スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
おっぱいバレー
4/20(月) くもり(微妙な天気)

これは間違いなく「かつて男子だった」人のための映画である。
オジサン向けというとタイトルゆえに誤解されてしまうが、それでもこれは完全に一定の年齢層以上を狙ったものに違いない。それも男子限定。グループでチャリンコ乗り回して、あちこち出かけていれば完璧。

原作からあえて昭和の時代、それも70年代に設定を変えた監督には拍手を送りたい。
「おっぱい」を気軽に見ることもままならなかった時代だからこそ、あの王道青春ドラマはより輝いて見える。
こっそりエロ雑誌を拾ったり、成人映画館の前を意味の無く往復してみたり、新聞のラテ欄で大人向けの番組のタイトルだけでイマジネーションがふくらんでいた時代。

なんとも懐かしく、それでいてほほえましい。
あぁ、自分がもしあの場にいたら、やっぱりバレーに打ち込んでいただろう。

綾瀬はるかをキャスティングしたのも大正解。
妙なセクシーキャラではあの味は出ないし、出自がグラビアなのでボディバランスも申し分ない。
長澤まさみでは新米教師には見えないし、あの綾瀬はるか特有のほんわかした空気感がちょうどいい。
ちゃんと先生に見えたし。

ぶっちゃけ「僕の彼女はサイボーグ」の方が思い切ったアングルだったが、「おっぱいバレー」はそもそもそのタイトルから内容は大きく乖離しているため、セクシーショットは必要ない。
『これは青春ドラマで、綾瀬はるかのおっぱいを見ようと思うこと人には向かない』と、ことごとく映画評で書かれているとおり。ただ悲しいかな、心のどこかで期待してしまうのが、いくつになっても男子たるもの。
ラテ欄で期待して親の目を盗んでやっとのことで見た11PMの「大人のマル秘特集!」が予想通りじゃなかったことが、一度や二度じゃなかったはずだ。

内容はとにかく王道。
しかし不良がスポーツで更正して甲子園を目指すのとは似て非なる。
おっぱい見たさに懸命に頑張る彼らは、何も変わらない。
実直なまでのバカさだ。
もちろん思春期特有の潔いまでのバカさ。
女子にバカにされ、強面の先輩には頭が上がらず、平気でくじける。
それこそが等身大の、あの当時の中学生。
だからこそラストシーンが生きてくる。

冒頭の、まるで「2001年宇宙の旅」を彷彿とさせるシークエンスにまず度肝を抜かれたが、キチンと最後につながっているあたり「そうだったのか!」と唸ってしまった。

あと全編にちりばめられる綾瀬はるかの「え?」の声と表情がサイコー。
映画自体はとにかく「バカだなあ」と顔がほころぶ場面ばかりで大満足だったのだけど、鑑賞前にチケットを買い求めるときに一回、鑑賞直前のもぎりで一回、鑑賞後パンフを買い求めるためにもう一回、都合三回も「おっぱいバレー」と音に出さなきゃいけないのは、もはやなにかのプレイなのではないか?と思わざるを得ない。
しかも妙に意識するから破裂音の「ぱ」と「バ」が言いづらいし…。

<今日の判定> ◎
掛け値無しにいい映画だった。
ただし男子限定。女子にはわからないだろう…。

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

【2009/04/20 22:07 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<チェイサー | ホーム | ウォッチメン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1409-4ea93d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。