迷惑な話をいくつか
10/11(日) 晴れ(暖かくても半袖は無理)

昨日の夜の話。てゆーか、映画を見ているとき。
テーマ的に若年層よりもミドルハイやシニア系が目立つハコ。
左は夫婦、右はおばさん一人。目の前にも夫婦。
いい年して仲がよろしいことでと、コメディ系のなごやかなものならゆとりもあれど、とにかく重い内容なので目の前のおっちゃんが奥さんのなぜか左座席位置にあるポッポコーンに手を伸ばす挙動が気になって仕方ない。サカリがついたバカップルみたいで閉口。
もっともこれは話が進むにつれて、とても何か食べていられるようなものでもなくなり、おさまったのだけど。
左手の夫婦。一席離れているからかすかに聞こえる程度ながら、奥さん黙ってられない性格らしく、ここぞとばかりに感想を口にする。
フィルムがかかる前に強制的に見させられるマナームービーはスルーですか。
上映中はおしゃべり禁止だよ、日本では。

最悪なのが右隣のおばさん。外から買ってきたとおぼしき何かをむしゃむしゃ食べる。もちろん食べるのはいいが、袋を破る音が耳障り。これもマナームービーでやってたじゃないかよ…。
そしてとにかく黙って見ていられない。一応気を遣ってはいるらしく、つぶやくようなささやき声ながら、これが要所要所で差し挟まれる。DVDのオーディオコメンタリーかよ!と。
ラストシーン。劇場が固唾を飲んで見守るそのとき、犯人の行動に「きたない」と言った瞬間、もうガマンの限界を超えた。にらみつけて「黙って見てくれない?」と、おそらくおばさんより大きな声が出ていたと思う。
ようは自身が、一番いいシーンで迷惑行為というわけ。

おもしろいシーンで笑う、悲しいシーンですすり泣く、ショックシーンで飛び上がるという、劇場の一体感ではなく、なんといいますか自分のうちでDVD見ているメンタリティは、なにも若年層だけの問題ではなく、むしろシニアにかかってくると感想が無意識に口をついて出てしまうのかもしれない。


つい先刻のこと。
いつものように中田ヤスタカ系を垂れ流しにしてヤスリがけしたのだが、曲の間になにやら女性の声が聞こえる気がした。
いわゆるオカルト音というのではなく、どうやら表から。
ミュートにして耳をそばだてる。
たしかに女性の声だ。それもあえぎ声?
しかしうちのまわりでは、未だかつてそんな声が漏れ聞こえてきたことがない。
隣の普段はおとなしいが酒が入ると独りで怒号を発する困ったじいさんはいるが…。
窓を開けると、ハッキリと聞こえてきた。
しかも「痛いよ~」が混じっている。開け放たれた窓から漏れるのではなく、あきらかに発生源は屋外。
それもかなり近い。
ベランダに携帯片手にあわてて出る。
悲鳴だ。痛いを連呼している。
身を乗り出すが、ちょうど眼前の家屋が邪魔して見えてこない。ただ、その女性の声に混じって男性のいさめるような声も聞こえる。
しばらくその方向を見て、そのままやり過ごす歩行者もいるから、もしかしたらもう誰かが通報したのかもしれない。
とりあえず目で確認しようと、階下に降りて表に出る。
右手を向くと少し離れたところにへたり込んでいる女性が見えた。男性は…警官ではない。漏れ見える光で携帯は持っているようだ。絡まれているのか?と思ったが、どうやらカップルのようだ。
痴話げんかでもただならぬ事態になっては困るし、誰かに見られていると意識できるようにこの巨漢のインパクトを生かして道に出て、見つめる。
すぐに気付いたようだ。
男がこちらに向かってくる。単に進行方向がこちらに向いているだけ。
女も躊躇しつつも立ち上がり、ブーツをならして付いてくる。
なんか怒っている雰囲気。確実に酔っている。
二人はわたしの真横をすり抜けていった。
声をかけようかとも思ったが、はた迷惑な酔っぱらいに住処を教えたあげくに絡まれるのも釈然としないので冷淡なまなざしで見送る。

考えてみれば、あえぎ声に「助けて」は含まれてなかったな。
単に男の気を引きたくて道に座り込んでただけかよ。

はしたない生き物だ。いくつになっても。

<今日の判定> △
ヤスリがけに飽きて、水槽用の水草を買いに出かける。
祖父祖母の眠るお寺の前にある熱帯魚屋まで。
境内では先日お彼岸のときにアマガエルを見つけたので、今日もいるかなと眺める。
なにやら藻の生い茂る池でもぞもぞと動く影あり。
魚? しかしあの石臼塚には魚はいないはず(春先のガマ合戦のとき以外は降雨以外で水量の補充はしていないので)。
落ちた銀杏の葉の下に茶色の鼻先が見えた。
トノサマガエルだ!
もとい、今は関東ではトウキョウダルマガエルって言うんだっけ。
正直、トノサマガエルとトウキョウダルマガエルを並べられても、どっちか判別できないくらい似ている(もちろん違う部分はあるので別の種に認定されたのだけど)。
子供の頃の知識もアップデイトしないと、現代についていけないというわけ。
しかしあのお寺には三種のカエルがいるのか。
いいことだ。
トノサマガエル…もといトウキョウダルマガエルの野生を見るなんて、何十年ぶりだろう。
【2009/10/12 01:51 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<音楽会に行ってきた | ホーム | さまよう刃>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1499-dbaeed35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |