スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
無痛、読了
5/29(日曜) 晴れ(28.4度)

小説を買ったのが新春。
一月の病院での定期診察の待ち時間で読み始めた旨が書かれていたので、全編読み終わるのに四ヶ月もかかったことになる。
同じように映像作品を見て原作が読みたくなった「脳男」は買ってすぐに読了したというのに。

仕事が忙しいとか、読む暇が無いというのは理由にならず、ようは先が気になるから、何をさておき読んでしまおうというのが「脳男」とその続刊「脳男2」にはあった。

しかし「無痛」は滑り出しは好調だったものの、どうにもページが先にめくれない状態が続き、しばらくほったらかしていて、ようやく続きを読み始め、このまま読まないと最後までいけないと思い立ち、後半は一気に読んだと。

一気に読破出来なかった理由は簡単だ。

登場キャラのひとり、佐田というストーカーがいるのだが、その人物描写に割くページがやたら長い。
元嫁に対して送った屈折したラブレターを何も全編載せる必要があったのだろうか。
心の声も他のキャラに比べてとにかく長い。
そしてなによりイライラするキャラ設定。

そんなヤツなので、まあうまくいかず殺されてしまうのだけど、ここもそれまでの所行に比べてやけにあっさりとしているため、読んでいるこっちはちっともスッキリしない。

そもそもあらすじにも書かれている一家四人皆殺し犯と告白したなぞの少女、南サトミもなぜか途中退場。

三人目の主人公かと思った刑事の早瀬に到っては、前半に出て刑法第39条に対して一席ぶつだけで、やはり後半まで登場しない。
これは白神クリニックの白神にしてもそうだ。

ようするに作者が感じていることをそれぞれのキャラに蕩々と語らせたら、実質そのキャラの役目は終わり。

たいそうなテーマで斬り込んでいる割には、現役医師ということもあってか医学の専門知識的なディテールが書き連ねられていて一見高尚に見えるが、実際は狂言回しのようなキャラクターたちが立ち回っているだけ。

文庫本でも非常に厚いのだが、第一章の通り魔のくだりの執拗な殺戮表現、佐田の自分語りを最小限にと止めれば、もっとすらすらと読みやすくなったに違いない。
そもそもキャラクターが複数同時に動いているはずなのに、表に立ってないキャラがまるで見えてこないため、何ともチープな印象だった。

フジテレビのドラマ版は、やはり佐田のストーカーのくだりが長く、なんであんなに執拗に描くのだろうと訝しんでいたが、そこは原作準拠だったようで。
いや、でもバチスタシリーズのように換骨奪胎して、新しいストーリーにすることで原作を知っていてもドラマもワクワクする作りをフジのドラマは得意としているようなので、そこはアレンジしてほしかった。

特にサトミがなぜしゃべれないのか?の設定はドラマ版のアレンジが秀逸だったし、白神に関しても執拗に為頼をスカウトしようとする強い理想があるように見えたし(犯行の動機がチープで矮小なのはこれも原作通りだった…)、最後が駆け足になってアラが見えるのも含めてもドラマ版の方が断然よかった。

続刊もあるそうだが、キャラクター設定に魅力はあっても、キャラクター自体に魅力が乏しい(作者の狂言回しにすぎないのがどうにもならず。

同じようなテーマを奇しくも脳男2で扱っていたが、やはり乱歩賞作家のぐいぐい引っ張っていく話の構成、そして魅力的でイメージしやすいキャラ作りは完全に向こうに軍配が上がる。

だいたい小説家(本業は医者)なのに「憮然」を間違って使っている時点で興ざめですよ、まったく。
スポンサーサイト
【2016/05/29 16:56 】 | 本関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
デザインフェスタ43 
5/14(土曜) 晴れ(24.8度) ※記述5/15

20160317_011.png
今回のデザフェスから、西館の駐車場がビッグサイト拡張のため(オリンピック絡み)使えなくなり、東館を超えた先に臨時の駐車場が設けられることとなる。
コミケやワンフェスと異なり各ブースはテーブルのみということはなく、出展者が様々な展示方法を見せるのがデザフェスゆえ、当然車での搬入が増える。
だからこその駐車場完備だったのだが、これが片道20分も離れた箇所からの搬入になってしまうらしいと。
一応、西館の搬入口に横付けして搬入は行えるというが、それでも今まで駐車場から運び込んでいた人たちが、せいぜい数台しか置けない場所に停めては荷物を下ろしなんて、そんなスムースに運ぶはずはない。

普段より早めに出て、ビッグサイト周辺に付いたのが9時少し前。
しかしもう東館のさらに海沿いに現在建設中建物のあたりから渋滞が起きていて、車同士のトラブルも発生。
左折で入る車だけならばよいが、当然ルートは他にもある。
ゆえにちっとも動かず、駐車場に入ったあと搬入整理券をもらって横付け出来るという話だったが、これではいつになったら駐車場に戻れるかわからなかったので、ここから運ぶことを選択。
駐車場に入った時点でもう10時目前だった。
そこから東館を突っ切って、ようやく西館の当該ブースにたどり着いたのが10時半近く。

開場前に設営を終わらせて、知り合いの所に挨拶回りとなんてもくろみは、駐車場に入るまでに要した時間で吹っ飛んでしまい、設営が終わったのは開場後10分。
落ち着くヒマ無し。
すでに汗だく。
2016_5_14-DF-3.jpg
しかも展示用アイテムを忘れていたことに気付き、前日までに余裕を持ってしてきた準備はいったい…と、暗雲たる思い。

ハシビロコウが相変わらず印象に強く残るらしく、ブース前を通りかかって何らかの反応がある人のおそらく八割はこれ。
ついで動物ヘッドのドール群。
今回は前回使った観葉植物用の多段棚は搬入の手間を考えて持ち込まず、折りたたみ式の小さい方にしたため、演示する数は厳選。
でもここでも失敗に気付く。
ハシビロコウのオビツ11版を持ってき忘れた…。普段違うところに飾っているので、完全に失念。
売り物はないのに、バジェットたちはここのところスペースの関係上並べられなかった王子スタイル(これはメカバジェと一緒に作っていたドールヘッドではないバジェットのヘッド部分を利用したもの)とカートに乗った二体を並べたおかげで、そっちの注目度はそれなりだった。
一方、新作のチベットスネギツネとニセバジェことバジェヨンは埋もれ気味で、よほどマニアックな視点で見てもらわないと気付かなかった模様。
展示は本当に難しい。

それをさらに思い知ったのが、中央部分に展示した、今回一推しのひなぽんぽん。
バジェリングもここに置いたのだけど、まったくと言っていいほど気付かれず。
ひなぽんぽんにしても、垂直に立てたコルクボードからわかりやすいようにぶら下げたものの、ほとんど効果なし。

結局はInstagramやTwitterなどで「前から気になっていました」と、それを目的に来てくださった方の元に引き取られていった以外だと、ごくわずか。
今回は黒を買ってくれた女の子がいて「今回はストラップ仕様ですが、ボンドで顔を貼り付けているので鞄などにぶら下げていると気付いたら顔がなくなってしまう可能性があるのでご注意ください」と説明したところ「前回はひもでしたよね。飾るので大丈夫です」と返してくれたのが、なんともうれしかった。
よは前回のデザフェスで白を買ってくださった方だったと。

また今回は、特に外国からの来場者さんとのコミュニケーションが楽しかった。
先日、日本人ガイドのないレンタカー借りての個人旅行で豪州を楽しんできたので、会話は相変わらす難しいのだけど単語くらいはパッと出てくるので、それが功を奏した感じ。

入場開始後しばらくして、とにかくハシビロコウ大好きという外国の方(アジア系だったので日本人かと思ってしまった)に、たまたまハシビロコウの英名を覚えていたので「Do you like shoebill?」と聞くと「Oh! shoebill!」と興奮して答えてくれた。
どうやら「ハシビロコウ」の英名を知っていたので、話が早いと思ったらしい。
会場にはあちこちにいるよ、と話すと「Bring me」と言われたが、残念ながら僕にはその単語がわからず。
でも、おそらくニュアンス的に「案内して」と言ってるはずだったのだけど、設営からまったく周りを見てなかったので、「あっちがイラストレーションで、こっちにはスタッフアニマル(ぬいぐるみ)があると思う」と返すのがやっと。

しばらくしたらその方戻ってきて「なかったよ」と、ちょっと悲しそう。もっとも「向こうにはあると思うよ」と言ったら、意気揚々と人混みの中に消えていったのでホッとした。その後、彼は戻ってこなかったので、目的のものを見つけたのだろう。実際、僕もトイレ休憩の際ひとまわりしたら、いくつもハシビロコウものを見つけることが出来たので。

そして15時過ぎ。黒人さんが興味津々にハシビロコウを見てくれていたので「Do you know Shoebill?」と聞くも、発音が悪かったのかハシビロコウ自体の名前を知らなかったのかポカンとされてしまう。
ただとても流ちょうな日本語で「これでしょ?」とデザフェスのパンフを見せてくれたのだが、きっと他の方の作ったかもしくは描いたものかと思って見てみると、なんと拙作ではないか!
あまりに驚いていると「こっちにも載ってるよ」と、入場チケットも見せてくれる。
なんとセンターにいるではないか!
「I don't know」と反射的に返したが「知らなかった」なら「did'nt」だったよなあ…。
しかしまさか外人さんに、まさかパンフに使われていることを教えてもらうなんて。
2016_5_14-DF-2.jpg

数回前のデザフェスで仲良くさせていただいているGallaxy Peopleのブライアンさんは、前回目の前でソールドアウトになってしまったペイントをわざわざ用意してくれて大感激だったし、なんか今回は外国の方とのコミュニケーション(とこっちが勝手に思っている単語と短文で返すだけのものだけど…)がとにかく楽しかった印象。

もちろんドール趣味の方と話したり、出品者タグをつけている方は展示物への見方が丁寧なので、そこから話しかけていろいろと話せたり、なんと先日の若冲展に行った際にどうやら同じ日の同じ時間帯だったという方とはそっちの話題で盛り上がったり。

バタバタと始まって、また20分かけて小さい台車を押して歩くきつさ(おかしな姿勢で押し続けるから、両二の腕の内側や腰にえらく負担がかかった)もあり、さらには体力が落ちたのか信じられないほど残り二時間くらいで疲労度がひどくしんどい印象も強かったが、それでもイベントで再会できる面々、また初めて会うのに話が弾む方々等、魅力的な部分も大きい。

あとおそらく今回、ここまで外部から知人が来なかったのも珍しい。
事前に声かけしなかったというのもあったが、おかげで来たら渡そうと思っていた橋本環奈の「セーラー服と機関銃」のCDをまた持ち帰らなければいけないはめになってしもたよ…。
【2016/05/15 15:44 】 | デザフェス用 | コメント(0) | トラックバック(0) |
埼玉県こども動物自然公園
5/1(日曜) 晴れ(26.9度)

オーストラリアガマグチヨタカが関東で飼育されているのは、以前調べた時には多摩動物公園、北越谷のキャンベルタウン野鳥の森、そして東松山の埼玉県こども動物自然公園の三カ所。
今年の初めから秋葉原の梟カフェにも一羽展示されているが、三カ所の飼育下では皆つがいなので不憫でならない。
また猛禽屋というペットショップが欧州ルートでつがいを入荷し、エキゾチックアニマルなどを扱う販売イベントで展示販売している。聞くところによるとペアで600万だという。
豪州ではどこにでもいる鳥(ガマグチヨタカなら輸出を制限していないパプアニューギニアにもいる)ではあるが、あの国はめったやたらに生き物を輸出しないため、特にペットなど問題外。

多摩動物公園は失念したが、オーストラリア館という独立した展示ブースで、しかも屋内の暗室展示。
キャンベルタウン野鳥の森は、その名の通り越谷市とキャンベルタウンが姉妹都市提携で寄贈されたもの。
今日行った埼玉県こども動物自然公園は、なんとクイーンズランド州との提携で、コアラを筆頭に豪州の生き物を展示している。

もともとガマグチヨタカは待ち伏せ型の狩りをする鳥なので、実は飼育はさほど難しくないのかもしれない。現にどの施設でも繁殖に成功しているようなので、キャンベルタウン野鳥の森ではすでに三代目ガマちゃんが看板鳥として入り口に鎮座することもある(二代目と交代。二代目の方が慣れていて擬態はせず、三代目は常に擬態して細く枝のようになっている)。

600万ならば四畳半一間のようなマニアには買えないだろうし、もちろん飼えないから、それこそ森泉のようなオニオオハシに専用の部屋を与えるような筋金入りのマニアに、是非とも買って育ててもらいたいものだ。

さて、その埼玉県こども動物自然公園なのだけど、入園料は大人510円。
ゴールデンウィークということもあり、園内はかなりの人出。
初めて利用する施設なので、広さのイメージがわかず、とりあえず到着したのが11時半近くだったので、もりカフェというふくろうモチーフのカフェでチキンサンドとアイスコーヒーで小腹を満たしてから、園内散策開始。
と言っても、やはりまずはガマグチヨタカに会いに行かねばならないでしょう。

入り口から左手にやや遠目で見えたエリアにはシマウマとキリンがいたが、とにかく広いスペースでのんびりしている印象だった。

とにかく各ブースは、人間がケージ内に入って、動物の住むエリアに入って見ると言うスタイル。
ようは豪州の動物園とよく似たやり方。ちなみにキャンベルタウン野鳥の森もその方式。
その方式はそれなりのスペースが必要だが、それさえキープされていれば狭い檻の中に飼われている動物には見られない、自由気ままな姿を見ることが出来る。

ガマグチヨタカはカンガルーエリアの奥の大きめのケージにいた。
残念ながらもっとも奥の巣箱の上に二羽揃っていたため、近くで見ることは出来なかったが、けっこうな広さで環境はやはり申し分ない。
生涯ワンペアだそうだから、きっと繁殖してそれぞれの動物園で交換し、近親交配は避けることが出来るだろう。

ここで痛恨のミスが。
ケージの奥にいるだろうことは予測していたので、一眼レフを持参したが、なんと電源入れてもズームが効かない。それどころかシャッターが切れない。再起動しようにも電源が切れないので、バッテリーを抜いて、何度も試すがどうにもならず。
泣きたくなる思いだったが、キャンベルタウン野鳥の森のように柵の前に生け垣がないため、格子の隙間にレンズを置いてiphone最大ズームでなんとかなった。
持参した人形とは残念ながら手前と奥で明るさも全く違うので、こればかりはどうにもならず。

コアラは本場で散々見たので、別にと思ったが、本国では見たこと無いほどアクティブに動くコアラを、偶然にも間近で見ることができ、超ラッキー。飼育されている個体の名前ブース前で見ていたら、向こうからやってきてくれた。
思うに本国に行く際はいつも夏。暑くてばてている可能性大。今日は夏日は超えたとは言え、湿度も低くすがすがしい暑さ。ゆえにちょっとばかり行動的だったのかもしれない。

またもっとも驚いたのがペンギンブース。
水槽には人工の波が立ち、さらに人が立ち入ってみるエリアをペンギンは自由に横切って陸地へと移動することができ、どうやら夜はそっちで眠るらしい。
どうしてもコンクリート打ちっ放しの水槽というイメージが強いペンギンだが、フンボルトペンギンはもともと温帯域であるチリ、ペルーの岩場や緑のある所で暮らしているため、このような飼育環境はまさにベスト。
おそらく日本でもっとも恵まれた環境で暮らしているペンギンだと思う。

園内はとにかく緑が多く、山をそのまま利用したようなエリアには鹿、カモシカが山の斜面を自由に往来出来るし、人が立ち入らない池や沼もあちこちにあり、昼間だというのにカエルが鳴いていた(おそらくトウキョウダルマガエル)。

展示されている動物たちの飼育環境はどれも広く、小さな檻に閉じ込めてという印象は全くない。

ホント豪州の動物園にそっくりだった(広さも含めて)。

一通り広い園内を見グッタあとはは東松山市の名物みそだれ焼き鳥の出店があったので(これは園内に出ていることもあり、非常にリーズナブル)それをつまんで、関越道を帰ってきた。

唯一心残りだった、マルメタピオカガエルの展示は、最後にサービスカウンターで尋ねたところ、現在は行っていないとのこと。季節的なものという言い方をしていたが、死んでしまったのかもしれない。

あと園内で使えなかったカメラだが、帰宅後充電池をMAXにして再度確認したが、電源は入るものの各種ボタンが全く効かない状態。
壊れてしまったようだ…。
【2016/05/01 21:10 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。