デザフェス39始末記
5/17、18(土曜、日曜) ともに晴れ(25度越え夏日)

寝坊で出発が一時間遅れ、且つ渋滞に阻まれ会場に着いたのが10時半過ぎ。
すでに4階(上の階)の駐車場は満杯。
搬入物を下ろして、いつもの下の駐車場に止めてくださいという指示。
ギリギリに来たのももちろんダメだけど、これ一日のみだったら終了時に4階から下の駐車場まで搬入物(机とか諸々)を運び出さなきゃいけないのか? いくら何でもそれはひどくないかい。

当然、僕は荷を下ろしてからいつもの駐車場から会場入り。
知り合いの多くがいるEブースに、時間も無いのに挨拶しに行く。
おそらく会期中に降りてくるのはままならないので、狙っていたモンスターファクトリーさんはまゆこ師匠の垂れ耳ウサギ(ブルーパープルグラデ仕様)を万券振りかざして売約済みに。
反則に聞こえるだろうが、その実前回のドールショウ終了時から紫シャドーの垂れ耳は押さえさせてもらってあったので、その会場前にたまたま通りかかったから代金を払っただけ。別にディーラーダッシュじゃ無いことを明文化しておく!

設営しはじめたのが開場11時のアナウンスのちょい前。完全に設営が終わったのが12時20分くらいだったか。
その間、並べている後ろや横をガンガン来場者が通っていく。
当たり前だが気にしていられない。
おかげで設営した瞬間のブース写真が撮ること出来ず(バジェット一体売れてからやっと撮ったけど、人の往来が多すぎて離れて撮れないので分割撮り)。

ガマ親分、バジェ親分おまけに用意した雨蛙嫁は、なんと全員ガマ親分とともに旅立っていった。

あとはバジェットのノーマル、ドールショウに行けなくて偶然うちの前を通りかかったというケースなど、主にドールものの方々がヘッドを買っていってくれる。

今回、一番の収穫はブラジルの方がオニオオハシ特殊部隊を買ってくれたこと。
Twitterで興奮のあまりつぶやいたが、なんでもブラジルの警察の部隊マークにオオハシが使われているそうで、警察の強化パーティーなどでこのアクションフィギュアはとてもウケると。
よいポリティカルジョークになると喜んでいた。
今回のデザインフェスタで、このアイテムに会えたのがもっともうれしいとも言ってくださって、恐縮しきり。
とても日本語の達者な方でラテン系のひげがとても似合う紳士だった。
僕は握手する習慣はないけど、思わずうれしくて向こう風の感謝の意だろうと思い、別れ際に握手してもらった。

自分の買い物で目的のブツが手に入った以外では、これが僕も一番うれしい場面だった。

今週はずっと体調不良で、つい数日前まで熱が下がらず、体力的にもオールスタンディングなデザフェスはもつだろうかと不安はあったが、ふたを開ければ体調不良で体重がいくらか減って、そのおかげで足にかかる負担が軽くなり、いつもは足が棒のようになるのに全く痛くない。

あとはドールものの方々に口々に言われたのはドールショウと同じく「カエルは今回無いんですか?」だった。
前回も買えなかったと言われると、なんとも心苦しい。
せっかく拙作に興味を持ってくれているのに。

というわけで次回の九月用にドールアイ(キャッツアイ)を仕込むタイプでカエルを試作中である旨を説明。
バジェットではダメで、ポピュラーなタイプ(雨蛙やヒキガエル。いわゆる緑やガマがご所望)がいいらしい。
バジェット大好きな自分は、やはり世間とは少しずれている。

またハシビロコウ特殊部隊の最後のひとりが二年の時を経て、ついに旅立った。
一期一会と言って、彼女(奥さん)連れの男性がエイヤ!と買ってくださったのだが、のちのち相方さんと「あんんであんな高いの買ったの!」とトラブルにならないだろうかと心配だったり(よけいなお世話。でも実際高校時代のダチがヲタ趣味を認めてくれて結婚したはずが、奥さん豹変で全部破棄命令が下されて大問題という、まったく笑えない事例がつい最近あったもので。価値観のある程度の共有、そして他者の価値観への不可侵域は円満な夫婦生活には必要ですよ)。

しかしそれにはちょっとした後日談があり、ずいぶん以前からハシビロコウに注視しつつも学生さんにとって「7000円」というのはけっこう大きな額。ゆえに割安感のあるバジェットをブースに来るたびにいくつか買ってくれていた背の高いメガネの好青年が、今回も来てくれたのだけど…。
その表情がいささかしょんぼりしている。
というのも、この春就職し、よしついにアレを買おう!と来てみたら、ブースにいない!と。
まさかと思い聞いてみると、昼過ぎに旅立ったあとというすれ違い。

名前は知らないけど、かれこれ二年以上前から彼とはよく話をさせてもらっているし(若いのに昭和のゴジラとかも詳しいし、映画の話もよく合うから、とても楽しい)事情を知っていればぜひ彼に連れて行ってもらいたかっただけに、僕自身も残念でならず。

1/6の方のハシビロコウはアンダーゲートの型ではないため、うまく注型できず失敗することが少なくなく出来ればもう量産はしないつもりだったが、やはり彼のために作ろうと思う。

うれしいじゃないですか。
何年越しに気になっていて、いつ行ってもいて、で、ようやく買えるようになって来てみたら、なぜか無くなっている。
僕にも幾度となく経験がある。

結局、今日はこれほどわかりやすい記号をちりばめているのに、意外なほどに知らない人が多かったヒットガール風人形を肴に、映画の話からこの夏いよいよ公開される二度目のハリウッドゴジラ話、ゴジラつながりで怪獣の話などなど30分ほどお話させてもらった。

次回会ったら、デザフェス用名刺ではなく、普段使っている名刺を渡して、お名前を聞こう。
親子ほど歳離れているけど、妙にシンパシーを感じるんだ。

ここまではよいこと。
続きを読む
【2014/05/19 01:05 】 | デザフェス用 | コメント(0) | トラックバック(0) |
テルマエ・ロマエ2
5/6(水曜) 曇り(17.2度)

連休最後の日。
繰り返し流されるコラボCMと、どうしても大がかりすぎてあまり面白そうに感じない予告編から

レイトショーの「テルマエ・ロマエ2」を見に行く。
というのも日中はほぼ席が埋まっていて難しかったからというのが本音。

実際、上映開始が21時45分で終了がほぼ0時。
明日からお仕事という人たちにとっては、いくらレイトショーで安くなるとは言え、この時間は選ばないだろう。
それなのにスクリーンは日中よりも100席くらい多い大きいハコ。
案の定ガラガラだった。

冒頭、コロッセオの全景から満員の観衆なめ、グラディエーターという描写。
300みたいに手足吹き飛ぶわけでもなく、迫力はイマイチ。
いや、テルマエに手足もげる描写を期待する方がおかしいし。
それにしてもこのグラディエーター役の人、ものすごく体格が良い。
誰だろう?

※結局、役者がわからずじまい。ただエンドロールで曙の文字あり。実はグラディエーターは曙その人だった!

正直、最初のくだりはいかにも「前作があたったのでスケール大きくしました」的なアプローチで、こういったたぐいは風呂敷広げすぎてたためずに破綻しつまらなくなるのがオチ。
予告編でも繰り返し流されるコロッセオ全景、グラディエーター、馬上のかっこいいケイオニウス等、どれをとっても前作にあった特有のゆるさが感じられず、一方では原作には無い相撲取りやウォータースライダーなどの狙った描写も今ひとつピンとこない。

そんな懐疑的な気持ちでの鑑賞ゆえ、冒頭のシークエンスにイヤな予感しまくり。

ところがどうだ
いざルシウスが日本にやってくると、あいかわらずどいつもこいつもいい人だらけの人情活劇。
予告ではピンとこなかった相撲取りたちも一つのシーンとして描かれると、これはこれでおもしろい。
そう、前作にあった妙なゆるさがそこにはキチンと描かれていた。

そこからは前作と同じ展開。
ネタに困ると平たい顔族の世界にやってきてカルチャーショックを受ける。
これの繰り返し。

ただ違う点は、前作で古代ローマに行った連中がちゃんとルシウスを知っていて、しかも涙を流すと元の世界に戻ってしまうことを共通認識として持っている点。
原作には無い要素だけど、僕はこの設定は何の前触れも無く戻ってしまうよりもよいと思っている。

気になった点もなかったわけではない。
というのもパロディのネタ元が四十代以上じゃないとわかりづらいようなものが多いのだ。
松島トモ子のエピソードや指圧の神様・浪越徳治郎は今の若い子は知らないはず。
ゴッドフィンガーというと、むしろ加藤鷹の方がポピュラーかもしれないし。

「わかる人には笑ってもらう」は「わかる人」には楽しいけど、わからない、知らない人には楽しめないように思うし、あまり多用はしない方がよいような気もする。

前半の小ネタのつるべ落としから、後半のシリアス展開は前作同様だけど、それでも後半には後半でしっかり笑いのシーンが入っていたため、前作ほどだれることは無かった。
一部よけいな新設定が気になったものの、ある意味エンディングで違う未来が描かれていたので、そのための前振りだったのか?とも感じる。

そして前作以上にメタ構造になっているのもよかった。

なにより入浴シーンということで、阿部寛の美しすぎる尻、北村一輝のビルドアップされた肉体、上戸彩のギリギリなつぶれ横乳など、違った意味でも見所満載。

良い意味で前作通りの二作目というできに満足だった。
無駄にスケールアップした部分は否めないが、それでも小ネタをちゃんと使ってくるし、安心してみて笑える良い映画だった。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2014/05/08 00:38 】 | ドラマとかテレビとか | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドールショウ40
5/5(月曜) 曇り時々小雨(20.8度)

昨日は日付が変わる頃に就寝し、朝五時にトイレに目が覚める。
用足ししてからいつも愛飲しているスパークリングな香料付き水を一口のみ、まだあと二時間くらいは寝られるなと思った矢先にぐらりときた。
立っていたので体感的にはそこまで大きな揺れには感じないが、いつぞやの震災を思い出す。
あの時は揺れが収まらず、どんどん激しくなっていった。
地鳴りもするし大丈夫だろうか。
震度三ということはなく四くらいか?と思い、揺れたらまずNHKの法則のごとくテレビをつける。
震度五弱?

いやいや、そこまですごい揺れじゃ無かったよ?
ほどなくして中野区の防災放送が流れる。しかし音がこもっていて、何を言っているのかちっとも聞き取れない。
窓を開けて耳を澄ます。少し離れた向かいの家も同じことをしていた。
どうやら震度五弱、火を消せというアナウンスだった。

すぐに布団に戻れば良いものを、そのまましばらくテレビに釘付け。
案の定訂正が入り、23区で千代田区のみが五弱、ほかは四となった。
震源が極端に深く、大島近海160キロってどんだけ深いんだろう、想像もつかない。

今日はドールショウだし、海の近くに行くため(場所は浜松町)若干の不安を感じつつ、二度寝。
無事開催されればよいのだけど。

八時過ぎに出発。今日はめずらしく十時前には会場入り。

もはやバンダイが版権を押さえた映画泥棒のカメラは展示できないから、普段通りに並べるだけ。
と思ったものの、自作ガールヘッドがあって、けっこうスペースがギリギリだった。
単体では大して場所を取らないけど、販売用の頭を置くからその分、オオハシ特殊部隊が一体展示できなくなってしまった。
ハシビロコウにせよオオハシにせよ、もはや大きめサイズで遠目からわかる客寄せパンダ的な位置付けになってるが、それでも写真を撮ってもらえることがあるし、それはそれでいいかもしれないと最近は捉えている。

今回の誤算はバジェット軍団だった。
ドールショウは当たり前だけどドールのイベントだし、ああいったカエルの置物的人形はただ並べるだけでちょっとしたアクセントとした位置付け。
でも今回、事前にTwitterで「薄味どら焼き風味」と称してアップした画像のおかげもあってか、一番最初に売れたのがそのバジェットだった。
しかも「このどら焼き風をください」と言われたので思わず「Twitterを見てくださったんですか!ありがとうございます!」と本当にうれしかった。
着物を着ている方は京都で売れてしまったのですか?と聞かれてさらにきわまったものの、今回持ってくるのは止めていたので(動物ヘッドが四種あったのでスペース的に置けそうに無いこととガマ親分を持っていくと「この頭だけは無いですか?」と聞かれそうだったので)「すいません、ドールショウにはもともと持ってくることは考えて無くて。あ、でも京都から数体戻ってきたのでデザフェスには並べます」と苦しい返答。
せっかく見てもらえるチャンスだったのに!と、自身の判断の甘さに舌打ち。

その後、同じ系統のドールイベント「ドルパ」と開催が重なっていたためか、出足はやや遅め。
でも来場者としてはゆりかもめで移動できるので、二つのイベントをはしごすることも可能。
その実、13時過ぎてからの方が自ブースを気にかけてくれる方がぐっと増えた。

今回、連れ合いがコミティアに抜けてしまった結果、ほとんどブースから出ることが出来ず、最後の30分でようやく近場でいつもうちのヘッドをひいきにしてくださってくれている「ちびっこ屋」と「モンスターファクトリー」の2ブースだけ回ることが出来た程度。
上の階、下の階ともに行くことままならず、挨拶が出来なかったことが悔やまれる。
同じフロアだったハズの、普段よく素体や目玉を買っている「パラボックス」ですらいけずじまい。

ただその分、ずっとブースにいたため、立ち止まってくれる方には声をかけ、ずいぶんとお話しすることが出来た。
お隣のブライスの服を出展されている方に「接客がお上手ですね」と言われたけど、僕自身そんな感覚はほとんどなく、単に「立ち止まってくれた=興味を持ってくれた」と判断し、ついでに言えばアイテムが動物なのでそれを足がかりに話しかけているに過ぎない。

買わせようという意思で話しかけているのではなく(これは嘘っぽく聞こえるかもしれないが本当)、僕が聞きたいのは展示物の感想。
「かわいい」とか「おもしろい」と直接感想を言ってもらえる機会、それも声によるものは何よりの励み。
ネット上で、例えばTwitterなどで「いいね」と言われるのもたしかにうれしいが、声には体温が乗っているから、ありがたみが比べものにならない。
また、以前買ってくれた方が足を止めて今回は買わなくても、デザフェスに出たての頃にはけっこう気にしていたが、今は気にならなくなった。
作品を通じてちょっとした挨拶が出来ることの方がうれしいし、ありがたい。

工業製品のような高いクオリティのものも作れず、写実的でも独創性にも欠けている、ほんのわすかに世間の発想とはずれた感覚で作るアイテムを選んでいるに過ぎない僕ゆえ、立ち止まってみてくれたら、そりゃあ声をかけますよ。
うれしいですもの。

残念ながら次回のイベント、デザフェスは上の階。
造形関係の知り合いはみな下の階のEブースなので、なんだか完全に島流し状態。
見てもらえるチャンスが減ったことがなにより痛い。
売れる売れないじゃないんですよ、マジで。

IMG_1259.jpg
ブース全体図。

IMG_1260.jpg
かわいくない猫、パグ、ミミズク、ヨタカなどオビツ11用動物ヘッド群。

IMG_1261.jpg
オーストラリアガマグチヨタカとミナミアフリカオオコノハズクヘッド。
ヨタカには独戦車兵のキャップを乗せたらカンフー服と相まってホテルのボーイさんみたいに。

IMG_1262.jpg
自作ガールヘッド(オビツ23用)。女性がひとつ買っていってくれた!かなり吟味してくれていて、その上で気に入って買ってくれたのがすごくうれしい。動物ヘッドに比べてほとんど注目度が無かっただけにすごくうれしかった。
【2014/05/06 15:16 】 | デザフェス用 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ネイチャー
5/3(土曜) 晴れ(27.8度)

ガチャ目ゆえ3DSですらいまひとつ立体視できず、高い金を払ったIMAXもいわれるほど臨場感を感じられない、我が両のまなこ。
メガネの世話など一生ならないと思っていたのに(パソコン時の紫外線カット用とサングラスは除く)、まだ寒い時期に作ったメガネ。

CG感バリバリのスパイダーマンの「いかにも立体視で迫力倍増」的な画面作りで、そのメガネ効果を確かめようと思っていたのだけど、いかんせん上映時間が長い。
メガネonメガネはけっこうキツイと聞く。
ゆえに上映時間的にも短めで、且つ前人未踏のおそるべき大自然のショットが堪能できるということで「ネイチャー」を選択。
夕方の時点で20時の回の席はあらかた埋まっていて、オンライン予約の恩恵たるや。

結果から言うと、メガネのおかげで細部がくまなくハッキリ見えてすばらしかった。
4K映像のすばらしさ。
しかし肝心の立体視は、メガネonメガネがとにかくキツイ。

まず全く慣れていないメガネという第一のハードル。第二に日中細かい塗装作業で目を酷使。
第三にそもそも立体メガネは目に負担がかかる。
そして一番やっかいなのがメガネonメガネの位置取りの難しさ。
上下に小さいメガネにしてしまったため、メガネのフレーム外がまずぼける。
リアル3Dのメガネはやや小さめなので、メガネにうまくフィットしない。

映画の最初のシークエンスで、まるで多動性障害児のように落ち着き無く、何度もメガネの位置を直していて本当に隣の人に申し訳なかった。
そのお姉ちゃんはひたすらポップコーン食べていたけど、ワニがヌーを水中からいきなり踊り出して襲うシーンで飛び上がって驚いていた。ちょっとかわいかった。

というわけで感想は、奥行きと言うより手前を奥の対比できる対象物が無いと、あまり立体的には見えなかった。

しかし例えば第二シークエンスのフラミンゴの群れ。
もうそうとうの奥まで一つ一つの個体がハッキリと形が見えて、被写体深度の深さ尋常じゃ無い。
また海の中のシーンも同様。
無数の魚の群れの一匹一匹がおそろしいほどハッキリとわかる。
これは普段、裸眼がピンぼけ画像で、それがメガネで補正されているからというのもあるかもしれない。
しかしフィルムの解像度が高くなければそれは無理で、4K画像のすばらしさを知るところとなった。

内容自体はBBCなんで、ヘンに説教くさいところもなく、ただどうやって撮ったのかわからないほどのクローズアップショットに後付けの効果音がガンガンついているのは、いささか気になった。
特に昆虫。クリーチャーのような音はいらないんじゃないかなあ。

もっとでかい画面で、できればIMAXで見たい。
劇場のスクリーンで似ないと損をする、まさに映画ならではだった。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2014/05/04 00:08 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |