スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
7人のマッハ!
12/14(水) 晴れ(一段と寒い)

本日はハンズに、窓に張るためのカッティングシートとホワイトボード用イレーサーの買い出し。さすがに2年近くなるとノリも効かなくなりまして、また地道に切り出さないといけません。イレーサー(こんな名称とは知らなかった)も同様。地味に事務所で活躍してくれていましたが、最近消し跡が残るようになったので世代交代。

で、午前中に買い物も終わり、なにげなく金券ショップをのぞいてみると「7人のマッハ!」がなんと980円。
もともと金曜の帰りにでも見ようと思っていたのですが、まだ時間もあるしということで見ていくことに。

原題は「BORN TO FIGHT」。
「マッハ!」と同じくタイ映画です。
ストーリーは、ほぼ1行あれば語り尽くせる内容ですが、前作同様(一応「マッハ!」のアクション監督だった人が今作の監督)あまりに無茶なスタントアクションで、一歩どころか半歩間違えれば「テレビの前のあなたが目撃者。決定的瞬間100連発!」になりかねない危険な場面ばかりです。
タイの人は丈夫なんだなぁと錯覚してしまいそうです。

しかしながら、今作のスゴイのはアクションだけではありません。
ゲリラ(クメールルージュ風)が舞台となる村を制圧するのですが、これがあまりに情け容赦ない一方的な虐殺なんです。とにかくむやみやたらに人が死にます。
しかも相手の数も多い。
スタローンなりシュワルツェネッガーなら単身全滅させられそうですが、意外とそういったヒーロー的な描かれ方がされていなくて、見終わった後もさほど爽快感はなく、むしろぐったりとくたびれてしまう映画でした。
「マッハ!」を期待していくと、エライ目にあいます。
おじいさん対ゲリラのタイマン対決で、わたし泣きそうでした。
鉄山こうっぽい体当たりが最高にかっこよかった。

そうそう、その「マッハ!」ラストバトルでの敵役の人が、今回も悪者で出てました。
でもパンフに名前がない…。

テーマ:タイ映画 - ジャンル:映画

【2005/12/14 23:21 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<チキン・リトル | ホーム | いまさらFF アドベント・チルドレン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/147-09d53ded
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。