂している。
この取り残された感。

ただ歌い手が出てくればそれなりに印象も変わるだろうとわらにもすがる思いだったが、結局はまったく変わることが無く、ただ一人盛り下がっている不機嫌な客というのもまわりに迷惑だし、開演一時間半を前にさっさと退散した。

アニモさんの歌声は、歌自体を知らなくてもやっぱりうまい。
衣装(服装)は例のネコマークのBLCSで、下長袖着ていてもさすがに今日は見た目的に寒そうだった。
ただblue chee's自体がそうだからかもしれないけど、アッパー系よりもしっとり聞かせる系の方が僕は好きで、歌った中で唯一知っていたのはナディアの「ブルーウォーター」だった。
あとリーさんも一曲だけみたけど、音影仕様の衣装でかっこいいし、歌もよかった(歌は知らない)。

総じて感じたのは、歌い手がいちいち「盛り上がってるか!」とコールを切望すること。
いやいや「楽しんでる?」じゃないのか、と。
歌唱に魅力があれば、別にわざわざ「盛り上がっていきましょう」と言わなくても、リズムと歌のパワーで会場は自然に盛り上がるんだし、出てくるたびにそれを繰り返すからますます印象がカラオケ大会にしか見えなくなってしまった。
カラオケって人に聞かせるために歌うんじゃなく、あれはあくまで自分で歌って気持ちよくなるもの。
だから今回のライブは、その印象がすごく強かった。
タンバリンをしっかり叩いて、あたしが歌歌っているときにしっかり盛り上げなさいよ!というのが、くだんの「盛り上がってるか!」であり「おぅおぅコールを求める行為」に見えてしかたがなかった。

最近僕が好んでライブ会場に足を運んでいるB.L.Aは、たしかにメインに見に来るお客さんの数は少ない。でも、それゆえ初見の客を巻き込んで一緒に楽しもうという空気感がある。それはMCが身内ウケではなく、知らない人にもキチンと伝わる、そしておもしろいと感じさせるものだがら。
僕は初めて見たときそれに感激して、以降ファンになった。

ファンしか来ていないワンマンライブなら、身内ウケ楽屋落ちもOkay。
だってそれを知っている人たちしかいないから。
でも知らない人が多い会場では、その人たちが「今日は来て良かった」と思えるようなパフォーマンス、MCを見せてほしい。

ま、そもそもが場違いなところに行ってしまったので、僕以外の人たちがみな満足して楽しんでいただろうから、偏屈おやじの戯言ってことで。

ただ知らない曲聞いても対バンなんかでは自分も盛り上がれるから、そもそも肌に合わなかったんだな、きっと。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2013/01/03 23:19 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。