スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
『KIKU-FEST2010〜春歌旬闘 エロエロ☆プロレタリア革命〜』
6/9(水)雨のち曇り(気温はちょうどいいくらい)

本日は下北沢はclub251にて、ロマンポルシェ。のライブ。
と言ってもメインはどうやら春歌のようなのだけど、ググってもヒットしない。
一体どんなバンドなのだろう?
曲調は?
気にはなったのだけど、トップバッターが僕にとってはメインのロマンポルシェ。で次鋒がキノコホテル。
もはやこれですっかり燃え尽きておなかいっぱい。
ゆえに結局春歌がなにものだったのかはわからずじまい。

わからずじまいつながりといえば、帰宅後ツイッターをチェックするとバニビのりさ子さんが見に来ていたとのこと!
世を忍ぶ仮の姿とはいえ、長身痩躯の美人さんがわからないとはなんたる不覚ッ!
もっとも整理番号18番で速攻入って、ほぼ最前列のテーブルをキープしていたし、まあ見つけるのは無理だろう。
ハイスクールララバイをやったとき、こっそり歌ってたんじゃないかな?とか思うと、なんだかうれしい。

それにしてもトップバッターとは思っていなかった。
というのも到着した18時20分前後、会場から私服の優光さんがフラリと出てきて商店街に消えていったので。
でも開場したらいつのまにかバーカウンターの脇から出てくるし、神出鬼没!
なんかかっこいいオーラ出ているなあ、優光さん。

モスコミュールをちびりちびりとやりながら、舞台の左サイドで待つこと30分。
B'zの曲が流れ、掟さん包丁を持って登場!
片手にコンビニ袋。これはもしや…。
最前列はキノコホテルのファンなのか、いささかひき気味。
そしてキャベツ! 舞台上で千切りッ! 客席中央部分に掟さん、かなり気を遣って投げるも(このあたりがバニビのれな子さんとは違う…)腕組みした男性、あろう事か避けやがった!
おいおいこのライブパフォーマンスにひくとはなんたるざまだッ!
今すぐ後方のバーカウンターで下がって呑んでろ、貴様ッ!

なんというか、アウェーな空気感。
先だっての新宿ロフトで行われたライブとは客層の違いなのか、いまひとつ盛り上がりが悪い。
そんな中、僕はもう腹抱えて笑いまくり。
やばい、説教がやばすぎる。
掟さんの離婚原因は「サクランボの香り付きトイレットペーパー」とな。
舞台左側の男性、目の前に掟さんの尻がッ!
チェリー臭がするか嗅げと!
しかしこれはあくまで前哨戦に過ぎず…。

闘魂注入タイムを経て、後半戦突入。
完全に左側ばかりにものが飛んでくる!
破いたTシャツや珍・ポタージュの魚肉ソーセージ。
あと二列前なら…と悔やまれてならないッ!
しかもけっこうな確率で嫌がって受け取らないもの…。
完全にロマンポルシェ。ファンじゃないよ。なのに最前列はアカンで…。

最後の楽曲「男は薄着」で掟さん、よもやの女物の下着で全ケツ。
前はヘアが少々見える程度。
最前の女性客ドン引きだったので、ご開帳は無しだった模様。残念ッ!
全曲が終わってから、ステージに散らばったキャベツの掃除を掟さん自らスタッフとともに行うも、その際もまだ全ケツ状態。
ここでやはり先だっての臭いを嗅げ!言われた男性の前に生ケツが!
さすがにこれはエグイッ!

いつの間にか僕のいたテーブルに、先刻投げ込まれたキャベツが…。
ロマンポルシェ。ファンなら垂涎のアイテム。掟さんの刻んだキャベツの残りだぞ。
誰もほしそうにしていないので、念のためまわりに聞いてのち、僕がうやうやしくちょうだいつかまつりました。
やた! バニビのライブの投擲でも一度もゲットでき無かった僕にキャベツ半玉ッ!

セットリスト(うろ覚え)
B'zの曲で登場~キャベツ千切り
・ハガキスターの悲劇
・パーク
 説教 よめへの苦言「香り付きトイレットペーパー」
・ハイスクールララバイ
・珍ポタージュ
 闘魂注入タイム
・ワルのテーマ
・男は薄着

黙々とスタッフといっしょに飛び散ったキャベツを掃除する掟さん。さっさと舞台から消える優光さん。
しばらくしてキノコホテルの登場。
今回はアウェー感なく、本領発揮か。
相変わらずギスギスしたメンバーとのトークがコワイ。たぶんキャラ付けなんだろうけど…。
ギターサイドではなくベースサイドだけど、僕個人はベースの音が大好きなので御の字。
演奏中、まじまじと見つめてしまい、目があった気がして照れくさい。※それは気のせいです。
ケメの唸るギター、終始笑顔のファビエンヌのドラム、クールなエマニュエル。
やはり生音、かっこいいや。
会場もいい感じに熱気に包まれていて心地よい(暑かったけど、僕はエアコン直撃ゾーンだったので幸い)。
8月にはカバーのミニアルバムが出るという。
たしかにキノコホテルはカバー曲が多数あるので、これはありがたい。
ん? なにげに同じ徳間。バニビもカバーミニアルバムで、キノコホテルもカバーのミニアルバム。
CDが売れないご時世、ミニアルバムが流行なのか?
しかし音が突き抜けていく感じがいいなあ。
ベースとギターがひょこひょこと左右に動いたり、向き合ったりするのが実にかわいい。
その中央で、電子オルガンを弾きまくるマリアンヌの狂態とのコントラストがすばらしい。
背後では満面笑顔のドラムだし。
今日はスゴく楽しそうだった。
ただ天井が低すぎてオルガンの上のパフォーマンスは無し。
掟さんもご開帳無しの全ケツ、マリアンヌは黒いパンツがちょい見えた程度。
なるほど、これが「エロエロ・プロレタリア」ってことなのか。

キノコホテルの演奏が終わって、すっかり燃え尽きてしまったのでキャベツを持って、いそいそと帰還。
対バンすべて見るエネルギーが最近無くなっている気がする…。
それだけノリノリで鑑賞しているのだけど。

帰り道、激盛りの店の看板に惹かれて「下北丼」で食事。
並サイズで大盛りくらいのご飯だった気がする。デカ盛りはチョイスしなかったけど、ご飯があまり気味だったのですりニンニクをのせしょうゆをかけてかき込む。なんという漢の食い方。

それにしても小田急線はあいかわらずの混みッぷり。
行きの18時新宿発急行が思いっきりラッシュの混雑には驚いた。
この時間にあがれる人たちがうらやましいです、はい。

<今日の判定> ◎
帰宅後、郵便受け見たら「ミラクルメロディハーモニー」が届いてた。
そしてロマンポルシェ。とキノコホテルの感想を、まいんちゃんの歌声ヘビロテで書くという…。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2010/06/10 00:16 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<amazonオススメはあなどれない | ホーム | なんだか不調だ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1621-dac8ab09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。