スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
JCVD
1/21(水) 曇りのち雨(天気予報当たる)

昨夜の楽しかった反動と、一昨日あたりからむやみに右手の親指と人差し指の間が痛く(腱鞘炎ぽい)、あまりにリアルで不愉快な夢を見て、朝からゲンナリ。
おまけに全身から焼き肉エキスがほとばしる感じで気持ち悪いし。

とりあえず二週おきに通っている病院に行き、そのまま事務所へ。
右手の痛みを訴えて湿布薬でも処方してもらえばよかった。
まったく頭が回っていない証拠。
二代目の世話をして、多少落ち着く。

今日は休みになったので、今日こそは時間を有効に使うべく映画を見に行くことにする。
選んだのは「その男 ヴァンダム」、原題は「JCVD」。
予告では若本紀夫がノリノリでナレーションやっていてなんとも気になっていたが、聞こえてくる噂は自虐ギャグを期待すると肩すかしを食うというもの。ただあくまで『肩すかし』であって、つまらないとは書かれていないことが不思議だったのだけど、見終わってみてそれがよくわかった。
実に良作。
たしかに自虐ネタもあるけど、落ちぶれたヴァンダムの悲哀だけで引っ張るわけでもなく、映画としてもかなり実験的でおもしろかった。黄昏れた彩度の低い画もマッチしていてよかったし。気付けばあくびも出ず、夢中に。
それにしてもレディスデイでも、客の入りが自分含めて6人。
ほとんど貸し切り状態。
案の定、10日から公開なのに今月いっぱいで終了。
おそらく来週以降は上映回数がさらに減りそうな予感。
ラスト前、ヴァンダムの心情吐露のシーンは計らずともグッと来てしまった。
長回しでカメラを前に延々語るのだけど、これがいいんだ。
ちょっとヴァンダム、見なおしたよ。

というわけで、ようやく20日過ぎて本年一発目。
ただ作品内容的には大満足。劇場で見ておいて正解。

映画を見終わってから、申し合わせたように電話が鳴る。
再来月の結婚式のスピーチ依頼だった。
こういう頼まれものは、なんだかとってもうれしい。
いつもは台本を用意せずぶっつけ本番で早口になってしまうのだけど、今回は秘蔵っ子でもあるのでネタを用意しておこうと決める。
さて何を話そう。ワクワク。

<今日の判定> ▼→○
起き抜けはどうなることかと思うほどのローテンション。
ただ病院で診察を終え、事務所に行ってからはやや風向きが変わってくる。
昨日頂いたお土産と手みやげがおいしく、特に平木木くんの持ってきてくれたせんべいがうまかったし、もみじまんじゅうも久しぶりでありがたかった。
帰宅後、軽く食事を取ってから映画。これも大満足。
そして電話。
雨のち晴れといったところ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2009/01/21 20:54 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<20世紀少年 第2章 最後の希望 | ホーム | 本年の映画鑑賞総括>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1322-b0fbb692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。