スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
クロニクル
9/27(金) 晴れ(23度。さわやかな晴れ)

たまたま見た朝のワイドショーの下卑たタレントが客寄せパンダ的に映画が紹介していて、タイトルからどうせ美形吸血鬼のラブロマンス系だろうと予測。
ただなにげなく映し出された超能力場面がそれとなく気になり、まったく期待せずyoutubeで予告を見てみたら、これがなんとも生々しい空気感。
いわゆる投稿動画のていで、やけにリアル。
いや、描写がではなく、その空気感が。

首都圏のみしかも二週間限定公開。
さらには新宿シネマカリテなら、期間中いつでも1kで見られるという大盤振る舞い。
公開初日が待ち遠しく、矢も楯もたまらず初回の10時にさっそく見に行った。
いくら公開初日初回とはいえ、平日金曜日それも午前中である。
客の入りは90席のハコの半分以下。
そこまでの話題性はないし、これはしかたない。
でも見た人からの口コミで今後広がっていくかもしれない。
残念ながらパンフのたぐいは無し。チラシを一枚だけもらって帰ってきた。

ぱっとしない高校生の主人公のアンドリュー。
いじめられっ子なのは、その家庭の境遇から内向的になってしまったがゆえか。
そんな彼がいとこと学校の人気者の黒人とともに、あるきっかけで超能力を持ってしまう。

ことさらに弱者がチカラを持ったことにより暴走していくのは、いかにも王道展開。
ただそこに「力を持ったことで一人うじうじと悩む」という日本的なアプローチがない分、見ていていらつくことがない。

きわめてライト感覚でいたずら目的に超能力(主にサイコキネシス)を使って、それをカメラでおさめているのが、妙にリアル。
予告でもふんだんに使われていて完全なネタバレ(何も知らずに見たら驚くけど予告で繰り返し見たら見慣れてしまうという意味)なんだけど、それ以上の見せ場があるので新人監督、無名な役者の映画紹介のつかみとしては正しい判断。
それに予告で見える超能力発揮シーンは、わりと一部にすぎないし。

POV映画のため誰かが常にカメラを回している必然性があり、それがいたずら目的までならいいのだけど、どうしても後半の山場になるとそれが困難になってくるのがちょっと残念なところ。
特に最大の見せ場で主人公といとこの表情をカットバックで切り替えて見せるのは、それまでのリアルな空気感がなくなってしまい台無し感は否めない。
完成した作品に対して素人が「僕だったら」的な言い方はイタイのだけど、あの場面は誰かのカメラで思いっきりズームして、二人の表情を追わずにジェスチャーで伝えてもよかったのでは?と。

むしろ気になったのはそこだけで、あとは83分の比較的短めのランニングタイムも手伝って、ぐいぐいと引き込まれる内容に大満足だった。

超能力という題材ゆえAKIRAや童夢の影響は多々あり、「パシフィック・リム」に続いて二本のお家芸をここまでリアルに描かれてしまうと、なんだかやるせない。

ただ特筆すべきは「超能力バトル」にしなかった点だろう。
「スキャナーズ」に代表される(AKIRAでもその描写アリ)頭が爆発するような見せ方もなく、そういった意味でも非常のリアルな見せ方だったと思う。
力使って頭ポーンは正直見飽きたもの。

あとは空中浮遊のポーズ。
たいがいは背筋を伸ばしてすくっと姿勢良く立ちつくす感じに描くのに、本作では非常に不安定なポーズ。無重力空間でふわふわ浮いているような、そんな印象。

王道展開の中、そんなちょっとした描き方が妙に新鮮で、実によかった。

まったく関係ないけど、シネコンではない単館系ゆえ事前の予告編で流れた映画が、すべてもおもしろそうだったなあ。
「天使の処刑人」は今月の映画秘宝で紹介されてたけど、予告でぐっとつかまれた。銃の射撃音が「パン。パン。パン」とやけに軽いのも印象に残った。

http://www.youtube.com/watch?v=StX8ww4AmtI
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/09/27 15:10 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
アネモネ誕生日イベントinマチガイネッサンドウィッチズ
9/18(水)晴れ(28度)

ついおとといの月曜日、同じ秋葉原のTシャツショップはカーナビに住所入れておいたにもかかわらず(もちろん近くの駐車場で止めて徒歩で探したけど)、20分近くさまよう結果になるほど、最近目的の場所にすんなり着いたためしがない。
もっともひどいのは渋谷のライブハウスを別のと勘違いして、まったく別方向に歩いていってしまったとか。
ガラケーユーザーゆえ地図とかないし、住所の番地を頼りにと言う20数年前の郵便屋アルバイトのノウハウ(ブロックごとの数字の並びに法則性があること)で探すも、そもそも商業エリアだと住所表示がない! ゆえに迷うと。

そんなわけで、高円寺で予約していたケーキを受け取り(なぜか「名前 誕生日おめでとう」ではなく「誕生日おめでとう 名前」という英語直訳みたいな書き方でびっくり)、ちょっと早めに着くようにでかける。
しかし18時を過ぎて、すっかり暗くなった秋葉原には昼間の顔とはまた違った夜の顔があるようで。
なんというかメイドが、そこここに立って客引きしてる。
さいわいというかあいにくというべきか、まったく声をかけられず、目的の場所も迷うことなく着いてしまう。
なんと40分前着!
ビルをエレベーターで7階まで上がり、非常階段でさらにひとつ上の階へ。
堅牢な鉄の扉が閉まっていて、営業しているのかわからない。
ドアノブに手をかけるも回らないし、さらにもう一つ上の階まで上がってみる。
というか、屋上に出てしまった。
さすがに店舗の影も形もないので、再度降りてドアを引いてみると今度は開いた。
ただ店主さんとおぼしき方に(店内に客も数人見えた)「19時からなんですいません」的に言われ、すごすごと階下へ。

さて困った。
あのメイド地帯に行くのは嫌だし、さりとてゲーセンで暇つぶして不用意に出費もしたくない。
しかたないので駅とは逆方向に歩いていくと、先日のTシャツ屋の場所に出た。
なんだ、近かったんだ。

一回りして戻っても10分程度の消費。まだ30分ある。
ビルの前でぼんやりと待つことにする。
これがすこぶる苦痛。
ケータイをいじるわけでも無し、思いっきりメイドカフェ系の店が入った雑居ビルの前で立っているというのは、なんというか出待ち、入待ちにしか見えない。

とりあえず五分前になるまで待って、再び上がっていくと店主さんが「開始10分遅れになる」とのこと。
もはや下に戻るのもあれなんで、階段で座って待つことに。

店に入れたのは19時15分くらいか。
まだ来ていない主賓のアニモさん抜きでとりあえずビールで乾杯という、完全にオフ会のノリ(実はオフ会はいったことが数回しかない)。
そうこうしているうちにご本人到着が30分過ぎだったか。

閉店が23時だったのでだいたい4時間近く、ちょうどタイムリーな話題から聞きたかったあの話、生歌になんと誕生会なのにおみやげ付きという、大満足な会だった。

僕はアルコールが入るとストッパーが効かなくなり(本人的には「場を盛り上げるための合いの手」という認識。しかし端から見たら迷惑千万な行為…かもしれない。いや、たぶんそう)、無駄にテンションが高くて、いらん一言も多かったんだろうなあと帰り道に猛省する口。

ただマチガイネッのホットドッグがお世辞抜きでめっぽううまく(チリソースのかかった辛めのものをチョイス)、これがまたビールに合うモンだから、ついつい。
2013_9_18_0.jpg

もちろんアニモさん特製「野菜たっぷりキーマカレー(ルーは使わず香辛料から作るという本格派」も絶品で、どうひいき目に見てもプロ仕様の味だった。
2013_9_18_1.jpg


それにしてもアニモさんの記憶力は尋常じゃない。
新卒時にナムコを受けた際の人事の日野さんを彷彿とさせる。
なんであそこまで個人データを覚えていられるのだろう。
僕なんざ、職業柄覚えなきゃいけないのに、全然ダメ。
なにかコツがあるんだろうか?
ある意味、採用担当の人事とか天職なのかもしれない(特に大手でものすごい数を相手にするような)。
ファンにとっては個別認識してもらえるのは何よりうれしいし、しかも今回単純にファンの集いだけでなく、多方面での交友関係から参加した方々もいて、とても興味深い話が色々聞けたのも良かった部分。
アネモネになる前から応援しているとか、さらにそれ以前とか、人柄的につながっていたい人間味ゆえなんだろうなあと。
しかも皆がっついてないし。いや、間違いなくもっともがっついてたのは僕です、はい…。
カレーを持って写真を撮らせてもらったり、おみやげのCDRにサインいただいたり。極めつけは名前シールか…。あれは、半ば無理矢理はるさめさんに譲ってもらったけど。

アニモユニットの話も小出しのヒントながら聞けたのはよかったけど、アニモさんメインじゃないというのが意外だった。
blue chee'sもそうだし「オレが、オレが」「わたしが、わたしが」ではないのか。
メインじゃないと聞いて、正直ちょっとガッカリしつつ、本人がそういうラインで行きたいというなら、我々は応援するほかあるまい。

最終的にはお店の椅子が足りなくなるほど人が集まり、20人は超えていたように思う。
生々しい話、これだけの人数いればライブハウスの最前列は固められるし、平日ゆえに参加を見送らざるを得なかった方や遠方のファンもいるだろう。
女性皆無なのが今後の課題だとは思うけど、あの人柄にふれたらよほどのひねくれ者じゃない限り、支持してくれると思うし。

気付けばあっという間に時間が経ってしまい、ライブとはまた違った楽しさがあった。
ステージとフロア、物販スペースの向こうとこっちという隔たりがないだけでなく、ファン同士の横のつながりを持ってほしいという願いが込められているのがまたありがたい。

ちなみに、今回こそは写真失敗しないぞと意気込んだものの、デジカメ忘れる始末。
ガラケーで撮ったものの、うまかったご飯ものはよかったのに、主賓が一枚は逆光で顔が暗く、もう一枚はイメージビデオのようにガウスぼかしバリバリで(ようはピンぼけ)、今回またしてもダメ…。
2013_9_18_2.jpg
やはり記録にとどめるより、記憶にとどめる派のようで。
【2013/09/19 20:11 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドールショウ38
9/1(日) 晴れ(36度)

一時は台風の影響を心配されたが、逆にこの三日ほどの酷暑再びに見舞われた夏のドールショウ。

ここの運営、なにがすばらしいかというと、外で並んでいる人たち(来場者)の状況を鑑みて、先行入場の時間を早めたこと。
書類不備でガンガン落とされる等厳しい側面も言われるけど、こういった来場者に対してフレキシブルな対応ができるのは拍手もの。
また一定時間、各階の往来を禁じているのも、地味にすごいことだし。
今回はさすがに酷暑のためか、最初の来場者数がそれほどでもなかったようで、普段は12時に規制解除になるのが11時半には往来が認められていた(ちなみに開始は11時)。
だからといって、全体の来場者数が少なく閑古鳥というわけではなく、間断なく人の流れはあったので、普段通りなのではなかろうか。

実は今回、防災の日とかぶっていて、運営サイドも道中の渋滞を懸念材料にして事前アナウンスをツイッターなどでしていたけど、実際にそれにまさか地元の一番近いところでぶつかるとは予想もしなかった。
たしかに環七より内側外側で防衛ラインが引かれる仕組みのまさにその周辺地域なので、訓練にはちょうどいいのだろう。
信号がまったく当てにならず、警察官の誘導で環七へと合流するため、普段の渋滞など目じゃないほど滞りっぷり。
日曜の朝なんてスッと出てさっと着くのが定番だったため、こののっけからの躓きは最後まで解消できず。

あまつさえ以前から利用していた大門の駐車場が廃止されていてびっくり。
終日2400円で止められるので重宝していたのに(結局隣のホテルの2900円に止めた)。
浜松町の線路沿いにあった駐車場の年明けに利用しようとしたら廃止されてたし、浜松町周辺で大型駐車場施設を相次いでつぶしているのには、どんな理由があるのだろう?

そんな出だしの躓きも、なんとか開場時間までに展示物を並び終えることが出来たので、とりあえず一安心。
13_9_dollshow_1.jpg
ブース全景。
13_9_dollshow_2.jpg
最後の在庫となった特殊部隊のボディを使ったオニオオハシとハシビロコウ。
13_9_dollshow_3.jpg
バジェット軍団。
13_9_dollshow_4.jpg
そして怪しい動物ヘッドたち。

会場は空調がもちろん聞いているのだけど、やはり人いきれで暑い(と言ってももちろん耐えられないほどじゃなく)。
今回でなにげにドールショウが五回目となるので、だいぶ顔なじみな方も増えてきた。
デザフェスとはまた違った楽しみで、作品についてあれこれとお話しできるのが楽しい。

今回は前回、まったくダメだったバジェット軍団の展示方法を、五月のデザフェス二日目のように高い位置に並べることで、少しでも人目につくように工夫してみたところ、メカのカラー版が目立つこともあってか、興味を持ってくれる人がポツポツいて、とてもうれしい。
ほとんどの方はバジェットフロッグ(和名マルメタピオカガエル)の存在を知らず、オリジナルのカエルのゆるキャラと認識されているようで。
たしかに茶色だし、アマガエルやヒキガエルとはまったく違ったアウトラインであるし、ペットショップに行かない限り、このカエルの存在を知るすべもない。そもそも生息地がパラグアイやアルゼンチンという地球のちょうど反対に位置する場所だし。
もっともメカバジェットは純粋にゆるキャラ的な作りなので、それはそれでいいかなと。
一番のお気に入りで、売れなかったら取っておこうと思った、赤いマーク2(マイナス目)が、いつもデザフェスでお世話になっているモンスターファクトリーのまゆこさんに引き取られていってしまい、「あぁ、あの中からマイナス目の赤を選ぶとは、センスがかぶっているのか」とちょっと光栄に思ったり。

今回の唯一の収穫物は、そのまゆこさん制作のウサギさん。
http://structureofclay.blog51.fc2.com/blog-entry-1349.html
なんと全身フル稼働のいわゆる自作球体関節人形に、頭がウサギ(と言ってもリアル系ではなくカリカチュアされたデザインライン)で、先だってのデザフェスで試作版を拝見し、これはスゴイ!と。
つけられた値段はそれなりなのだけど、特注のハコ(これは実は飾りソファになるというスグレモノ)にドレス衣装などフルセット込みで、制作の手間暇考えたらいったい時給はおいくらなの?と思えるほどのお得感。
写メがないと説得力がないけど、本当にすばらしいデキ。
なにげに買ってから自ブースに並べて展示していたけど、圧倒的すぎる。

閉会近くになって、海外メディアの方がなぜかうちのブースを動画撮影していってくださって、なにげにその真ん中にくだんのウサギさんが混じっていたので、作風全然違う上、当然の如くクオリティの差が歴然なので、どんな風に映ったのだろう?

今回、夏場と言うこともあり、レジンの複製が鬼門の時期。数を用意できなかったこともあり、地味すぎて本物のかわいさが出てないなあと危惧していたカピバラさえも全部引き取られて、帰りはずいぶんと荷物が軽くなりました。

しばらくは造形は一段落して…なんて思っているものの、たぶん今が一番「作れる状態(テンション的に)」なので、作りかけを完成させてしまうのがいいかもしれない。

確実にゆがむ悪癖ゆえ、左右対称で作れない宿命を背負っているものの、ドールアイが仕込める頭や球体関節人形はチャレンジしたいなあ。
【2013/09/02 00:55 】 | デザフェス用 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。