スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ゾルチョック
6/12(土) 晴れ(暑い…)

オーラルヴァンパイアのレコ発ライブ。
先日見ずに帰ったアーバンギャルドとの2マン。
整理番号7番という、かつてないほどの好番にもかかわらず渋谷到着は18時直前。
なんでかグズグズしてしまったおのれを呪いつつ、道玄坂を殺意全開で歩く歩く。
プリントアウトした地図を頼りにセブンイレブンを曲がると、そこはラブホ街!
久しくお世話になっていない…もとい四十路男が踏み入れるには、いささか切なすぎる空間。
そもそもこんなところにライブハウスがあるのか?
道を一本間違えたのではないか?
視線を振りつつ歩くのもアレなエリアだし、こうなったら時間はまだ10分少々。
開場前で遅い番号の待ち人の列を目安にするしかあるまい。
…と、ラブホ街の一角に巨大な音楽ホールとおぼしきエリア出現。
なるほど、ここはそういった物件がエアポケット的に密集しているのね。
列を折り曲げるべく柵が仕切られているから、どう見てもホテルじゃない。
案の定、入り待ちの列を発見。
やはりアーバンギャルドファンが多いようで女子率が高い。
ラブホ街にセーラー服を着た女子ッ!
ゴス系で着飾った女子ッ!
さすが企画もののAVだけある(アーバンギャルドのメインボーカル氏の発言から)。
列を割り込むのはいささか気が引けたが、わたくしは7番なのだ、その権利はあるッ!と背中に言い聞かせて、ネット上で予約した列に並ぶ。
すぐ前の方が僕の鞄につけていたロマンポルシェ。の缶バッチに気付き、しばし談笑。
暑い中スーツ姿に奇妙なサングラス、相方さんは制服ということで、アーバンギャルドのファンの方であるのはすぐにわかった。

会場入りすると、すでに最前列は30人ほどの人。
やはり女子率が異様に高い。
おそらくアーバンギャルドが先行なので、右端のちょっとしたものが置けるスペースにたたずむ。
会場内に時折、ゾルチョックの専用アナウンスが流れる凝りよう。
これが結構おもしろい。
徐々に人も入ってきて、まわりには水玉のはたを持った方が。
前回も見たけど、これはアーバンギャルドのものだったのね。

そして僕にとって、初アーバンギャルド体験。
お人形さんのようなセーラー服の女性ボーカルとスーツ姿の男性四名。ボーカル、ギター、キーボード、シンセ(?)で爆音テクノ系。
しかし歌詞が妙に毒っぽい。
これは好き嫌いがはっきり分かれそう。
とりあえず女性ボーカルが気持ちエキゾチカさま系で、クールビューティ。声も甘い感じで悪くない。
ただ歌詞がキツイ…。
掟さんとバニビがバンドを組んだ感じ。
たぶん何度か聴いているとクセになるタイプ。
嫌いじゃないな、これも。
ライブパフォーマンスは男性ボーカルが、けっこう下ネタ連呼ながら会場を沸かせて、それをクールに嫌がる女性ボーカルの図。
正しい構図だと思う。
曲自体まったくわからないけど、せっかくなのでとりあえずリズムには乗ってみる。
ロマンポルシェ。が漢の熱い悲哀なら、とりあえず自殺したくなる思春期の不安定さが出ているのがアーバンギャルド。
たっぷり一時間以上やって、時間はすでに20時半近く。

アーバンギャルドが退けたあと、どこからともなくゴス系のお美しい方々が前列に圧縮。
僕の前にはそれなりのスペースがあったのに、気付けばラッシュの山手線みたいな状況に。
しかもまわりは女子ばかり。女性専用車両に間違って乗ってしまった四十路漢の悲運はいかに。
アーバンギャルドファンが多いかと思いきや、オーラルヴァンパイアも女性ファンが多いようで。
たしかにエキゾチカさまはゴス系でセクシー、とにかくかっこいいし。
熱気に包まれたライブ会場にゴス系、ロリータ系のごっつい服装というのはさぞや暑かろう。
エアコンを氷点下まで下げてほしいッ! 彼女らのためにも! なかんずく僕のためにもッ!

右に位置したのは大正解。
舞台袖がちょうど右にあたり、そこからいよいよエキゾチカさま登場。
マスカレード仕様で肩の大きく出たドレス。
かっこよすぎるッ!
反対側、左サイドからレイブマンが、なにやらデカい風船を従えて登場。
そういえばはじめて高円寺highで見たときも風船つけてたっけ。
一曲目「フレアスタック」
会場、いきなり縦ノリ。
音がガンガン突き抜けていく。
どれくらいかというと、腕毛が音圧で震えていました。
常に携帯のバイブが鳴っている状態と思えばわかりやすいかも。
エキゾチカさま、満面の笑顔でスゴく楽しそう。
身体を妖艶にくねらせたダンスがセクシー。
そして音圧に負けないくらいの歌声。
これは本当にかっこいい。圧倒される。
傍らではレイブマンが挙動不審者のようにうろうろしている構図が滑稽。
そうそう、このビジュアルを見てハマったんだよ、僕は。
二曲ほどやってからMC。
今日はスゴくポジティブらしい。
歌声と違って、かわいらしい声。
見た目のクールさとのギャップ萌えです、これはッ!
常に笑顔だし、レイブマンとの掛け合いもいい感じ。
アルバムからまた何曲かやってからお色直しでエキゾチカさま右手に退ける。
この時の笑顔で手を振る姿、女神ですかッ! 吸血鬼ですけど…。

インターミッション中はレイブマンが、なぜか布団をかぶって登場。
ただでさえ暑いのに布団か…。大変だなあとか思いつつも、いささか長い。五分以上やっていて、僕を含めお客さんちょい飽き気味。
そこへ衣装替えしたエキゾチカさま登場。
よりゴスっぽい格好で、肩当て部分に鳥の羽?そしてなにより胸元がセクシー。
あとで気付いたのだけど、これはフライヤーの衣装と同じだったかも。
そして「湘南族」「Freeeeze!!」のコンボ。
アルバムでも異様にテンションの上がるつなぎなのに、これが生ですよ。
待ってました、大統領ッ! いや、吸血鬼ッです。
ダンサー二名も登場し、もう興奮のるつぼ。
おかげでそれまでのセットリストが吹っ飛んでしまいました…。

その後、以前のライブで見覚えのあるアルバム未収録曲を二曲やっておしまい。
五年前のアルバムには入っているのかな。
どうやら定番曲のようで、常連さんたちは振り付けを覚えてました。
僕はPVとタンバリンで覚えていて「そういやCDに入っていなかったな」とやっと気付いたほど。
あの途中で曲を止めて「これが最後の曲なんですけど」というのがインパクトあって覚えてた。

アンコールは、まさかの演歌。
着物を羽織った状態でエキゾチカさま三度登場。
朗々と歌い上げて、会場はポカーン状態。
でも、こういうアンコールはアリだなあ。
ずっと縦ノリで、おとなしめの曲をセットリストに入れてなかったし、なによりエキゾチカさまのしっとりとした普段では聞けない歌声に大満足。

近年ない大満足のライブでした。
やっぱり爆音はいいなあ。

セットリスト(完全にうろ覚え、およびZOLTANK未収録曲はタイトルわかりません)
・フレアスタック(エキゾチカさま、マスカレード仕様で登場)
・69 Balloons
・Transcrypt
・Darkwave Surfer
お色直し(ゾルチョックのフライヤーと同じ衣装?)
・湘南族
・Freeeeze!!
・スリヰクフ
・レイブマンがヒップホップみたいなPVの曲
・途中でとぎれてまたはじめる曲
アンコール(エキゾチカさま、着物を羽織って登場)
・演歌(桜っぽい歌)

<今日の判定> ◎
ライブが終わってから道玄坂をまさに人ゴミ状態の渋谷を歩いても、あまりに大満足だったのでちっともイライラせず。スゴいぜ、音楽効果。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2010/06/13 01:44 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<先週と同じ | ホーム | 告白>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1624-eff6bdd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。