使わなかったチケット
3/29(土曜) 晴れ(23.3度)

アイドルやアーティストに疑似恋愛して、それをこじらせて応援するのを止めるというのは昔っから僕にはなくて、むしろ音楽性が変わってついて行けなくなる(もしくはその人の積み重ねていた部分とは異なる…ような気がするだけなんですが)と、とたんに冷めてしまう傾向が強い。

最初は聖飢魔Ⅱだった。ルーク加入後しばらくしておしゃれロックに方針転換し「殺せ」とか「奪え」など、本来聖飢魔Ⅱが持っていた悪魔的な歌詞が失われ、ファンクラブにも入ってミサ(コンサート)にも足繁く通っていたのに一気に冷めた。

次が森高。もう何度も書いているけど斉藤英夫さんの打ち込み楽曲が好きだったというのもあるが、森高の奏でるドラム音がどうにもこうにも軽すぎてCDとしての完成度が下がったように感じ、やはり聞かなくなった。
逆に20年経っても森高ランドの出色のデキは今聞いてもまったく遜色ないし、むしろ「この路線で行ってくれてたら」と違った未来を想像してしまう。

聖飢魔Ⅱは作詞、森高は音。それ以外にも一度興味を持つと全部集めたくなって一気に傾倒、その後方向性が変わってイヤなるのがほとんどだから、解散や活動中止まで聞き続けるということがほとんどない。

音楽を作る側の人間だって当たり前のように成長し、自分たちはよかれと思って進化していくので、それは下世話なことを言えば「髪型や服装が替わって『そんなのおまえらしくない!』と女性に対して自分の好みを押しつけている」のと同じようなもので、昔好きだった「あの人の面影」イコール「聞き始めてハマった楽曲」に固執し続けているだけなのだろう。

だって本当にそのアイドルなりアーティストなりが好きなら、その変化すら楽しむべきであり、それで「おまえは昔と変わってしまった。もう聞かない」というのは単純に変化について行けないだけとも言える。

見かけの容姿ほど音楽性というのは単純ではないと思うが、僕はその音楽性(絶対音感とかは皆無だけど、音源として聴いていて気持ちの良いバランスもすごく重視している。だから音の軽くなった森高は聴かなくなった)に入れ込んで聴く傾向が強いので、歌い手、バンドのパーソナリティは正直どうでもいい。
いや、おもしろいMCがあればそれはそれで楽しいけど、でもファンとして支持しているのは楽曲であり音源。

今月、すでに購入済みチケットの二枚目を使わなかった。
結局行ったのはこの間の日曜の電マニだけ。
買って使わなかったチケットよりも安い上、お土産まで付いているさーびす旺盛っぷり。
他のものと比べるのはどうかと思うが、来たからには音楽以上に楽しませようという気骨がそこにあるように感じる。

しかも10年続けているとか。

今の僕は10年間ぶれない音楽性を打ち出しているプラムソニックが一推しで大ファンなのだけど、やはりそこは筋の通った10年という重みがあるからこそ惹かれたように思う。

本職が別にあってサークル活動的に音楽をやるのも、またひとつの手だと思う。
高校の同級生の完全素人おっさんバンドは、その演奏の楽しさからオリジナル曲で全く聴いたことがなかったのに、楽しさ伝わった。
そのときに聞いたのは「楽曲そろえるのに半年、ライブ前一ヶ月練習した」だったかな。
サラリーマンで四十路も半ば越えた連中がおそらく休日つぶして練習に励んだんだろう。

そんなのを先週見てしまったから、本来今日行くはずだったチケットを持っているライブが、事前のツイートもほぼなし、リハは前日のみとか目にしてしまうと「あなたたちの生活基盤に口を出すつもりはないが、半年以上ファンを待たせてリハ時間とれないからアコースティックとトークショーでいいよね?」と言われて「はい、よろこんで!」と素直に喜ぶのはそれこそ生粋のファンだけ。

僕は表現者として台所事情を知ってもらった上で「まぁしかたないよね」とファンに事情を共有させるのは、平成の東宝ゴジラ映画のようで吐き気がするほど気に入らない。
「だってハリウッドみたいな予算はないし、着ぐるみ使わなきゃならないし」としがらみがんじがらめなのはファンとしても周知の事実。だがそれで作品が面白ければいいがちっとも面白くない。わずかに期待して見に行って、毎回裏切られることを繰り返し続けた。
ゴジラよりも予算の少ない平成ガメラの「無いなりに見せ方で勝負じゃ!」と、たしかに画面の見れば予算が少ないのは感じ取れても、時々はっと息をのむようなショットがあり、シチュエーションがあり、ドラマがあった。

客を呼ぶのならば、台所事情なんて関係ない。
メンバーが外国在住なんでリハする時間がありませんなんてのは、それなりの値段でチケット買わせる音楽やってる人として、とうてい許せるもんじゃ無い。
半年以上なんのファンへの活動アピールも無く、七ヶ月ぶりのワンマンがバンドじゃなくてアコースティックとトークショーってなめてるにもほどがある。
往年のアイドルの顔を見たい生粋のファンには会うだけでも大喜びだろうが、僕は顔を見に行くんじゃ無い。親戚じゃ無いんだから。

音楽を聴きたいんだよ。バンド演奏が聞きたいんだよ。幕間のコーラス隊を聞きたいんだよ。

だから僕はもうあのバンドを応援しない。
ファンがひとり減るだけ。
【2014/03/29 21:52 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
電脳マニアックス 0074
3/16(日曜)

先着30名の特典CDはほしいが、お目当てのプラムソニックの出番は20時。
開演17時なので3時間待つのはさすがにつらい…。
というわけで、前回より少しだけ早めの19時ちょい前に会場入り。

当たり前だが盛り上がっている。
まだ二回目なのでアウェーなんだけど、前回見かけた人がちらほら。
常連なのね、きっと。

今回のメインはもちろんプラムソニックのライブなのだけど、もう一つ大きな目的があって、それがrubyというバンドのキーボードが実はかつての同僚だったとわかり(それも10年ぶり)、これはちゃんと見なきゃと。
実はruby自体は昨年末の高円寺highにて見ていて、さらに前回の電マニでその本人の別バンドでも活動も見ている。
ようは二回も見ているのに気づかなかったというわけ。
だって金髪サングラスじゃわかりませんよ…。
ニックネームがたしかに本名もじりだし、MCで声も聞いてるのにね。わからんもんです。

で、会場入りした時にステージにいたのが「エコ怪獣」。
なんかエフェクトかけたボーカルの女の子とダンス隊のような二人の女子、いやもっとも目立っているのが白塗りの男性。ちょっとカマっぽいしゃべりと挙動が面白い。
なんかえらく盛り上がっていて、僕はハイボール片手に静観。
いや、地蔵です…。
でもイヤな感じは全然しなくて楽しそうだなあと。

そういやたばこの煙が気にならないなあと思ってたが、演奏終わって幕間のDJタイムになると、そこここで紫煙がゆれる。
慌ててマスク着用。
煙は苦手です、はい。
冬場は口を開けて寝てて扁桃腺をやられて風邪直行なので、最近はマスクをして寝るようにするくらいで。

次に出てきたのが「ドリルパープル」。
前回到着したときにやっていたユニット。
そのときはヲタ芸がすごくて、一瞬入る会場間違えたか?と思った。
今回も同じ感じではあるのだけど、地下アイドルのヲタ芸と違って、歌声に完全にかぶせて聞こえなくさせるタイプではなく、基本間奏やちょっとした歌の間に挟み込んでくる。
ゆえに僕のような「歌を聴きに行く人」にとって、とてもありがたい。
ようは棲み分けが出来ている感じ。

でもまぁ楽しそうであるよ。
あの円の中にはきっと入っていけないシャイガイなんだけど、なんでしょうね、楽しそうです、ホント。

曲調は90年代バブルな頃の小室、朝倉系な気がした。歌謡テクノかな。
ボーカルとキーボードというスタイルはプラムソニックと同じなのだけど、曲調が全く違うし、ボーカルの声質も違うからかぶっている印象はない。
なんとなくカーステレオで流しながらドライブすると気持ちよいかも。
今回は買えなかったが、次回はCDを買ってみようと思う。わりと好きな感じ。

