スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
チームバチスタの栄光、読了
12/5(金)晴れのち雷雨(なんたる天気か)

珍しく一日読破パターンではなく、時間を見つけて少しずつ読んでいた「チームバチスタの栄光」が本日読了。
テレビドラマ版にハマリ、映画版はすこぶる評判も悪く(そもそも男の主人公を女にしてしまう意図がわからない)見る気もしないが、原作は読んでみたかったという動機。
一人称視点で進んでいくため、主人公の見ていない部分は読者も知らない。
というわけで、読者も一緒になって事件に巻き込まれていく感覚。
しかしこのボリュームをよくテレビ版はふくらませたと思う。
今の時点ではすばらしいデキ。
ただ原作とラストを変えているというので、あからさまにチープな結末にはしてほしくないと祈るばかり。
たしかに「動機無き」がもっともセンセーショナル且つカンタンに作れるプロットで、逆にきっちりとした伏線とミスリードをちりばめてさらに動機も描くとなると、もはや犯人はあの人しかいないじゃないかとテレビ版の先はおおよその見当がつく。
それがいいのか悪いのかは演出にかかることだし、第一未見なのでどうなるかは見てのお楽しみ。

というわけで原作は、強烈なキャラクターに引っ張られて最後まで楽しく読めました。
犯人は知っていたし動機もわかっていて、ミステリーとしてはもっともつまらない読み始めだったのだけど、それでも読ませてくれるのは表現力というより舞台設定とやはりキャラクターの魅力。
田口、白鳥のコンビは読了後もしばらく忘れられそうにない。
テレビ版の配役は、さすがにビジュアル向けにソフトにしてあるけど、うまく昇華しているように感じた。一方で未見の映画版は配役の写真を見ただけでゲンナリする。それなのに映画は第二弾が政策決定したらしい。邦画界のシステムは理解を超えている。

それにしても今日は朝は温かな日差しの晴れ、昼になりにわかに雲がたなびいてきて、気付いたらポツリポツリ。そのうち突風とともに雨脚が強くなり、雷鳴すら轟く。雨が止むと気温をそのまま流してしまったかのごとくの肌寒さ。こりゃあ体調崩すよ。気をつけよう。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

【2008/12/05 23:24 】 | 本関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<地球が静止する日 | ホーム | 竜と役者バカとスッチー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1275-0848f04c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。