スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
GW前日の日常とアリスインワンダーランド
4/28(水) 雨のち曇り(かなり雨脚強く)

新宿にできたヤマダ電機にて12万ちょいのパソコンが、先週の木曜に7万切るプライスで出ていたことを知ったのは、オープニングセール第二弾のチラシでのこと。
今回は1万円上乗せながら、それでも通常店頭価格よりも4万も安い。
開店時間は10時。
雨脚の強い中、午後からの映画にはずいぶんと時間があるものの出かけ、着いたのが開店十五分後。
すでに入り口付近では机が撤収作業。
チラシ片手で店員を捕まえて何か聞いている客。
目玉商品はすでにないらしい。
とりあえずパソコン売り場に行くが、そこでも客が店員を捕まえ、何か聞いている。
なるほど、この十五分ですべて売り切れたようだ。
いささかガッカリしたものの、モニターの解像度を見てあきらめが付いた。
今のものよりもワイドで横幅は広くなるが、上下が狭くなる。
しかもプロパティを見て、それ以上にはならないことを確認。
なら別にdellでいいやと。

新宿から一路、アイマックスシアターのある川崎まで。
それにしても電車内が暑い。
久しく乗っていない雨の中の車中は、僕にはいささかツライものがある。

僕としては珍しく一人鑑賞ではなく14時に合流なので、ラゾーナの中をグルグルとまわって時間つぶし。
けっこう何とかなった。
しかしGW前日、そして平日水曜の昼下がりだというのに、けっこうな人出。
雨は関係ないのか。
映画館についてさらに驚いた。
満員である。
ついでにいうと学生の姿も目に付く。GW前でお休みなのか?

さて待望のアイマックスシアターでの3D鑑賞である。
3Dを見るならアイマックスがベストといわれるだけあって、期待値は大きい。
そしてなにより音響がすばらしい。
予告編のアイアンマン2で、ズボンの裾が爆音で揺れた。
画面はもちろん目を閉じてみていない。
トイストーリー3は早速の立体画面なのだけど、見たくなかったのでこれも目をつぶってスルー。

さて本編が始まるが…。
なんということか、あまり立体視にならない!
左目の視力が右目よりも落ちているためなのか、とにかくRealD(ユナイッテッドシネマ豊洲)やXpanD(新宿ピカデリー)とたいして印象が変わらない…。
ようするに「ちょっと奥行きがある程度」で、すさまじい立体感を味わえないのだ。
これはひとえに、おのれの目が悪い、と。

演出上、けっこう目の前をよぎる、突き立てるなどあるのに、その恩恵がほとんど受けられない。
これではわざわざ川崎くんだりまで、往復の交通費1k以上使って、さらに3D映画ゆえに2.2kの入場料を支払った甲斐はない。
楽しみにしていた、目の前をふわふわ浮かぶチェシャ猫も、全然たいしたことないし。
ちなみに一番浮き出て見えたのは、エンドテロップの両サイドに写ったのびてくるキノコ。
これはまるでスクリーンわきに生えているように見えた。
ようは動きがめまぐるしいと、僕の目では立体視できないということなのかもしれない。

あとはとにかく眉間が痛くなり、つまらなくはないのに途中で一瞬眠ってしまった。
映画を見ていて眠るのは、スターウォーズEP1以来。
あくびは出ても寝ることはまずないのに。
要するに目が疲れて、目を閉じてしまったと。そこに睡魔が襲ってきた。
時間にして5分程度だと思う。

なにしろティム・バートンの作品ゆえ、正直ワクワクドキドキで楽しいエンターテインメントというわけではない。
どちらかというと、彼の作り出した映像世界に首まで浸かって楽しむものだと思っている。
登場人物はみな身体のバランスの崩れたある種のフリークスであり、誰一人としてまともなスタイルの人間がいない。
おそらくジョニー・デップのマッド・ハッターは目が大きい気がする。
細かいところでバランスを崩しているので、とにかく異質。
別に立体画像じゃなくても充分に楽しめると思う。
さらに吹き替えをチョイスしてしまったため(字幕が飛び出てくるのはイヤだった)、どうしても生の役者息吹が感じられず、それゆえに世界に没入できなかった。
赤の女王とチェシャ猫の声はピッタリだったけど、肝心の主役のアリスがどうにもイマイチ感がぬぐいきれず残念。
あとはアリス自体を知らないと、このキャラクターは何者?がわかりづらく、舞台背景が追い切れないのも難点。
僕はアリスをテーマにしたオリジナルゲームの制作に携わっていたのである程度の名称は覚えていたが、それでも細かい部分でアリス自体を知らないため、バックグラウンドがまるでわからず状態。

そういった意味で、台詞回しでも知ってたらもっと楽しめるんだろうと思いつつ、映像だけをひたすら楽しむよう心がけた。
途中寝オチしたものの、ビジュアルイメージはたしかに鮮烈で、その点では満足。
ストーリー展開は、吹き替えプラスアリス自体を知らない勉強不足、さらにあまり立体視できない不満で大きなマイナス。

いつものシネコンで、いつものレイトショー値段ならそれなりに満足。
川崎に遠征し、トータルで3K以上かけてでは不満が大きい。

人間、正直だね。
でもパンフは買いました。

映画のあとは蒲田に移動して、数年ぶりの金春で舌鼓。
女性客のみのグループもいたりと、店構えのわりには大繁盛。
やはり〆の揚げパンは外せない。
ただ最初にオーダーしたものしか結果的に食べきれずに、食べ放題にした意味はなかったかも。
たらふく食べ過ぎて、帰りの京浜東北線、中央線は空調の効かない蒸し暑さも手伝って、やばい状態だった。

<今日の判定> △
パソコンは買えなかったけど、あまりガッカリ感はなし。
アリスはそれなり。
金春に大満足。
尻上がりに好調なGW前日。

テーマ:アリス・イン・ワンダーランド - ジャンル:映画

【2010/04/29 01:03 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(1) |
<<ロマンポルシェ。「盗んだバイクで天城越」発売記念ライブ | ホーム | 指先、切れてた>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1607-4d037b73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アリスインワンダーランド
深キョン「私が白の女王」 映画「アリス・イン―」キャンペーン結果発表 &lrm;40 &#20998;&#21069;&lrm; 公開中の映画「アリス・イン・ワンダーランド」(ティム・バートン監督)吹き替え版で、声優を担当した有名人を当てる「白の女王は誰だ!?」キャンペーンの結果が2... 話題になったニュース集めました【2010/04/29 09:17】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。