で、プラムソニックの登壇。
しかしなんといつも華麗な鍵盤裁きでCD音源とは異なる印象を与えてくれるY.Kさんが、まさかの音程外し。
いや、どうやら機材トラブルっぽい。
そんなアクシデントにもまったく動じず普段通りに歌い上げる結羽さんのプロ魂。
見事である。
一曲終わるまでになんとかキーボードを再調整出来たようで、二曲目からはいつも通り。
ただマイクの音声の返りが小さいようで、PAに音を大きくと結羽さんから業務連絡あったりと、なかなかアクシデンタルなライブとなった。

オーディエンスはおのおの好き勝手に身体を揺らせて音に乗っている感じ。
僕はこれが好き。
でも拳を振り上げる場面があり、20年前ならハードロック系で二時間腕振っていて翌日筋肉痛も辞さない若さがあったが、もうさすがに無理。一曲で右手が挙がらなくなってしまった(情けない)。なので以降は左手を使ってました。

やっぱり楽しいです。
最後の曲は次の新譜に収録されるという。でもたしか高円寺で聞いた気がする。「僕はマボロシ」だったかな、タイトルは。

とってもご満悦で、前回と同じ流れならこのまま物販でCDを買ってサインをいただいて、興奮冷めやらぬまま帰路なのだけど、まだもうひとつの本命が出てきていない。

そうrubyである。
会場内を探したけど、当の本人は見つけられずだったので、ステージの上と下での再会となる。
たしか高円寺ではステージ左手が立ち位置だったので、さすがに目の前は気まずいだろうと今日は右手で待機(プラムソニックの時から)。
そしたらなんと目の前じゃないですか!
登場した瞬間に目が合ってしまい、ものすごくばつが悪い。
知り合い目の前じゃやりづらいんじゃないかなと思いつつも、ここで場所を移動するのもおかしいから、そのまま聞くことに。
高円寺highでもそうだったけど、けっこう音がかっこいい。
残念ながらボーカルのボリュームがとにかく小さいため、ほとんど歌詞が聞き取れないのが本当にもったいない。
よっぴの演奏するキーボードも、どちらかというとギターとドラムに圧されていて、鍵盤裁きはすごいのに音が今ひとつ通ってこない。
PAとの調整がうまくいってないのかな。
ただ演奏はパワフルで、曲調もどことなくゲームミュージックぽくてすごく気に入った。
知り合いのよしみということ抜きにしてもかっこよくて、当然CDを買いました。
チェキではなくむりやりサイン入れてもらったけど^^

よっぴの待ちで、ちょうど結羽さんのDJが始まる。
いやあ、ステージ上ではなんとも艶っぽくてかっこいいんだけど、DJブースでは機材に完全集中でものすごく一生懸命さが伝わってくる。
なんかエンジニアみたい。

「金色」という和風の、それも僕と同じスキンヘッド(しかも体格いいし)のギターとボーカルのユニットが演奏しはじめた頃によっぴが現れたので、箱の外でしばし談笑。
もう10年経つのかと感慨深い。
なんでもrubyの今回のアルバムはほとんどよっぴ作だという。
ちょっとゲームミュージックぽいよねと感想を言うと、ご明察との答え。
そういうのを狙っていたらしい。

まさかこういう形で再会するとは思わなかったとお互いが感じるところだけど、電マニは楽しいので是非次回もまた呼ばれたらよろしく!ということに。

それぞれ見えない苦労は多々あるだろう。
でもステージ上ではそんな裏事情なんでみじんも出さず、ただただ客を魅了するパフォーマンスを見せる。
インディーズだろうがプロだろうが、それがステージに立つ資格だとあらためて思う。
そういった意味で電マニはみんな素敵だった。
ステージ降りたら、今度はオーディエンスになって盛り上げてるし。
禁煙のライブハウスだったら、これほど最高な場所はないのになあ…。それだけが残念。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2014/03/17 22:27 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |