14の夜
12/28(水曜) 晴れ(8.1度)

普段は斜め読み程度の映画秘宝大槻ケンヂ連載の若手女優インタビュー記事。
super girlと言われてもピンとこない、いわばアイドルがヤンキー芝居をしたというもの。
いつもなら気にも留めない。
でも内容がどうやらちょっと昔(1987年が舞台設定)の中学三年生男子のおっぱいにまつわる話だという。
ようはそのアイドルはおっぱい枠として劇中に登場するらしい。

ちょっと昔の世界設定と思春期バリバリの男子、そしておっぱいというと、綾瀬はるか主演の「おっぱいバレー」を思い出す。
あらすじを読んだ印象は、綾瀬はるかの出ないおっぱいバレーだ。
ノスタルジーとしょうもない性衝動男子は、その頃を生きた現在は中年男子としては捨て置けない。

公開初日は12月24日という。

とりあえず一日早く仕事納めになったので、この機会にと新宿へと足を伸ばした。
テアトル新宿は初めて入るハコだったが、今時のシネコンとは違い、スクリーンはひとつ。
ただ上映作品は三つ。それを時間によって変えているようだった。
初回上映は、話題のアニメ「この世界の片隅に」だった。
どうやら立ち見らしい。

12時上映開始ながら、最初の10分は予告編。
おもしろいのは劇場内が暗くならないこと。
また流れる作品はどれも単館上映っぽいものばかり。
逆にど派手なCGIのビッグバジェットものじゃないから、予告を見ているだけでもけっこう楽しい。

肝心の内容だが…。
そこそこ楽しめたが、700円だかするパンフレットは買わなかった。
そこまでの魅力を残念ながら、僕自身は感じなかったから。

そして事前に読んでいた映画秘宝のインタビューが相当なネタバレで、よりによってストーリー後半とラスト前のシークエンスに絡んだ部分だったということ。
ただの描写ではあるが、知らずに見るのと「そういえばあのインタビューにあった描写、まだ出てきてないよな」とさながら答え合わせのように見るのとでは分けが違う。

そう「ターミネーター2」でシュワルツェネッガーが「今回は人を殺さないんだ」と、事前に少年マガジンかなんか(エンドスケルトンの写真がかっこよかったので、普段は買わないのに買ったらとんでもないことが書かれていたと言う)でネタバレされていて、もう台無しだったのを思い出す。
あとは「ハンニバル」を今夜見に行くんだと言ったら、当時の同僚(と言っても彼はアシスタントだった)が脳を食べるシーンがグロいと、信じられないネタばらしをしてくれたのと似る。

まぁそこまで大事なシーンでもない、すごく短いショットだけど。

とにかく気になったのは、台詞回しが昭和のそれには感じないところ。
監督は1972年生まれ、僕よりも5歳年下だが、完全無欠の昭和世代。
ゆえにノスタルジー要素を今作に入れてきたのだろうけど、演じているのは当たり前だが平成ッコ。

似たようなテーマのしかしおっぱいバレーでは、台詞回しに違和感を感じなかった。

思うに、おっぱいバレーはあくまで綾瀬はるかが主演。中学生5人は脇役。
先生のおっぱいを見るために部活をがんばるという明確な目的意識があり、そこに邁進するから、印象的には優等生の部類。
今作は目的はあれど、そこに到る手段がない(レンタルビデオ屋に来ると言われているAV女優に会いに行くのが目的なので、なにかがんばってやらなければいけないものがない)。

とにかく今風の言葉遣いが気になった。

また彼らが乗る自転車は確かに昭和テイストなのだけど、ロケの都合なのはわかるが、住宅街を二人乗りで走る場面で写る車がどう見ても現行車輌。
型落ちのマーチが写ったが、あれだって昭和の時代には無かった。

主人公の姉の婚約者の車はさすがに大写しになるので、ナンバーも車種もちゃんと昭和仕様だっただけに、ホンの些細なところではあるが気になってしまった。

ちなみにインタビューで散々ネタバレしてくれた浅川梨奈は近寄りがたいレディースを見事に演じてくれてはいたが、ほとんど出番が無くて残念だった…。

できれば主演ひとりに絞らず、おっぱいバレーのように最後までグループで動いてほしかったが、それだと全く同じになるからフェードアウトさせたのだろう。

彼らの翌日が気になる。

きっと今まで通りだろうけど。
【2016/12/28 17:52 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ミュージアム
12/7(水曜) くもり(9.2度)

シン・ゴジラ以外の映画を見るのは実に久しぶりとなる。
見たい見たいと思っていたが、結局福山雅治主演の「スクープ」は見ること無く終わってしまった。
いや、実際には何度もチャンスはあったのだが、映画を見に行くのには勢いが必要。

少なくとも自分はそうで、「見たい」と思っても「行きたい」となると話は別。
仕事をほったらかして行くのは自身の性格的にかなり難しく、そうすると上映開始直後くらいじゃないと見に行けるタイミングが難しくなる。回数が目減りしてくる頃には、行きたくても行けない。
ちなみにシン・ゴジラは今週の金曜でいよいよ上映終了。で、やっているのはレイトショーの20時半…。

カエルがキービジュアルで、予告編を見てもなにやら「セブン」の印象が色濃い「ミュージアム」。
コミックが原作らしいが、そのコミックより以前にカエル男の連続殺人を扱った小説がある。
借りたはいいが、まだ手つかずで読んでいない。
小説はともかく、カエル男で殺人を繰り返すのならば、後出しとなるコミック版にはカエルである必然性がないと、ただのネタのいただきではないか?と思えてならない。

そんな点も確かめたくて見に行くことにした。

カエルモチーフゆえか、とにかく雨が降るシーンが多い。
そして役者陣がとにかく汚い。
これはもちろんよい意味での汚いであって、邦画にありがちなどんなことがあっても顔はきれいなままではないこと。

印象としては韓国映画のそれに近い。
たしかに「セブン」に似た展開であり、小栗旬演ずる主人公が精神的にも追い込まれながら、犯人を追い詰める展開はまさにその通り。
異様な殺し方という部分も同じ。

ただ「セブン」では、動機も目的もその人物すらも最終的にわからず(当時はジョン・ドーを名前だと思っていたが、ようは名無しということだとあとで知った)ひどく不愉快な映画だった。

たぶんにあの映画を意識しているのだろうけど、主人公の家族が巻き込まれたことがわかるのが物語序盤なので、犯人を見つけ出すミステリー要素より、家族の安否を気遣い追い詰められていくサスペンスの方が強い。

それにしても俳優たちの芝居がすさまじかった。

内容はあまり気分のよいものでも無いし、ただただ疲れた。
基本的に犯人はサイコパスだし、主人公も仕事人間で今ひとつ共感できないキャラだったから。
それでも小栗旬と特殊メイク全開の妻夫木聡(そうとわかっていても見た目以上に声の印象も変えてるのでまったくわからない)の鬼気迫る芝居はよかった。
【2016/12/07 20:43 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |