スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
20世紀少年
9/3(水) 晴れ(暑い暑い)

マンガや小説の原作ものの映画化というのは、実に難儀なシロモノだと思う。
尺にあわせたアレンジをすれば「原作とアレが違う、コレが違う」と重箱の隅をつつかれ、原作の通りに話を運べば「ただのダイジェスト。原作をなぞっているだけの復習」とののしられる。
原作もの特にマンガ原作ならそれでも「マンガが動いて音が出る」という時点で高評価も得られるが(特に深夜アニメのようにシリーズものではしょる部分が少なくなればなるほど)、実写化し2時間枠におさめようとすると足かせだらけになって、結果うまくいかないことが多い。
名作と誉れ高くとも、邦画の実写化で「これはおもしろかった」と手放しで喜べるものはごくごく限られている。
そして原作に忠実よりも、大胆なアレンジをくわえたものが成功を収めているケースの方が多い気がする。
深作欣二監督の「魔界転生」は大好きな作品だけど、原作を読んだら全くの別物で驚いた。
だからといって映画版がつまらないと評価が下がるわけではなく、原作は原作でおもしろく映画は映画でおもしろいという希有な例だ。
賛否両論分かれる「デスノート」も、映画独自の構成(原作版で間延びしていた中盤のアクション編をカットしキャラクターを絞り込んだ)はうまいと思ったし、ラストのアプローチには舌を巻いた。
少なくとも安楽死させてしまったテレビアニメ版の最悪なラストよりは比べるべく無い傑作と思う。

急に時間ができたので、先週末見る予定だった「20世紀少年」に行った。
それにしても女性は実に計算高い。
レディスディは映画の日よりも多いじゃないか、と。
毎週水曜に1kで見られる女性が実にうらやましいし、うらめしい。
平日、正午の回というのに、客席は2/3程度埋まっていた(チケットを買うためにも列ができていたし)。
そして案の定な展開。
予告編の時点ではまだ許容範囲のおしゃべりも、さすがに本編が始まってから原作とは少し違う始まり方に「これってXXだよね」と話を止めない若造に「黙って見られねぇのかよ」とにらむ。
この声自体がうるさいけどもしかたない。
小さく肩をすくめて「すいません」と言ってその後黙って見ていたので、まだよかったけど。
そんな調子で始まったものだから、忠告する側だって気分よく見られはしない。
仰々しいタイトルロゴのCGに「オープニングで金をかけている邦画におもしろいものナシ」の法則が当てはまり、嫌な予感。
そして152分。
長い、長すぎる。
原作を復習するだけの内容。
しかも“ともだち”の正体を知っているものだから、おもしろさが半減以下。
マンガでは「誰が“ともだち”なのか?」をワクワクして読みふけっていた部分が、実写だとあからさまに骨格から正体がモロバレでゲンナリ。声色を変えていてもわかっちゃうし。
さらにはあからさまなパロディ部分が音読みされることで、ひたすらわざとらしく感じてしまい興ざめ。敷島博士に金田正太郎の鉄人28号コンビに、ヤン坊マー坊、キリコの彼氏は諸星壇とか。
活字ならニヤリとできるのに…。
終始そんな調子。
とにかく前に読んだ原作の復習。
あまりにむかしのことを覚えていない主人公にひたすらイライラさせられる(原作と同じなのに)。
そして都合よく思い出すまわりの連中。
マンガなら許される表現が、実写だとこうもリアリティのないご都合主義に見えるのかと勉強になりました。
よかったのは常盤貴子の胸かな。
キングマート初登場時の格好にはグッと来た。そんだけ。
たしかに原作のマンガに似た役者をそろえたのはおもしろいアプローチだと思うけど、なんかそれ以上のパンチが無くてそこでとどまってしまっている感じ。
おそらく見覚えのある役者がちょい役でも出てくるので、原作未見の人はキャラクターを把握できないんじゃないかな?

ともかく首が痛いのに両サイドがっちり埋まった状態で2時間越えでの鑑賞。
それもたいして楽しめない内容。
「ささいなことに怒らず、なるべく穏やかにね」と医師に忠告されたのに、この荒れ狂う気分をどうすればいいのさ…。

テーマ:20世紀少年 - ジャンル:映画

【2008/09/03 20:19 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<映画の日は歌舞伎町に限る | ホーム | ポニョとハンコック>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1179-b292413e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。