スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
セーラー服と機関銃 卒業 二回目
3/15(火曜) 晴れ(13.1度)

今日は自由席なので、前回よりも一列後ろほぼ中央を選ぶ。
上映開始までに集まったのは僕を含めて六名。
爺が二名、壮年女性一名、中年男性二名(自分含め)、やや若めの男性という客層。
前回は女性が一人もいなかったので、この壮年女性は珍しい。

内容は頭に入っているので、場面の補完や聞き取れなかったセリフに集中。
あとパンフで気付いた点とか、そういった部分も。

「カ・イ・カ・ン」のセリフはとってつけたようなエンドロールあとの浴衣姿にかぶせているだけかと思い込んでいたが、冒頭の機関銃発砲シークエンス後の居眠り寝言で言ってたんだ。
完全に忘れていた。
後半のインパクトが強すぎて、この前作オマージュのセリフをまったく失念していたが、これはなるほどというつなぎ。
そもそもカチコミかけてマシンガンぶっ放して「カ・イ・カ・ン」もへったくれもないし(前作薬師丸ひろ子版の印象はこれくらいしかない。当時は赤いマズルフラッシュだし、薬莢も飛ばないし、効果音もダダダダだし)。

僕がこの映画を特に気に入ったのは、映画で描かれている前の時間が流れていること。
回想シーンや説明セリフではなく「こういうことがあったから、今この場面につながっている」ことが、何気ない描写から感じ取れること。

主人公がとってつけたような事件に巻き込まれて、それがなんだか大がかりだからそれまでの日常とかバックグラウンドなんかがなくても勢い見終えてしまうタイプではない。

別に細かく説明臭い人物描写をしなくても、何気ないやりとりの中で描くことは可能なのに、昨今観客の想像力によらない親切丁寧な作りが目立つ(もしくは完全に制作側の自己満足でろくに描かず、勝手に想像しろ的な投げっぱなし)から、そういった意味でもこの映画が好きになった。

橋本環奈の役どころ星泉がやけに貫禄があって、やくざ相手に単身乗り込み啖呵を切る、まったく物怖じしないことに違和感を覚える向きもあるようだが、彼女は高校一年でやくざの親分になり、さらには敵対する組織に乗り込み機関銃を乱射しているわけなので(その後目高組は解散しているが)、そこらにいる女子高生がいきなり親分になってしまった前作の戸惑いやおびえがまるでないことは、むしろ正しい描き方。

なにしろ「セーラー服と機関銃」自体、今回が四回目(うち二回はテレビの連続ドラマ。三作目の長澤まさみ版はけっこう設定を変えているらしい)なので、前の作品と同じように描くよりむしろ「その後」を描いて別アプローチ(いきなりやくざの親分になってしまい戸惑う女子高生という描き方は捨てる)にしたのは大いに評価すべき。

ただ残念ながら「橋本環奈」と「セーラー服と機関銃」というキーワードだけを客が呼べると広報が勘違いしたのが最大の誤算だろう。
事実、三週間で上映終了は完全な打ち切り。
少なくても劇場まで足を運んだ人すらさじを投げてしまうようなトンデモ映画ではなく、意外にも評価が高いからこそ、この不入りは恨めしい。

突っ込みどころもたしかにあるし、その最たる部分が右腕に被弾したはずの武田鉄矢が右手でそのまま発砲はアドレナリンの関係だと補完できるが、最後その撃たれた腕を橋本環奈に担がれているのは左手に証拠品をおそらく入れたバッグを持つしかなかったからと擁護できるとしても、そのあと幾度となく右手で大げさな芝居をうってしまったのはいくらなんでもなんとかならんかったかなあ。
なんか足を引きずっていたけど、二発撃たれた一発は足にでも当たったのかな?

それでも長回しのアドリブの応酬だったという、落ち込む星泉に対して二人の組員がなぐさめる場面はやっぱりおもしろいし、墓堀シークエンスはキャンキャンした叫び声しか上げられない昨今の若手女優の芝居よりはるかによかった。

あと旧来のやくざ同士がちゃんと顔見知りというのも好きな描き方。

画面の面白い演出としては、ギラリと発光するものが背後にいきなり現れる点。
おそらく鏡か何かなのだろうけど(目高カフェの神棚の鏡もやはり光っていたし)、真夏の熱い日差しを入れ込む演出だったのだろうか。

脚本がよくないという感想も目にしたが、星泉がなにかをしようとするとそこに事件が被さってきて(都合二回それが起きる)、結果的にその行動する場面は画面には映らないところで動くことになるという描き方でなかなかおもしろい。
そういやあれってどうなったんだっけ?と思ったら、話の途中で別のことが起きてしまったんだと、二回目の鑑賞で気付いた(一回目は夢中になりすぎて忘れてしまってた)。

また春雄がいつ撃たれたのかが一回目ではわからなかったが、ちゃんとビル窓が開いてそこから発砲されていたことに気付いたし(しかの春雄はその際にのけぞってる)、動きの大きいところだけ見ていると気付かない描写がある。

せっかくくせ者俳優たちを向こうになかなかよい芝居をみせてくれた橋本環奈が、今後流行のイケメン俳優両脇に従えてスウィーツ映画にしか出なくなったら、あまりに惜しい…。

打ち切り前にもう一度くらい足を運ぼうかと考えてる。
スポンサーサイト
【2016/03/15 19:26 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
セーラー服と機関銃 卒業
3/11(金曜) 雨のちくもり(5.8度 ただし0時に観測。日中は5度以下)

何とか仕事にけりをつけて16時半の上映回に向かうも、ユナイテッドシネマとしまえんへ向かう道中、練馬駅を越えたあたりから大渋滞。
なんてことはない電気工事で片側車線つぶして相互通行にしていたからだった。
余裕を持って出たのに、劇場に着いたのはほぼ開始時間という。
もっとも最初の15分くらいは予告があるし、席にも余裕があるだろうから焦りはしなかったが。

会員dayではあっても平日金曜の夕方回ということもあって、90人の最も小さい箱にもかかわらず、入りは二割に満たないほど。
とはいってもとしまえんの箱がいっぱいになるケースの方がレアなので、別段驚きもしない。

橋本環奈で「セーラー服と機関銃」は四人目だという。最初の薬師丸ひろ子版はテレビでやったのを見た記憶があるが内容はほとんど覚えてない。渡瀬恒彦がやくざ役だったようなおぼろげな記憶で、殴り込みをかけて「カ・イ・カ・ン」くらい。
原田知世版はたしかテレビシリーズかテレビのスペシャルだったと思うがこれは見ていないし、長澤まさみ版にいたっては存在すら知らなかった。

ちなみに本作劇中の星泉は四代目と描かれているが、橋本環奈はが四人目なのでそれにあてたものかもしれない(wikiを見ても星泉が何代目なのか書かれてなかった。原作も読んでないし)。

おそらくほとんどの人が見に行かないと思うので(僕はもう一度行きたいと思ってるが)、ネタバレ必至で書こうと思う。

まず冒頭の回想シーンで、あの有名なグリースガンの乱射を描いている。
え?もしかして薬師丸ひろ子版からの続きなの?と錯覚してしまうが、そもそも前作のストーリーを微塵も覚えていないから、それが前作の回想なのかオマージュなのかわからない。
ただ「カ・イ・カ・ン」は無かった。
目高組の構成員は三名。前作の唯一覚えている渡瀬恒彦の役どころはいないように思える。
もしこれが前作の続編でその回想ならば、渡瀬恒彦に相当するキャラがいないとおかしい。
ということで、どうやらこれは本作時間軸の中の回想だということがわかる。

ちなみに事前に公開された有名な商店街をグリースガン片手に練り歩く四人のショットは、劇中には一切登場しない。
ただこれもパンフを見て気付いたのだけど、この回想シーンで目高組の構成員が皆スーツを着ているので、あの商店街のスチールは殴り込みをかけに行く前ということがわかった。
なかなか細かい。

そんなハードな乱射から一転して、いきなりの学校のシーン。
しかも星泉(橋本環奈)は教卓の目前、一番前なのに居眠りしている。
もしかすると回想シーンではなく、これは夢?と思わせるつなぎだ。

星泉の友だちは年頃にもかかわらず、しかも橋本環奈が演じているのでものすごい美少女、女友達がいない。
なんだかヲタサーの姫みたいな男三人と星泉のショットが、なんだか妙に不自然。
橋本環奈がかわいすぎるから、この三人は内々で出し抜こうとしてるんじゃないか?と一瞬思ったが、でもどうやらそうではないらしい。

というのも、すでにやくざの組としては解散している目高組(現在はめだかカフェ。この客引きの武田鉄矢がうさんくさすぎて面白かった!)を頼って同級生(これはあとでわかる)の女の子が助けを求めに来る。

目高組四代目を襲名したのは高校一年あたりなので(現在は高校三年)、彼女がやくざの組長であるということは学校内に知れ渡っていると。
だからこそ同性の友だちがいなくて、おそらく上記の三名は中学がいっしょとか昔から知っているため、怖がらずに友だちとして居続けているのではないだろうか。もちろんそこには「彼女がかわいいから」という下心も少なからずあるとは思うけど。
この何気ない「ちゃんと劇中以外でも時間は流れています」がキチンと描かれているのが、とても好感が持てた。

そんな折、取り巻きのひとりが中盤あたりで「暴力団と話していると内定を取り消されるから、話しかけないでくれ」と突き放すシーンがある。
それでも他の二名は最後まで星泉のそばにつかず離れずいてくれるので、このふたりは本当の友だちなんだろう。二人に減ってしまったが、星泉とのスリーショットにはぐっときた。

目高組の構成員、武田鉄矢以外の二名も実に個性的で演者も達者でよかった。
前作でも何となく覚えていることだけど、やくざなのに妙に人なつっこく描いて「悪い人に見えない」のが、本作でも十二分にある。
また逆にいくらやくざ相手でもやり過ぎだろう、かわいそうだろうと思わせるシーンもある。

このあたりが21世紀、平成ももう20余年すぎてしまった今、なかなか受け入れられづらい部分ではないだろうか。
映画というファンタジーの中であるにもかかわらず、最後の落とし前の付け方(さすがにこれはネタバレになるので書かない)も、町ひとつ壊して主人公と家族だけ生き残ってめでたしめでたしとしてしまうハリウッド映画とは違う部分で、ここも好印象。

正直、アイドル映画として、橋本環奈を大スクリーンで見れればそれで満足な映画かと思っていた。
彼女は話し言葉がややハスキーで、そこが容姿に似合わずマイナスポイントとする向きもあるが、むしろキンキン声で叫ばれると耳障りでしかないから、なにげに今回のキャスト、すごくよかったと思う。
なにより、目の芝居に力を入れているのもよかった。

ちょっとあこがれを抱いている対立しているやくざの構成員、演ずるは長谷川博己(進撃の巨人ではかなり痛々しい芝居だったが、同一人物とは思えないほどの凄みがあって好演だった)に手を引かれて窮地を脱する場面で、次第に顔がにやついてくるあたりが特によかった。
一方で感情が爆発して叫ぶシーンでは声がかすれていて、これも「興奮のあまりのどがつぶれているのか」
とこれも好印象。

そして何より一番よかったのは敵役の安藤政信。もうキレキレの芝居で、自分の悪な演技に酔っている感じがして、実にすばらしかった。
さらに榎本時生。
注)これは勘違いで「奥野瑛太」という役者さんだった。
もうコイツが完全に異常者な上、変形ナイフ使いでおそろしくかっこいいい。
あの殺陣を考えた人もすばらしい。
バーカウンターの中、ひとりひとりを刺して次々と進んでいくアクションシーンがまさに白眉。
中でも脇を切ってひるませてから首を狙う、鎧兜の隙間を狙って斬るようなやり方で、急所急所を狙って行くのがすごい。

アイドル映画じゃないというのは、まさにこのあたりのシークエンスがやたらめったらハードだという点。
安藤政信は全く躊躇無く発砲するし、着弾すれば血が出るし。
長谷川博己は榎本時生とは違って、昔ながらのやくざのドスを振り回すのだけど、最後に体重かけて突き刺すとか、やけにバトルシークエンスが充実している。

中だるみもなく、最後まで目が離せなくて、一気にラストまで見ることが出来た。

たしかに女性客を呼べない内容だし、どいつもこいつも癖のある連中ばかりで、中身は完全にやくざ映画だから今はウケないだろうなと思う。
でも、思わぬ拾いもので大満足でしたよ。
2016_3_11.jpg
【2016/03/11 21:04 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。