スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
妖怪大戦争
8/18(木)天気 晴れ(湿度復活。暑いね)

さすがに二日も時間を贅沢に過ごしたくないので、お決まりの映画に行きました。
当然、先週月曜に買った1kチケットで「妖怪大戦争」をチョイス。
もともと栗山千明目当てで見たいと思ってたし、ちょうどいい夏休みの過ごし方と言うべきか。

さて、内容自体はまったく期待していませんでした。
とりあえず1k分、楽しませてくれればそれでいいと。
予告でチラリと見た主演の子役もどうせXXだろうから、ここは栗山千明のサービスショットとトヨエツ演ずる加藤保憲が元祖魔人嶋田久作にどこまで通じるのか、くらいしか考えてませんでしたよ。

ところがですね。
この子役、神木隆之介ただものじゃない。
さりげなくこぼれる弱音が、まさに等身大。
いじめっ子の子役たちとの芝居の差が尋常じゃなく、最初からぐいぐいと引き込まれました。
というより、安心して見られるってヤツです。
まわりの妖怪演じている人たちは妙に芝居がかってたから、よけいに一服の清涼剤というか。

全体的にナンセンスな空気感なんだけど、それが妙に心地よくていやはやめっけものでした。
ただ「ロボッツ」で笑えなかった自分なので、「妖怪大戦争」でみんな笑えるかというと、ちょっと微妙かもしれないです。
なんとなく関西芸人なベタなノリに近いので。

もちろん、栗山千明もあいかわらず安定した存在感でよかったのですが、自慢の黒髪でいつもおでこを隠しているせいか、ちょっと肌荒れ気味…。
かなりアップ多用の監督さんなのでやや気になりましたが、胸元やおしりのショットが満載なのでOkay。
というより、川姫役の高橋真唯の太ももとかお父さんサービスショット多すぎです。
二人ともセクシー系じゃないのに、しっかりそれっぽく撮るあたりに三池監督の凄さがかいま見えました。

最後にややネタバレなんですが、個人的にスタンディングオベーションしたいくらいに痛快なセリフ回しがあったんです。

「鬼太郎の前ではいい顔してるくせに!」←ちょっとうろ覚えです。

誰が誰に言うのかは伏せておきますが(言われる側は超メジャー級です)、鬼太郎のいる世界なのか~って、なんだかたった一言ですがうれしくなりました。

テーマ:妖怪大戦争 - ジャンル:映画

【2005/08/18 22:15 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(1) |
<<アイランド | ホーム | ロボッツ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/17-f0e33607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
祭りに行こう 「妖怪大戦争」
荒俣 宏 妖怪大戦争 「妖怪大戦争」 今の時代に“妖怪モノ”ってどうなの?観るまでは不安だらけだったが、娯楽性、笑い、メッセージ性もあり、冒頭からラストまで楽しめました。子供向けなんかじゃなく、各世代が楽しめる作品だと思います。ここ最近 わたしの見た(モノ)【2005/08/19 00:17】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。