純と愛を半年見続けて
3/30(土) くもり(日中8度とか)

今日はNHK朝ドラ「純と愛」の最終回。
さてどのようにまとめてくれるかと、普段は土曜のBSまとめ見なんだけど、今週はリアルタイムで毎朝見ていた。
印象的にはどうあっても後数回で終わるように思えない展開。
視聴率40%をとったという「家政婦のミタ」を手がけた遊川和彦のお手並み拝見と。
脳腫瘍(しかも完治してない)で目覚めないいとしくんが、最後に目が覚めるか、それとも死んでしまうか。はたまた夢オチか。
素人考えなら、おさめ方は「ドラマは終わってその先にはツライ現実だけど、とりあえず王道として半年の締めくくりを気持ちよく終わらせる」意味を込めて、タイトルバックにもなっている眠り姫になぞって、最後目を覚ますか、もしくは醒めるのかな?をにおわせて終わらせるか。

そして朝ドラの定説をぶち壊すという脚本家の出した答えは現状維持だった。
そう、何も起きず、何も変わらず。
しかも尺が余ったのか13分には終わってしまい、タイトル曲でもない劇中曲でしめるというもの。

現実はそんなにファンタジーじゃない。
どんなに願っても奇跡は起きない。
それでも生きていかなければならない。

そういった意味で突き放したラストといえば聞こえはいいが、正直最終話途中の崖での長い長いモノローグがあまりに浅くて閉口。

聞けば、脚本家が現場に出向き演出していたそうで。
40%という視聴率をとってしまうと、人間かくのごとく浅ましさ全開になるのかというよい見本か。

脚本はあくまで設計図にすぎないし、それを役者や演出家(監督)、カメラマン、編集が映像として昇華していくものだし、そんなに演出したいのならそっちに転向すべき。
そういった暴挙を止められなかった現場というのもそもそも問題で、プロデューサーの顔色伺う必要のないであろうNHKでこれでは、もはや遊川和彦を止められる人はいないのだろうね。

思うに、一時間ドラマなら傑作がかけても、15分x6本でドラマを組み立てなければいけない朝ドラは新聞連載の小説に似て、そうとうに難易度が高いはず。
ようは毎日それなりの山場が必要(15分)で、さらに週全体を通した起承転結も当然必要。
一本にすれば90分のドラマとも言えるが、細かく分けられているからそうはいかない。

それを感じたのが、前半のオオサキホテル編から里や編、宮古島編の都合三編からなる手法で、それぞれがまったく絡んでこないため(主人公だけ)、まるで別クールのドラマを見ているような錯覚に陥る。

そして伏線が伏線として機能せず(そもそも伏線だったのかも定かではない)、その場しのぎのセンセーショナルなシークエンスばかりで、場当たり的なエピソードの印象を強める。
ドラマなので最低限のリアリティで充分でご都合主義はいっこうにかまわないのだけど、そもそも面接しているさなかに面接官がケータイをいじっているのはよほどの意味があるのだろうと思ったら、ただのキャラ付けに過ぎなかったり、里やの火事の元凶となったカップルも投げっぱなしで救いがない等枚挙にいとまがない。

主人公の父親がなぜあそこまでつらく当たるのかわからないし、兄弟、とくに弟が救いようのないバカだったのに、なにか特別なエピソードもないまま、いきなり真人間になっていたり、もうキャラクターの清張を描くのに必要な部分は省略し、ただひたすた不幸の大安売りと救いのないエピソードばかり。

主人公が底抜けに明るくて、どんな逆境にもめげずがんばると言うのはある意味王道だし、それは別にかまわない。「ポリアンナ物語」の主人公ポリアンナなんか少女だったこともあるけど、屈託のない笑顔でいつの間にかまわりを明るくしてしまう(本人がとにかくめげない)。あの話もけっこうしんどいエピソード満載だったけど、不快な思いはしなかった。

ところが本作の主人公純は、いちいち落ち込み、拒絶し、かたくなに閉ざし、些細な出来事で前に進もうと立ち上がるの繰り返し。
いや、ドラマツルギーとして正解だけど、これがいくら何でも大きすぎる障害がことあるごとに降りかかり、ひいた視線でみるとちっとも救われていないというのがマズイ。

関わったホテルがみな不幸に見舞われる。親が死ぬ。母親が痴呆。伴侶が寝たきりになる(しかも目覚めたとしても余命はさほど無い)。
もはや不幸の全のせ状態。
それでもめげずに明るさを失わないのならむしろ潔いが、前述のように躓き、落ち込むからやっかいだ。
周りの人間も味方のふりして無責任に思想を押しつけているだけ。

半年という長い時間を使っているのに、キャラクターがスイッチでも入ったように変わるのも大問題。
特にいとしの母は、あれだけ毛嫌いしていた純をどうやって認めたのか。
まさか雨乞いか。
細かい描写の積み重ねで描く時間もあったのに、すべてのキャラが突然変わる。
父親は最後までダメ人間だったのにいまわの際だけいい人になるし、すべてが中途半端だった。

好きな役者が演じているので、ある意味ガマンしてみていたけど、無意味な半年となってしまった。

救いのないラストでも傑作ドラマや映画はある。
でも「そうなってしまった」のにはわけがあり、そこには主人公の選択があるからこその救いの無さで、たんに不幸のつるべ落としとは違う。

やりきれないラストで有名な「ミスト」は言うに及ばず、先日ケーブルテレビで見た「世界大戦争」という昭和の特撮映画では、軍部の人間と対をなす市井の民がいるのだけど、ラスト核戦争が起きてしまい市民はただただ無力に核の炎で焼かれるのを待つだけという、あまりに無常な場面がある。
個人の力ではどうにもならないことはあるし、立ち向かってもどうにもならないことばかりだ。
家族で最後の晩餐(確かすき焼きか何か食べていた)をとるシーンは特に胸を打った。
なにげない日常が、自分たちのうかがい知れないところで打ち消されてしまう怖さ。
そこにはなんの希望もない。

純と愛も根幹では同じなのだろうけど、決定的に違うのは不幸エピソードがとにかく浅いこと。
たった一撃の台風で全壊に等しい被害を被るホテルとか、痴呆の母と植物人間の伴侶を抱えてホテル再建できるわけ無いのに、かつての仲間は「オマエならできる」となんの援助もしないくせにエールを贈るだけ。
いや、天性の明るさとバイタリティを持つスーパー主人公なら「これくらいでめげないよ」はアリだけど(それでもいくらなんでもこの不幸コンボではリアリティがなさ過ぎる)。
最終週がとりわけひどかったけど、毎度毎度立ち直るきっかけがひたすら安っぽい。
さんざん拒絶していて、ちょっとした一言で復活って、それは復活の呪文か何かですかい。

もっとも腹立たしかったのが、公式で予防線を張っていること。
「賛否両論あると思いますが」と書くのはかっこ悪すぎる。
これが俺たちの答えだ!とウソでもいいから自信を持って書いてほしいもの。

少なくともあのラストで僕は希望を見いだせなかった。
予定調和だろうがなんだろうが、朝ドラを見るような視聴者層には、最後にいとしくんが目を覚まし、一言なにかしゃべるべきだっただろうに。

テーマ:NHK:朝の連ドラ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2013/03/31 00:42 】 | ドラマとかテレビとか | コメント(0) | トラックバック(0) |
blue chee's LIVE 2013 春~真実の物語~
3/23(土) 晴れ(16度)

飽きたからライブに行かないのではなく、経済的にひっ迫していて「行けない」つらさ。
B.L.Aも最近行けてないし、バニビに至っては昨年のワンマンと公開放送のゼロ回のみという寂しさ…。
そんな調子なので、一回のライブにかける期待値がハンパ無く高い。
もう実にやっかいなファンというヤツ。

blue chee'sのワンマンライブは、昨年のメインボーカルジェシカ(松本江里子)脱退以降、三人シフトでは初。直前のアメリカ公演がその三人シフトでの初舞台だったから、むしろよかった点、反省点などが生かしやすい今回のワンマン。
ただ先日の公開FMのユーストがびっくりするくらい悪くて(歌のハモリがひどかったし、番組MCが昔の話しかふらないという気のきかなさ。もっともこれはぶるちが悪いのではないけど)、ジェシカの抜けた穴はこんなにも大きかったのかとあらためて感じ、今回のワンマンは期待よりも不安の方が大きかった。
いないはずの中央にマイクスタンドがあって(これは麻美さんが前に出てくる時用のものだったのだが)、その空間の寂しさたるや。

OPのイラスト寸劇が無くなり、やや自虐的なノリの自己紹介が流れる。
ただこれはアニモと麻美さんペアで対バンに出た際、すで流されていたものに追加されたもの。
個人的には寸劇の方が好きだったなあ。
というのも設定ということもあったのだけど、あくまでchee'sにあこがれていたバンドの再結成で、メンバーの本当の素性を知らなくても「へぇ、そうなんだ」で入り込みやすかった。
ところがジェシカが抜けて、皆本名で活動するようになったため、元チェキッ娘、元chee'sが前面に押し出されてしまい、当時を知らない今のファン(えぇ僕のことです)には思い出の共有化が計りようがないからキツイ。
あと「いなかったこと」にするよりもよっぽどいいけど、次回以降は使ってほしくない演出が四人で並んだ写真のジェシカを黒塗りにするもの。CD屋の店頭でも、あまつさえ物販でも四人仕様のぶるち写真なのに。たしかに初見では「思い切った演出だなあ」と感心したけど、繰り返し見せられるとやり過ぎなんじゃ?と感じるところがあるのは一時代を共に歩んだ仲間であり、結成時のプロデュースにもERIの名前があった位なのだから、例え袂を分かったとしてももう少し楽しげな演出でもいいように思う。

緞帳が上がると、中央に大きな空間が空いたblue chee'sのステージ。
ドラムセットがやや手前に競り出ているくらいで、フォーメーションは以前と同じ。
ただあまりに近くて、まったく顔が見られなかった。整理番号が3番ということもあり最前列をいただいたのだけど、一歩引いてみた方が自分には合ってるわ…。

セットリストはいずれオフィシャルで公開されるとふんで、途中で覚えるのを止めてしまった。
なのでうろ覚え。
出だし一曲目は「blue chee'sのテーマ(chee'sのテーマアレンジ)」。
最前列の弊害をこの演奏が始まった瞬間、気付いた。
ドラムの音がスピーカーからではなく、直接前から来るのだ。
しかもスピーカーよりも前にいるためボーカルが聞こえづらく、ギターとドラムをひたすら聴くスタイルになってしまう。
もちろん麻美さんのパワフルドラムはかっこいいし力強いからいいのだけど。
久々の利佳さんのベースが今ひとつ耳に届いてこなくて、三人の声も演奏にかなり抑えられているように感じた。
たぶんもっと後方のスピーカーからキチンと距離を取った位置なら気持ちよく聞こえるはず。
なので、次回以降は少し下がって聞いた方が、前でいっしょに盛り上がってに楽しむのではなく、演奏や歌を聴きに来るタイプにはその方が良さそうだ。

二曲目はいきなり「ラーメン食べたいな」のバンドver。
皆が演奏すると例の振り付けができる人がいないので、走馬燈のようにジェシカの「ラーメンになった気分で」の部分が甦り、なんだか切なくなってくる。
たしかMCを挟んで自己紹介後、chee'sのナンバー「トモダチ」と「SUBWAY TRAIN」「スナップショット」、ぶるちナンバーの「ハッピースマイリー」を続けざまにやった気がする。
このMCで今回レベッカの紹介が無くて個人的にすごくモヤモヤしたけど、ライブ最後の曲中(ふわふわタイムのカバー)でのメンバー紹介で「今回はレベッカではなく、キヨさんとして紹介します」で前に出てきてギターソロをかましてくれて、これがもう最高にかっこよかったから、狙いだったようで。

前半はとにかくアッパーなナンバーをそろえながらも、やっぱり三人だとちょっと弱いなあと感じてしまう。特にぶるちオリジナルナンバーがせっかくあるのに、それをやらない。いや、声のパートの関係上やれないというのが正解なんだと思う。最初に買ったライブ音源でも収録されていたchee'sのナンバー「blue wing」もなくて、やはり寂しい。
演奏や歌唱には問題なくても、やはりどこか物足りなさを感じてしまうのは、中央にぽっかりと空間が空いているからだろう。

そして中盤のアカペラコーラスパートに。
実はここがもっとも不安だった。先日のユーストの印象が否応なく甦ってくる。
まずはアニモ主導の「君をのせて(ラピュタ・カバー)」は、メインがアニモ、麻美さん利佳さんはコーラスに徹するので以前と同じくきれいに決まっている。
そして次に来るのはきっとあの曲。
そう「手帳」。
三人シフトになってから声のバランスを再構成して、何度も幾度も違うverで練習を重ねたというエピソードの紹介。
いざ始まると、以前と変わらず美しいハーモニー。
思わず目頭が熱くなった。
あぁよかった。昔のままだ。
そうなんだよ、向こうは音のプロなんだ。
僕のようなにわかが「声量が違うからバランスが悪い」なんてしたり顔で評するまでもなく、そこをどうやって三人で切り抜けるか調整に次ぐ調整をしてきたのだよね。
この「手帳」の三人verを聴いて、やっと僕の中からジェシカのいた四人ぶるちから、現行三人のblue chee'sを受け入れることができた。
ハモリ健在、美しいコーラスが僕はバンドとしてのぶるちももちろんいいけど、もう一つの最大の顔、ウリだと思っている。僕がその昔、掟さんのイベントでの対バンではじめてぶるちを見たときに、やはり楽器演奏とアカペラコーラスの美しさのコントラストに魅了されたわけだし。
チェキッ娘、chee'sにはない完全オリジナル、そしてアラサーガールズの最大の魅力は、このコーラス隊にあると僕は信じている。
あんな激しい演奏して、でもコーラスもあるでよなんて、一粒で二度おいしいじゃないですか!
だから僕にとっては勝手に思っているぶるちのもう一翼が健在だったことに、ホントにうれしかった。
いつか「ENGINE」や「クツクツ」もやってほしいです。

ただ、我ながらホントにめんどくさいファンだと思う…。

ジャジーにアレンジされた「This is not a LoveSong」も、三人になったから以前のようにはできないための苦肉の策だという。
だからせっかくあるぶるちオリジナルナンバーをやらないのかと納得。
今日はやらなかったタオルのロゴにも使われている「I love Girl Pop」もできる日が来ると信じてる。

アカペラパートが終わってから、掟さんのバニラビーンズプロデュース会議もといblue chee'sプロデュース会議がけっこうな持ち時間で行われていたのだが、これがもう痛快で痛快で。
「重大発表があるんですが」と言えば「また誰か辞めるんですか!」と強烈にもほどがある返しとか、ハイブローなやりとりが繰り返されていて、とても楽しかった。
しかし「15億横領で貢ぐ」くだりで、まさかのチリ人「アニータ」の名前が出るとは思わなかったし、「ぶるちファンクラブ会費1500万で、台湾の利佳さんと家族ぐるみで付き合い特典」に必要以上に利佳さんが食いついていたりと、実に楽しかった。
先だってのユーストの司会と決定的に違うのは、掟さんは過去にももちろんふれるがそこは展開上の流しで、基本は今のぶるちをどうするか?で話を進める点。
それにしてもアニモの政界進出で、具体的な政党名とか出てきたらどうしようと若干ヒヤヒヤしたり。
しかしまさかの麻美さんが台湾入りで、ぶるちメンバーの2/3が台湾という異常事態。
そしたら予想もしなかったアニモ別ユニット発動とか(トリオということ以外はまだ非公開)。
アニモ推しとしてはアニモメインで存分な歌唱を聴ければ幸せだし、いったいどんな感じになるのだろうか、今からとても楽しみである。アニソン主体になるといささかツライが、「星の在処ざんまい」みたいなのなら大歓迎。まさかダンスポップとかテクノ系では無いとは思うが、まぁそれはそれでおもしろいかも。

トークショーが終わって残り二曲。
けいおん!のカバー「ふわふわタイム」とchee'sのナンバー「ガラガラゲッチュ」で〆。
そして今まで一度もなかったアンコールで「we're blue chee's」を。

物販での購入品にサインを入れてくれる「ふれあい会(と言う割に握手は無し)」もあり、今までとはかなり印象の変わったblue chee's。
なんかファンサイドに一歩降りてきてくれた印象が強い。

「なんであの曲やらないんだ」は声にこだわっている証拠。
だからこそ、今後のblue chee'sセカンドシーズンにも期待!

早速六月に、なんとモモーイとのツーマンライブがあるという(利佳さんも来る。いや麻美さんも台湾入りしているので、二人とも凱旋帰国と言うことに)。
時間が昼からなので、この春先から仕事場が変わる身としては先が読めずに今日はチケットを買わなかったが、きっちり調整して是非見に行きたい。
そして今回見つけられず作れなかったパーラービーズをぜひに。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2013/03/24 01:06 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
筆、まったく進まず
3/10(日) 晴れ(27度から4時間後には11度へ)

南風から北風に変わって、まさかそんなに下がらないだろうと思っていた気温が急降下。
tenki.jpによれば昼12時の気温が27度で、15時には17度。18時で11度。なんと21時で6度!一日の気温落差が20度を超えている。
おまけにまだ暑かった午後2時ごろには東京の空が黄色に染まり、すわ黄砂かと思ったら、どうやら強風による「煙霧」という聞き慣れない気象現象。
ようは風が強すぎて関東地方の土埃が舞った状態で、黄砂ではないとのこと。
コンクリートジャングルでここまでの土埃というのがにわかに信じがたいが、プロが言うんだからそうなんだろう。
関連記事で「練馬区の最高気温28.8度」とか書かれてるのを見つけてしまった。
たしかに日中は室内にこもりきりだったけど温かいを通り越し暑いだったけど、まさかの夏日だったとは(25度超えると夏日判定)。

とにかく風が強くて、窓を開けられないからレジン抜きは延期。
ちょうど一ヶ月後に迫った小説公募の短編を書き始める。
ベースとなるのは、てっきり昨年かと思っていた一昨年のシネマプロットに応募したもの。
昨年まったく文章ネタを書いていなかった事実に驚愕。
そしてそれは二時間経っても最初の1ページが書き終わらない遅筆っぷりが物語る。
もうここずっと読み手で、文章はテキスト(教科書という意)とか日記に書き散らす程度。
感情や感想を書き散らすことで文書に触れているつもりでいたが、まったく役に立ってないなと痛感。

展開が決まっているベースがあるのにかように筆が進まないのは、シナリオ前提で書いてあったためで、心理描写よりも行動描写(含む台詞回し)主体だったからではないか、と。
ト書き部分に心理描写を書いてはならない。
なぜならそこは役者がその状況を鑑みて芝居するものであるからと、シナリオ読本(むろん映像系の)に書いてあり、ようは映像系シナリオの基礎中の基礎。
「XX(名前)はおなかが空いたと思った」をト書きで書くのはだめで、なぜなら「~と思った」というのは芝居で見せるのは非常に困難であるかららしい。
※この場合「XX(名前)は腹が空いていた」でいい。

これがテキストの表示されるゲーム系となるとまた体裁が変わってくるからやっかいで、僕はそっちの勉強はしていない(もっとも仕事で一本書いたけど会社傾いて(結果つぶれたけど)ペンディングの憂き目に)が、思うに地の文が主体となる小説とセリフ主体になるシナリオのいいとこ取りすればいいのでは?と推測している。

夢に見るほど(夢の中ではレポート期日が当日中で、しかも20枚書き上げなければならなかった)気持ちに焦りがあるのに、結果二時間以上かかって2ページがやっと。導入部分のみ。
以前懐かしの「デジタリアンズ」を書いた際も、なかなか筆が進まずに難儀したが、思い切って書けるところから進めていった方がよさそうだ。
〆切りは待ってくれないもの。

あまりに書けないので気分転換もかねて三月に野方から練馬に移転した「ひなさく堂」に、郵便局へ抜き屋の原型発送(小さいハコに入れたのに大阪なので700円かかってしまう。レターパック使えば500円で済んだことに出してから気付いた)がてら足をのばしたのだけど、その行き帰りあまりに強い北風で帽子持参しなかったことをひたすら後悔していた。
花粉避けのサングラスも日が沈むと視界がきわめて悪くなるので使えず、結果頭はキンキンに冷え鼻水が止まらない状態での帰宅となってしまった。
唯一の救いは店じまい時間ギリギリ超過でお店に到着したもののしっかりブツは購入できて、店主さんともお話ができたことくらいか。

全身に北風と花粉と環七の排ガスを存分に浴びたせいか、頭がまるで熱を帯びたようにぼーっとする始末。しかたないのでWBCをずっと見ていて、桑田の解説のおもしろさに気付いたので、まぁよしとしようか。
【2013/03/10 23:12 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |