スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
映画の日ハシゴ
4/1(火) 晴れ(割と気温低め)

とりあえず予定通り「ノーカントリー」と「バンテージ・ポイント」の2本を新宿にて見てきました。
遠足前日みたいに朝早くに目が覚めて「これは朝一でイケル!」とふんだんですが、なんだか急に気分が悪くなって、結局二度寝(と言っても30分程度)。
昼前に出かけ、王将で餃子定食を食べた後に、まずは「ノーカントリー」の方をチョイス。
なんせアカデミーだし、感想を見聞きすると「乾いたタッチでうんぬん」とあるんで、娯楽性は低いと予想。
まあ案の定でした。
原題は「No Country For Old Men」で、後半部分の「オールドマン」が抜けてると、なにがなにやらわからんタイトルですって!
おかっぱ頭の無表情な殺し屋シガーがひたすら意味不明でコワイ。
ショットガンにサイレンサーつけてるの、はじめて見ました。
言葉は通じるのに会話が通じない(かみ合わない)、まるで天災のような殺し屋。
ターミネーターよりも理不尽でイヤだわ。
そして老いぼれの保安官の「昔はよかった。今の若いモンはわからん」がタイトルにかかってて、とにかく無力無気力。
湿度の全くない乾ききったタッチで、少なくともわたしには無理でした。
つまらなくはないけど、肌に合わないって感じか。

次の上映時間まで約1時間ほど空いてしまったので、ゲーセンでハイパースト2で7連勝したのち「バンテージ・ポイント」を(最後はわざと負けましたよ)。
いや、これはおもしろかったです!
時間も短いし、人物によって視点が変わり、それぞれの立ち位置や役回りが見えてくる。
ひとつの映画の中で、違う視点になるとキャラが変わるのが見事。
意外性の連続で、気が抜けません。
とにかくスリリング。
肩に力が入って、少々くたびれました…。
万人に薦められるのは「バンテージ・ポイント」で、「ノーカントリー」は想像力をフル回転して噛みしめてみる通好みな人向けですね。どちらも見て損はないですが、好みはまっぷたつにわかれるでしょう。
個人的には思っていた以上におもしろかった「バンテージ・ポイント」に軍配が上がりますけど。

あと予告編では、綾瀬はるかがひたすらかっこいい「僕の彼女はサイボーグ」と、今週末初日に行く予定の「クローバーフィールド」。あと「ブラック・サイト」もちょいと気になりました。
春先は劇場に足繁く通いそうです。

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【2008/04/01 19:21 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<クローバーフィールド | ホーム | 魔法にかけられて>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1008-52f1b5ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。