仕事と健康の二択
7/3(金) 曇りのち雨(気温は割と低め)

二週に一度の町医者の日。
先日より朝血圧を測るようになったのだけど、これが驚くべき高め維持で、ついでにそれも相談。
もともとが心療内科系で、内分泌代謝系ではない。
ゆえにそっちは東京医大。
ただ次回が八月なので、せっかくだし相談することに。

まー、けちょんけちょんにしかられました。
最大限突き放されて脅されて、それでも不愉快と感じなかったのは、先生の善意を感じることが出来たから。
もともと信頼してるし。
あそこまで頭ごなしにしかりとばされると、逆に「あぁ、この人はオレのためにしかってくれている」と感じ取ることが出来る。ようは自分のストレス発散のための八つ当たりではない。

もっともズシンと響いたのが、表題のくだり。
仕事の関係上、どうしても夕食をとる時間が遅くなってしまうため、これが健康維持にはもっともよろしくない、と。あとは睡眠不足。もちろんストレスも。
で、当たり前のように「でも、仕事なんで、これ以上早くには無理なんです」と返してしまった。
それに対して「肝機能が落ちている方が、仕事のつきあいで酒席を断れない。これが仕事なので、という。でもそれは自分で選択したリスクで、健康と仕事とどちらが大切かを考えれば、どうすればいいかはわかるはず。もちろん仕事は生活する上で必要なことだから、そのリスクを知った上で気をつけて行くことが重要」
実際はもっと突き放した言い回しだったのだけど、要約するとこんな感じ。
標準的な体型ならまだしも、このナリなら全身に血液を送るために心臓フル稼働だから血圧は当然高くなる。そして血糖値が高めゆえに、よけい血管にかかる負担が増える。いずれは細くなり、流れづらくなり、つまって、圧がかかるから破裂する。見事なまでの死神コンボだ。
仕事だからどうすることも出来ないとイイワケしたところで、結局のところ自身の身体は確実に老いてガタが来ているため、かつての同期のようにある日突然カレーに突っ伏してあの世行きになるのもけっして無い未来ではないと。

なるべく野菜中心(というよりキャベツとキノコ、あと豆腐)にシフトしつつあるが、急激な変化は訪れるわけもなく、ゆえにストレスを感じてバカ食い。振り出しに戻るを繰り返していたが、さすがに腹をくくらないと死に神が大鎌振りかざし手ぐすね引いているようなので、もっと律する必要性アリ。

しかし生活するためには仕事はしないといけない。
だがそのせいで夕食時間が遅くなり、人間本来のリズムが壊れる。
ある日突然、ばったり逝くのもわかる気がする。
まだ病院がよいのため、気をつけなければ!と感じているだけマシかもしれない。

なんといいますか…。
歳を取ると言うことは、こういうことなんですね。
突然死に十三面待ち状態じゃないかよ。
もっとも普段の行いがいいから、きっとプツンで大あくびにて終了に違いない。

<今日の判定> ▼
そんな調子なので当然気分がいいわけもなく、地上波のエヴァなんぞ見てしまう。
ウジウジしているシンジくんにひたすらいらつき、逆にストレス値が上がった気がする。
やれやれ。
【2009/07/03 23:40 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ため息の橋 | ホーム | 遠方よりサプライズ来たる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1448-f758567e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |