スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
シューテム・アップ
6/8(日) くもり(蒸し暑い)

微妙にあがらないテンションのまま、朝も普段通りに起きてPCをつける。
その割に作業をする気が起きない。
予定としては細々としたものをさっさと終わらせて、レイトショーに行く。
やる気が空回りして、これまたいつも通りの二度寝。
結局、早い昼食を取ってから作業開始。
BGMは中田ヤスタカプロデュース(コルテモニカ2枚→perfume2枚)を、繰り返し繰り返し延々ループ。
とりあえず今日は動かないアイコン的なものばかりなので、あまり時間もかからないだろうなんてたかをくくっていたのだけど…。
一通り終わらせて昼寝をしたのは18時だった。
作業中、私用電話が二度鳴り(一本はハッピーな知らせ)、営業電話が一回。あとamazonからの荷が届く。二冊頼んだ「僕の彼女はサイボーグ」の片方(もう片方は入荷待ち)。うむ、この映画の綾瀬はるかは本当にいい。ヤフオクに3メートルのポスターが出品されているのだけど、にわかにほしい。でもどーするのよ、3メートル。フラットウッドの宇宙人と同じサイズの綾瀬はるかよ。
やはりここは等身大ポップの出品待ちか(出るのかなぁ)。

そう、わりとそれも楽しみにしてたのに、なんだか撤去されたっぽいユナイテッドとしまえん!
まだ公開一週目だぞ。一日の上映回数が3回ってどんだけ入っていないんだ…。
レイトショーもないし。泣けてくる。

そして本日みたのが、その「僕の彼女はサイボーグ」と同じスクリーン1で上映している「シューテム・アップ」。これと交互にやっているからレイトショーがないというわけ。

そもそも完全なガンアクション一辺倒ストーリーなんて無いに等しく、一般公開されたのが奇跡のようなもの。
一言で言うと「潔い(いさぎよい)映画」です。
冒頭から撃って撃って撃ちまくる。
人はバンバン死ぬけど、ランボーと違ってゲーム感覚。
命の概念なんてない。
とにかく撃つ。
みていて気付きました。これは学生が学園祭なんかで作る自主映画なのだと。
もちろんそれなりのお金をかけているから安っぽさはない。
でも徹底的にガンファイトオンリー。
お話は本当にどーでもいい。
なぞめいた主人公の正体がわからないといってブーたれる映画の感想はいかがなものかと。
あなたはこの映画に何を期待しているのですか?と。
いーじゃん、弾が当たらなくても。
百発百中でも。
かっこよければいーじゃん。
ただ、それなりにこだわりを随所に見せてくれて、ちょっとした伏線(何度も言うがそんなストーリーに重きを置いていないので、もちろん見せ方についての伏線)が意外に心地よく、個人的には充分に楽しめました。パンフ買ったもの。
ただここまで「銃撃」にこだわった割にジョン・ウーのようなスタイリッシュさがなくて、そのあたりがやや残念なところ。
全編ハードロックが流れて、ゲームです、完全に(本人見えるからTPSかな)。
こちらも公開一週間ながら、客の入りは20人未満かな。
先週と同じスクリーンでみたけど、一列前にしてしまって微妙に頭が痛い。

さてポイントもたまったことだし、今度は「アフタースクール」かな。
佐々木蔵之介が出ていると、なんとなく見たくなってしまいます。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/06/09 00:04 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ハレハレファイト | ホーム | 僕の彼女はサイボーグ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1081-ab03878a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。