スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
男たちの大和と2005年見た映画の総括
12/28(水) 晴れ(今日も風強い)

世間より一足早い仕事納めながら本日は大掃除の予定を入れたので、朝一の回を観てきました。
劇場は、早い時間のためかほとんど空席。
そしてその観客の8割がおじいさん。
きっと戦争を知っている世代に違いない。
そんな異様な環境で始まった「男たちの大和」は、おもしろかったとかつまらなかったとか、そんな凡庸な感想では語れないつらさがありました。
戦意高揚映画でもなければ、お涙頂戴の浪花節とも違う。
淡々と当時の男たちとそのまわりの家族、恋人たちが描かれ、どうすることもできない現実に向かっていく姿に胸を打たれます。
ことラストの大和が総攻撃を受け沈没するシーンでは、あまりに凄絶すぎて「もう、やめてくれ…」と思うほどでした。
それでも決してくじけず、最後まで戦い抜く男たち。
エンドテロップが流れる中、あちこちからすすり泣きが聞こえてきたのですが、なんとなくわかる気がしました。

そんな胸一杯に慟哭を秘めながら、駅に向かうわたしだったのですが、またしても捕まってしまいました…。
今年これで3度目です。
共通点は迷彩パンツとサングラス。そして映画帰り。あとは正午過ぎという時間帯ですね。

なんとなく気分が害されたまま中央線に乗り込み、一路高円寺へ。
エスカレーター設置工事中のためひとつしかない階段を降り始めると、大きなボストンバッグに難儀しているおねえちゃんが目につきました。
友達とおぼしき女性はすでに途中の踊り場まで先行しており、気にはしているようですが、その人自身も大きなバッグを持っているのでどうにもできない状態。
一瞥をくれて横を通り過ぎ、くだんのおねえちゃんより一段階段を下りたわたしだったのですが、やはり気になりお節介ながら声をかけてみました。

えぇ、ナンパです。

違います。

「手、貸しましょうか?」と申し出たわたしに、そのコはあっさりと「ありがとうございます」と返事。
注)当方、先刻職質をされた外見です。
とりあえず、自分の鞄が邪魔だったのでおねえちゃんに持たせ、わたしはかわりにその巨大なバッグを片手で持ち、階段を下りました。ちなみに難儀するのもムリもないくらいに、かなり重かったです…。
途中で待っていたそのコの友達にお礼を言われ、さらに階下で待っていたもう一人(3人組だったんですね)にも「ありがとうございます」で出迎えられました。

まぁちゃっかりしてるコだなぁと言えばそれまでですが、困っている人は見過ごせません。
たぶんに『大和効果』ではないか?とは思いますが(失笑)。
でも、あんな重いバッグで旅行(たぶん海外旅行の帰りじゃないかな?)いかんですよ…。
さて、今回はもう一つ。
年内に見る予定だった「キングコング」がどうやら年明けになりそうなので、「男たちの大和」をもって今年の劇場映画は締め。
昨年同様、この一年を振り返ってみようと思います。
ちなみに昨年は27本でした。

<1月>
 ◎ Mrインクレディブル
 △ カンフー・ハッスル(字幕版)
 × エイリアンvsプレデター

<2月>
 △ オペラ座の怪人
 ○ 復讐者に憐れみを       

<3月>
 △ セルラー
 △ ローレライ

<4月>
 △ あずみ2

<5月>
 △ コンスタンティン
 △ 甘い人生(a bittersweet life)

<6月>
 △ フォーガットン
 ▲ 宇宙戦争 

<7月>
 × 戦国自衛隊1549
 ◎ SW エピソード3

<8月>
 ◎ リンダリンダリンダ (今年ベスト1)
 × 皇帝ペンギン         
 ▲ 亡国のイージス
 ○ ポケモン 波導の勇者ルカリオ 
 × ロボッツ
 ○ 妖怪大戦争  
 △ アイランド 

<9月>
 ▲ ランド・オブ・ザ・デッド   
 × 容疑者 室井慎次       

<10月>
 ○ シンシティ 

<11月>
 × スクラップヘブン       

<12月>
 ○ 親切なクムジャさん      
 ● 7人のマッハ!(BORN TO FIGHT)
 ○ チキン・リトル
 ○ 男たちの大和

 計29本(前年より2本増。毎月1本以上見ている)

実際、見る予定で諸般の都合で見られなかったものも数本あるので、30本越えできなかったのが悔しいところ。
とにもかくにも、本年のベストは「リンダリンダリンダ」この1本に尽きます。
来年3月発売のDVDが待ち遠しいです。

テーマ:男たちの大和 - ジャンル:映画

【2005/12/28 20:24 】 | 映画鑑賞記 | コメント(2) | トラックバック(2) |
<<正月は映画を | ホーム | チキン・リトル>>
コメント

明けましておめでとうございます。

「リンダリンダ」は見よう見ようと思っているうちに都合がつかず見れない作品でした。名画座で狙ってみます。

年明けは「博士の愛した数式」と「ダヴィンチ・コード」に期待しているのですが…。

今年もよろしくお願いします。
【2006/01/01 10:46】| URL | 小さな小さな企画屋の社長 #-[ 編集] |

あけましておめでとうございます。

「リンダx3」は、非常にヌルい空気感が大丈夫ならば、Okayだと思います。

ところで、まだ名画座というのは各地に存在しているのでしょうか?
わたしの知っているのは「早稲田松竹」くらいで、他は軒並み閉館してしまいました…。

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
【2006/01/01 23:53】| URL | maruzoo #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/161-32813487
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
岩国ニューセントラルに大和出現!
以前、遙が紹介した岩国ニューセントラルに『男たちの大和/YAMATO』を観に行ったところ、戦艦大和が鎮座しており、その撮影に成功しました♪※(関連記事)岩国ニューセントラルでもヲタク割引!高水高等学校付属中学校3年有志が制作した「1/100スケール戦艦大 萌えきすとらBLOG【2006/01/10 18:33】
男たちの大和
 戦艦大和の最期、そしてその乗組員の生き様・死に様を描いた大作。 本作の制作をきっかけに、日本は「大和ブーム」になったという。粗筋 2005年。 九州を一人の女性が漁村を訪れ、太平洋のある海域にまで連れて行ってほしい、と頼み込んできた。 その海域とは、戦艦.. 非常に適当な本と映画のページ【2006/01/01 18:25】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。