スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
アーバンギャルドの五月病総会
5/15 -5/16記述-

デザフェスを途中でぬけて、開場の17時に間に合うように出たかったのだけど、なぜか到着は17時半。
しかも道中ツイッターで確認すると「16時からバニビの物販アリ」との告知。
開演30分前ならまだやっているかもと一縷の望みをかけたものの、代官山UNIT前は交差点を曲がるほどの列。
入場整理番号200番まで入ってくださいを耳にし、119番がすっかり水泡に帰している状態。
物販もすでに終わっているし、会場内はやたらめったら女性率が高く、さらに外気の涼しさはどこ吹く風とばかりにむっとする人いきれ。
機材前でまったりがいいのだけど、もはやそこにも人。
最前列などは、もはやラッシュの山手線。リフレアD&Dのシールを探したくなる。
なんとかりさ子ポジションの関係者席入り口わきの柱にスペースがあったので、そこに納まる。
それにしても女性が多い。それも制服着用者が目立つ。
キノコホテルのワンマンもソールドアウトすると先だって耳にしたのでその客層かとも思ったが、さにあらず。どうやらメインのアーバンギャルドファンのもよう。
なんだか赤に白地の水玉の小さな小旗を持っている人が少なくない。これはアーバンギャルド用のアイテムなのか?
しかしこの八割は女性の状況で、キノコホテルにバニラビーンズじゃ分が悪すぎやしないか。
昨年末のバニビ初ワンマンの前座を務めたのがキノコホテルで、そこではじめて僕もその存在を知ってCD買ったりアルバム発売記念トークショー&ライブに行ったりもしたけど、あの組み合わせも今思えばずいぶんと強引だった。同じ徳間ゆえの戦略はアイドル目当てに来た客に、生音のGSサウンドの洗礼はキツイ。
僕は元々生音大好き人間なので、逆にハマったのだけど。
今回は女性客が主。
ハレンチバンド、客にまったく媚びないツンツントークがはたしてどうなるのかと。

18時開演前、なんとスタッフルーム近くにDJブースがあり、そこで「装着メガネ」が歌い始める!
僕の位置からは影も形も見えない。
ヘロヘロした芯のない男性の声と、微妙な歌が聞こえてくる。
ただ場内はけっこうな盛り上がり。アーバンギャルドがテクノ系なので、守備範囲なのかもしれない。
そして先刻の小旗は、この装着メガネ用だったとは!
とにかく身体をずらしたところでキーボードの端しか見えないので、もはや目を閉じて時間が過ぎるのを待つのみ。
声が、歌詞が、とにかく苦手だ…。
テクノ系なのでよければまた好みが増えるかもと思ったのに残念、あわなかった。
ロマンポルシェ。とは正反対もいいところ。あれはふざけたバンド名とビジュアルに「これってどうなの?」と訝しんでいたけど、実際歌を聴いて激ハマリ。

キノコホテル登場のテーマではないのだろうけど、perfumeの「Puppy love」が流れる中、メンバー登場。
これも徳間つながり、ツンデレつながり??
スモークの中、グリーンのバックライトを浴びるメンバー。
半年前と比べて、スケールが一回り以上大きく見えた。
そしていよいよ支配人マリアンヌ東雲の登場。
するとフロアが最前列めがけて圧縮。後方1/3に見事なスペースができた。
さながら小田急線急行の登戸、下北沢間のごとし。僕はそれを尻目に鈍行でまったりって風。
すさまじい生音の洪水。やっぱりいいなあ。ギターのケメがスゴく気持ちよさそうにバリバリ弾いている。
ドラムは終始笑顔。
しかし…。会場のノリは舞台の上と確実に温度差がある。
圧縮されたのは、おそらく前列をアーバンギャルドファンに取られていたキノコホテルのファンが押し込んだからだろう。男性が女性を押し込んで電車内に無理矢理乗り込む図式と同じ。
それが証拠に歓声は前方中央部分からしか上がらないし、拳を振り上げるものは両手にあまる。
身体を左右に揺すってリズムを取るものも極端に少ない(僕は後方だったけど身体は揺れてましたさ)。
そしてMC。いつものマリアンヌ節に、会場ドン引き。
テクノ系大好きッコに生音の爆音、狂ったようなギターと電子オルガンの旋律(CD収録曲も確実に演奏パートが長い)について行けないところにもってきて、突き放したマリアンヌのトーク。
それもぼそぼそと数行しゃべるだけ。しかも憎まれ口風味とあっては、どうにもならない。
後ろから押されて強制的に最前列になったものの、微動だにできずお地蔵さん状態は、演奏者にも本人にとっても不幸としかいいようがない。ライブハウス対バンもののこころえとして、ひいきのバンドが出る前は最前列を譲るべきだわ。
僕個人は生音大好きだし、たった半年でそうとうに演奏が熱くなり大きくなったキノコホテルに、ただただ驚くばかり。六月にはなんとロマンポルシェ。が対バンで出るライブがあるのだけど、これはチケットをおさえなければ!

30分ほど、アルバム曲と未収録曲(カバー? 僕は聴いたことがない曲だった)を演奏し、これまたいつものように吐き捨てるコメントで退場するマリアンヌ支配人。あー、これはキャラとはいえ印象悪いわ。
バニビのワンマンの前座で出たときはもっとトークよくて、会場を掴んでいたのに。
同性には好かれないタイプだと、この超アウェーは見ていてキツすぎる。

一度トイレにぬけて戻ると、僕のいた場所には女性客ばかり。
鞄を残してきたのでかろうじて場所はキープなれど、本命バニビにアーバンギャルドファンの女性陣がスペースを見つけて入ってきてしまった状態。僕自身がアウェーである! もっとも振り付けをやる度胸は未だにないので、せいぜいリズムを取るだけ。

こんな会場がちっとも温まらない中、なぜかアニソンDJを挟んでバニビが登場。
ラブヘイのポーズを取ると、どこからともなく「ピンクレディーみたい?」の声が。
楽曲の最中も、歌声に負けないほどの感想トークが漏れていて(男性の声っぽかった)、映画館だったら恫喝必至の展開をじっとガマン。
出だしの一曲目がこれでは思いやられる。こんなに幾度となくライブ会場で聞いた「LOVE&HATE」が長く感じたことはなかった。ノっているのは最前列あたりのキノコホテルと同じくらいの人数のみ。
ここでMC、簡単な自己紹介。女の子が多いと喜ぶれな子さん。メガネッコが多いのははやりだから?と話すも、つかみにはちょっと弱いのが残念。自分もメガネをかけるとか言えば共感度も上がったであろうに。
ただ流れが変わりはじめたのがこの「D&D」と「気まぐれなパレットタイプ」。
個人的にこのつなぎはサイコーによく、アップテンポのユーロビート系ゆえに、まわりもなんだかそわそわしてきた感じ。イイ曲だもの。
ここで本格的な自己紹介と、いつものお菓子投げ。
フィリックスガムが三箱くらい。これが一曲分くらい使ってしまうほど長いのだけど、人間正直である。
知らないアイドルからのガムも「ほしいほしい」とあちこちから手が上がる。
これはりさ子さんが長くやりすぎてあとで怒られる」と言っていたけど、僕は正解だったと思う。
れな子さんのアイドルとしてはあり得ないサイドスローで、機材直撃とか他じゃまず見られないパフォーマンス。
そしてMCはまだ続き、まさかの「リフレアD&D」の生再現。
しかしカメラがまわるところを、自分たちがマイクを持って足踏みでまわるので、グダグダにもほどがあるほど再現度が低い有様。
キレイなビジュアルなのに、なにこのユルユルな二人は!な印象。
しかもマイクコードが二人でくるくる回ったため派手に絡み合うし。
ただ流れが変わったのは確実にここ。
キレイなだけのアイドルが、あまり動かないおかしな振り付け歌うという印象から、ある意味ゆるキャラ全開で意外にも楽曲はイイとあれば会場もノってくる。
僕の横にいた人も、このあたりから身体をゆらしはじめていた。
「チクタク」は明らかに「LOVE&HATE」とは違う雰囲気になっていたし、満を持して登場の「東京は夜の七時」では、わかりやすい腕を振り上げるポーズに僕の前にいたどう見てもアーバンギャルドファンの子も見よう見まねでノリノリ状態。
キノコホテルとは完全に違う空気になった。
そして再度MC。
崖っぷちアイドルとあんまり言ってほしくないけど、その半面今度「(NHKの)MJに出ることになりました」でどよめく会場。これって「わたしが今まで知らなかっただけで、バニラビーンズってけっこう人気あるのかも」と感じさせたに違いない。なにしろロート製薬のCMにも出ているわけだし、楽曲もいいのがそろってるし。
キャピキャピのアイドルとは異なる空気感も、いい印象を与えるエッセンスだと思う。
この「ユルい」のがイヤだとダメだろうけど、量産型perfumeやAKBみたいなのではしょうがないし。
普段はラスト曲の「U LOVE Me」をここで。
さすがに「東京は夜の七時」のように腕は上がらなかったけど、でもいい雰囲気。
最後は「ニコラ」。
がんばっているイメージと、ニコラの歌詞がダブっていい感じ。
最後の拍手はみんな自発的だったと思う。

アウェーで会場を掴むのって、本当に難しいと思う。

<セットリスト>
1.LOVE&HATE
 MC(軽い自己紹介)
2.D&D
3.気まぐれなパレットタイプ
 MC(いつもの自己紹介) ガム投げと『リフレアD&D』の再現
4.チクタク
5.東京は夜の七時
 MC(MJについてとか)
6.U LOVE Me
 MC(ニコラの紹介)
7.ニコラ

代官山UNITは、バニビの初ライブ参加の僕個人として記念すべきライブハウス。
だからこそ最後まで聞いていくべきだったのだけど、会場の暑さとデザフェス疲れで、肝心のアーバンギャルドは聞かずに退散。ゆえに物販で会えずじまい、使わずじまい。今週はインストアイベントあるし、ミニアルバムも出るから、ここは抑えめで。
ただ物販前の階段で待機組もいたので、僕もそこで座って待っていてもよかったかもと思いつつ、帰りの山手線でリフレアD&Dの前キープ。
案の定、ライブ終了時に物販ありとツイッターで目にしてしょんぼり。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2010/05/17 00:51 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<デザフェス始末記 | ホーム | デザフェス一日目と代官山UNITライブ -デザフェス編->>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1614-bd60d949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。