スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
魔法にかけられて
3/29(土) 晴れ(風強い)

おもしろかったよ!
見終わってほこっとした気分になれる、大笑いできて妙にあったかい映画でした。

アニメの世界というよりおとぎの世界(カートゥーンの世界かな)の主人公が現実世界にやってきてしまったからさあ大変!ってのが話の大筋。
ディズニーそのもののアニメーションから始まり(しかも今時セルアニメだそうで!)、そのオーバーアクションが現実世界でもそのまま引き継がれるので、その違和感がとにかくおもしろい。
実際にはただの「痛いコ」なんだろうけど、我関せずな日本と違い比較的おせっかいなアメリカなため、痛さはさほど感じずむしろ心おきなく笑えます。
楽しいという感情しか持たない主人公ジゼルが徐々に他の感情に芽生えるあたりは、古くから使われている王道で新しさはないのですが、かといってつまらなさはみじんもありません。むしろ安心してみていられるお約束炸裂のオンパレード。これを「ひねりがない」と嘆いてしまう人には、この映画は向きませんわ。
とにかく先が読めるけどハラハラさせる作りは見事。
当然、あくびは一度も出ませんでした。
ただ劇中、何度もスクリーンから目を背けた箇所が…。
詳しくは書きませんが、アニメなら大丈夫なんだけど実写(CG)だとダメな典型的な生き物です。

DVDは絶対買いです。
実はちょっと深いテーマも隠されていて、薄っぺらなセルフパロディにとどまらないあたり、ディズニーの真骨頂ですね。
いや、ホントおもしろかった。

テーマ:魔法にかけられて - ジャンル:映画

【2008/03/30 00:11 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<映画の日ハシゴ | ホーム | いざ、デザフェスへ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1005-282c74f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。