スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
注射痕
8/17(月) 晴れ(この湿度はベストだ)

消化器内科は9時半の予約でも、問診が始まるのはおおよそ一時間後。
盆明けと夏休みが微妙にずれているのか、意外なほどに一が少ない。
続く皮膚科の予約をずらして入れておいたので、うまいタイミングでコンボになってくれた。
それにしてもせっかく小説を持参したのに、なんだか妙にテンションが低くて、ずっとウトウト。
ぼんやりしていると時間経過って早い。
「問診終わったらオレ、バルト9でサマーウォーズ見るんだ」
11時半の回は難しいだろうから、歌舞伎町で久しく口にしていなかった餃子定食でも食べてからさくらやホビー館でガンプラ買って、14時の回が余裕だろう。金券ショップは西口が割と穴場なんで、そこで調達すればヨシ。
そんなことを考えつつ、消化器内科はあっさりと問診も終わる。
そもそも胃の調子、胆石もうずいていないから、三ヶ月に一度の鎮痛剤一箱処方のためと、定期検診みたいなもの。
おかげで糖尿も見つかったし、別に苦でもない。
その後、同じ階にある皮膚科へ。
こっちは内科と比べて席がほぼ埋まっている状態。
これでも空いている方らしいのだけど。
受診する前に、医学生が同席する旨の同意書にサイン。
あと採血とか組織を教材に使うとか言っていた。ようは献体みたいなもの?
イヤだとごねるモンスター・ペイシェントは幸いにして自分の中にはいないし、むしろドナーカード持ってるし(角膜くらいなら使えるだろうから)。
しかし意外だったのは皮膚科は女医さんが多いということ。
冗談が全然通じないのと、医学生二人がかぶり付きで見ているなかの問診はいささか恥ずかしい。
というのも、わたくしミノマイシンという薬にアレルギーがありまして、これを今度体内に注入されるとアナフェラキシー必須。ようはショック死で天国直行便というわけ。
ツツガムシ病の特効薬なのだけど、国内では大島で、しかも裸足で草っぱらをかけずり回らない限り、まず感染することはない。
ただ薬にアレルギーがあることは、今回手術があるため、キチンと伝えなければならない。
おまけに現在服用している薬が山ほどある。
ずらずらと名称を上げていって、軽く滅入った。
ここで一言「ミスター成人病です」。まったくウケない…。

胸のしこりと、足に出来ているイボは別物で、とりあえず胸の方を手術で切り取ることになった。
よりによって9/1映画の日の午前中だ。
粉瘤という、いわゆる脂肪のかたまりらしい。実際は角質がはがれ落ちずに、ツボ状になった穴に溜まっていってふくらんでしまったもの。ツボカビかよ!と、一瞬イヤな名称が脳裏をよぎったわ。
カッターとかで切れば絞り出すことは可能(youtubeとかにある…)だが、そもそもの穴を形成しているものがそのままなので、再び大きくなるらしい。さらに万一ばい菌が入って感染すると、膿が出来てかなり痛くなると。
ググると、食事時には見たくない画像がたくさん出てくるので、検索するのは止めましょう。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/5429/tumor.html
ここのサイトが詳しいですが、画像はグロです…(だからリンクしません)。
動画も見つけましたが、見るんじゃなかったと激しく後悔しています。
そしてわたくしの場合、胸の中央部分にこやつが出来ているわけで、しかも胸毛がもじゃもじゃゆえに術前に剃毛が待ってます。
そしてデカいので、ケロイドが残る可能性があると言われました。
スペル星人だぜ!
 「実験は成功した! 我らスペル星人は地球人の血で生きていけるのだ! グモー(鳴き声)」

今回、手術があると言うことで、事前に採血をして、感染症にかかっていないか(HIVの文字が同意書に躍っていた)調べるという。二週前に採られた注射痕を目印に「ここからこの間採られました」といったら、同じ場所にしてくれた。虫さされのあとみたい。

東京医大をあとにしたのが12時直前。
歌舞伎町に移動して(途中水分補給。アイソトニック系は微妙に甘いからのどが渇くんでイヤなのだけど、汗を大量にかいているので電解質補給)、昼食を。
金券ショップを何軒もハシゴしたが、いずれもサマーウォーズは売り切れ。
イヤな予感。
エヴァは1200円だったかな。もう一度見ようとも思わないしなあ。
それ以外にはなにがやっているんだ?
それにしてもコマ劇場周辺は、本当に寂れた。
ラスベガスというゲーセンが閉店し、隣の映画館もずいぶん前に閉館したので、広場でごろ寝しているホームレスや顔色の悪い若者たちが、まさしくリビングデッドの様相。
ここに来て、ぐるりと見渡せばそれなりに様々な映画がやっていたのに、今はミラノ座と東亜興業の二軒のみ。選択肢が偏りすぎていて、ピカデリーやバルト9には足元にも及んでない。
寂しい有様だ。

さくらやホビー館で30周年限定の1/144ガンダムを買ってから(800円台だった。昔のキットの値段みたい。割引率が高い?)、バルト9へ。
なんだかビル周辺には若者多数。
上映が終わるにはちょっと早いような?という疑問は、エレベーターで9階に上がってよくわかりました。
寄生虫館のサナダムシのごとく、どんだけ折り曲げて収納しているんだ状態。
しかも一階で見た空席率は△(16時の回は◎)。
この人数すべてを収容出来るとは思えないので、今並ぶと自動的に16時、すなわちさらに二時間以上つぶさないとならないハメに。
血を採られ、いくら湿度が低いとはいえ新宿を横断してきて、いささかくたびれていた自分には、この列に並んでまで見たいという欲求は生まれなかった。
もうね、どうせ作画はシンプルな線だから、大画面じゃなくてもいいよ。
そんな気分。

這々の体で西武新宿に戻り、スパークリングウォーターだと思って買った飲み物が、ただの炭酸ジュースでガッカリ。
無難にエビアンとかおいしい水とかにしておけばよかった。

総じて今日は、今ひとつな気分。
帰宅後は昼寝しました。
目が覚めたらあたり真っ暗でビックリだよ。

<今日の判定>△
行きのバスは、今回もギリギリセーフ(ちょっと走った)。
滑り出しは良好だったのだけどね。エアコンの吹き出し口が頭直撃で、さすがの暑がりのわたくしにも脳みそが凍るかと。
そっか。久しぶりに時間つぶしでゲーセン行って、たばこ臭に抱かれスト2やったのがそもそもよくなかったのか。
【2009/08/17 21:39 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<サマーウォーズ | ホーム | …元気>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1464-fafb061e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。