なんという世間の狭さ
8/27(木) 晴れ(夜の方が蒸し暑いなんて)

昔の知り合いからメールが来まして、その内容が「いい絵描きを紹介しろよ、このやろう」。
もちろんそんなぶっきらぼうな書き方ではなく、極めて紳士的な文面。

その筋に強い人の名前がいの一番に浮かんだものの、ラインをいろいろ抱えて忙殺されている実情を聞いていたし、申し訳ないけどここは別の人にチャンスを!と思い、うちのデザイナーエース二人に急ぎメールを投げる。

この時点ではジャンルしか判明していない状態。
それでも「やってみたいです」と返信アリ。

その旨、先方に伝えるべくメールをしたためていると、先手を打たれるかの如く追記が来ましてね。
そこにタイトルと、参考用のリンク。
聞いたことがあるようなタイトルながら、似たようなものはたくさんあるだろうから、それについてはあえて触れずに返信。

その後、リンクをクリックすると、なんだか見覚えのある絵が出現。

まさかな?とはやる気持ちを抑えて、思い当たる個人サイトにアクセス。

Get ya!

なんという世間の狭さですか。

その事実を知っているのは、わたくしひとりなわけで、もうニヤニヤが止まらない。
もしその方の忙しい現状を知らずに「こんなお話しがあるんですがどうでしょうか?」と聞いて、さらに時間的余裕があり「お話しだけでも伺いたいと思います」と返信があれば、打診してきた知り合いとその方を引き合わせることになり、新しいコネクションだぜとウキウキ気分と緊張な面持ちで行ったら「え、マジですか…」と、映画版二十世紀少年の小泉響子役木南晴夏バリな鳩が豆鉄砲を食ったような表情になったであろうに。

狭い。狭いわ。
あらためて「悪いことはできない」と思う今日この頃。

<今日の判定> ○
ゆかい、ゆかい。
人と人をつなぐことって楽しい。
人の役に立っていると実感できるから。
うまくつながるといいな。
以前、ぬか喜びで消滅してしまったことがあったんで…。
あれは間に立つ人間の数が多すぎて伝言ゲームみたいになっちゃって、「やばいな」と思ったらその通りに。
納期も短かったし、そのわりに細かい仕様が全然伝えてもらえなくて、かなりイライラした。
【2009/08/28 01:06 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<【ネタバレ】20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 | ホーム | 命日>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1469-c2242249
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |