キングコング:髑髏島の巨神
3/31(金曜) 曇りのち雨(12.2度 ただし0時に観測。日中は10度程度)

金曜は会員dayのため、通常映画は1kで見られる。
しかしことキングコングに限っては、シネコン随一の小さな箱、それも11時か20時の回のみ。
20時の回はレイトショーあつかいだから普段利用しても1.2k。しかも今月中ならいつでも1.2kで見られる割引券もある。
そうなってくると英会話教室がない今週金曜日のチョイスはIMAXだ。

季節は春休み、そして1kで見られるとあって、朝一9時15分の回に出向いたら、チケット売り場はすでに長蛇の列。
チケットが買えたのは25分近くで、すでに予告編が終わっていたところへ滑り込みセーフだった。
ちなみにチケット代は割引が一切無いIMAX3D、2.3kだった。パンフ買ったら3Kを軽く超える。

11時の2D上映、1kで見られる方はすでにほぼ満席。しかしIMAX3Dはガラガラ。ガッカリするほど空いている。
そりゃ倍以上の値段払って見るべきものかどうかなんて、初見じゃわからないもの。

映画を見る際にはメガネを着用しているのだが、IMAX3Dではメガネonメガネとなるため、かなり見づらい。
そして相変わらず、あまり立体的に感じなかったのも悲しいところ。
たしかに奥行きはあるが、激しいアクション場面ではめまぐるしく画面が動くので立体視している余裕も無く。
上映回し早々に「小さいハコの2Dで見ればよかった」と後悔しきり。

ただ内容自体は非常にエキサイティングで面白かった。

怪獣映画では兵士がわりと虫けらのように死んでいくのだけど、もうしわけないがスタローンやシュワルツェネッガーの映画のように、まるで胸は痛まないのが普通。
むしろばんばんヘリが落とされれば「コング、強ぇ! すげぇ!」と興奮するのだけど、今回の映画ではなかなかの絶望感があった。
予告編でも散々流されているヘリ対コングのシーンでは、一緒にヘリに乗っているようなカメラアングルで見せ、開いたハッチから吹き飛ばされ絶叫しながら落ちて行く仲間の姿などかなりエグイ。

助かり要員と死に要員はわりとすぐにわかるのだけど、それでもあの墜落に次ぐ墜落は、コングを仇とする大佐でなくても「コング、許すまじ」となる。

いわばやられ役の米軍のヘリコプター部隊が割と悲惨なので、途中まで大佐に感情移入してしまうのは、作劇としてはちょっとマズイかもしれない。

ようするにキングコングに感情移入できなくて、「あの巨猿ぶっ殺せ!」と一緒になっていきり立ってしまうと。

ただうまい具合に大佐以外の民間人グループが別のヘリで墜落し助かっているので、うまく中和できてるとも言える。

また2014年版ハリウッド・ゴジラと地続きであることを随所で表していて、これもなかなか面白かった。
前作ででていた敵怪獣ムートー、実は個体の名前ではなくUMAみたいな頭文字を取った総称とか、思わず「そうだったの?」と。
あとは2014年版ゴジラでも描かれた水爆実験が「ヤツ」を殺すために行われたとか、軍艦が何者かに襲われて1000人からいた中でひとりだけ生き残ったなんてのは、コングの仕業じゃないよね?と想像力が乏しくなくてもすぐにわかるネタ(軍艦だから明らかに海での出来事だし)。
そして一番のおまけはエンドロールあとの壁画。
まいりました…。

王道展開で安心してハラハラできる、実にアトラクション的な映画で大変満足なのだけど、気になった点がないわけでもない。

ひとつが冒頭墜落した日本兵の名前が「グンペイ・イカリ」なのに、英語の発音に即して字幕が「ガンペイ」になっている点。
ちなみに雑誌やパンフでも「グンペイ」表記。
言うなれば「ブラックレイン」で松田優作演じた佐藤のことを、マイケルダグラスとアンディガルシアが「セイトー」と発音し、それをそのまま字幕にしているようなもの。

あとは中国資本傘下になったレジェンダリーの愛人枠にしか見えない中国人女優。
まるで役に立ってないし、ピンチにもならないし、当然非業の死も遂げない。
セリフもほとんど無いから、存在意義もない。
ジン・ティエンという名前らしいが、恐ろしいことに「パシフィックリム2」にも出演が決まっているそうで。
プロデューサー権限でお気に入りの役者がねじ込まれ、それを使わなければならないのは、なにも邦画に限ったことではなく、以下にハリウッドでも出資者には逆らえないのね。
確かにキレイだけど、ジャングルさまよっていても、あまり汚れない顔に整いすぎた眉の形が興ざめすぎた。

それにしても、サミュエル・L・ジャクソンはよかったなあ。
部下を失った狂気さはそこまで強くなくて、なんとなく部下思いで動いているため、あまり悪役っぽくなかった。
コングのアップとサミュエルのアップの目の離れ具合がクリソツなのは、嫌がらせなの?とか思ったり。
【2017/03/31 17:09 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |