バットマンキャンセルフロッグマン
8/11(月) 晴れ(暑いね)

なんとなく気乗りしないので、映画に行くの止め。
かわりにジミー・タウケチに借りたままだった「フロッグマン(原題FROG-G-G)」を見ることに。
バットマンキャンセルフロッグマンってわけ。

とにかくつまらないとのことで、パッケージからも安っぽさ全開。
というわけで全く期待せずに見たんですけど。
いやはや80分が長い長い。
でも不思議とキライじゃないな、これ。

全編漂うチープな感じ。
ぬいぐるみ丸出しで、たけちゃんマンみたいな動きのフロッグマン。
サービス過剰な意味のないおっぱい。
完璧なB級映画。
それなのにメイキングがついている。
勢い、それも見てようやくわかった。
「これは70年代グラインドハウス映画へのオマージュだ」と。
若い監督が限られた予算で、自分なりに楽しいモノを作ろうとしている手作り感覚。
もちろん当時の映画は粗製濫造もあっただろうけど、でもそんな中ギラギラ光るエッジの効いたものもあった。悪魔のいけにえなんてその代表格でしょう。

手放しで絶賛できるおもしろさはない。
でもなんだか憎めない。
個人的には悪くなかったな。

さてシエスタしてから作業でもしますか。

テーマ:DVD - ジャンル:映画

【2008/08/11 14:03 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<夏休み的一日 | ホーム | 映画館はおまえのうちじゃない>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1151-c61d2937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |