SPACE BATTLESHIP ヤマト
12/1(水) 晴れ(昼間は寒くない)

予告を見ても、ちっともピンと来ない。
連日のように番宣にかり出されているキムタク。
でもCMでよく見かける黒木メイサの切れ長の目は捨てがたい。
そしてなによりデスラーは誰が演じるのか?

今日は映画の日。
それにあわせたのか「ヤマト」も公開初日。
昨日より風邪気味でゆっくり静養すべきながら、今日以降のネタバレが怖く見に行ってしまう。

所詮アニメの実写版、しかも国産製では期待できるはずもない。
そんなハードルを見る前から下げていたからなのか、それとも元来のヤマト好きだからか、総じて満足できたのはある意味予想外。
とにかくガンダム以前を知っている身としては、「無限に広がる大宇宙」のナレーションで興奮。
アナライザーの声に驚き、南部のめがね役者、ブラックタイガー隊加藤は角刈り、山本はロン毛(片目が隠れていればもっとよかった)のわかっているキャスティングに満足。
そういえば黒木メイサの切れ長の瞳は、まさに松本零士のキャラにぴったり(ちなみにエンドロールに松本零士の名前は無し…)。エメラルダスやったら似合うだろうなあ。
そして「ヤマトの諸君」に感涙。

正直、かなり駆け足で話が進んでいくので、冒頭の戦闘シーンから始まる興奮度合いはすぐに薄れてしまう。
なまじ元のアニメの抑えどころを知っていると「え、こここんなにあっさりなの?」と感じざるを得ない。
二時間の尺にあわせるためには仕方ないとはいえ、いささかてんこ盛りすぎたか。
ヤマト世代にはデカ盛り、メガ盛りのサービスづくしともいえなくもないけど…。

坊ヶ崎おきから出現するヤマト発進のくだりは、原作通りの主砲斉射でもよかったように思えるし、初ワープには何のカタルシスもなし。第三艦橋のシークエンス(ドメル艦がモチーフ)もあっさりしすぎ。
なによりとにかく時間経過の描写が薄すぎて、いきなり「もうイスカンダルかよ」とつっこみたくなるし。
空間騎兵隊が小隊レベルの少人数とか、そもそもヤマト乗組員少なすぎなんて言い始めたらきりがない。
そもそも第一艦橋の生存率高すぎだし、第二艦橋は空気だし。

でも、それらひっくるめてヤマトである、と。

山本機がかばって被弾し、キャノピー越しに敬礼するシーンなんて、思わず僕も「ヤマモト!」と叫んでしまったし(もちろん周りを気にして小声で)。
スターシャやデスラーは一声発するごとに「うぉぉぉ!」となるし。
つっこみどころ満載でも、ヤマト愛で乗り切れてしまう不思議な映画です。
最後のキムタク、しっかり古代に見えたし。
柳葉敏郎の「古代!」の台詞回し、青野武まんまでゾクゾクしたよ。


ただ洋画の合成ものでよく見かける「ロングから一気に艦橋、もしくはコクピットがアップになる」シーンは、なんどとなく繰り返されたけど、まったく遜色なしのデキ。あれはわざとらしくてかっこいいね!

もう一回見に行くつもり。

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【2010/12/01 21:22 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<世代を超えて | ホーム | エクスペンダブルズ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1676-594cdca2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |