世界侵略: ロサンゼルス決戦を観る予定だったのに
4/1(金) 晴れ(暖かめ)

観たかったなあ「Battle: Los Angeles」。
映画の日だし、確かそろそろ公開と思い上映館を調べても見つからず。
逆に似たネタの「スカイライン」が五月だと知る始末。
アレ、勘違いだったか?と思い、タイトルで検索したら、震災の影響を鑑みて延期措置とのこと。
それも季節は巡り秋、十月とかご無体すぎる。

もうじき公開の「サッカー・パンチ」もとい「エンジェル・ウォーズ」は無事公開されるのだろうか。
もともと見る気はなかったけど「ジャッカス3D」も延期したらしい。

テレビ東京は震災直後にアニメを放映して「不謹慎すぎる」と抗議が殺到したそうな。

なんだろうね、この流れ。

自分を隠して匿名で抗議。相手が絶対に反論できないシチュエーションでのみ攻撃力を発揮とか。

「絶体絶命都市」シリーズも過去作品は生産終了措置らしい。
新作を発売中止にしただけでは飽きたらず、旧作を封印とはいくら何でもやりすぎとはネットの意見。
いや、僕はこれをあえて深読みする。
外部的に明らかにできない方面からのアプローチがあって、引っ込めるしか他に手がなかった。
シリーズものという財産を放棄するには、それなりに理由があるはず。
それが「震災に対しての」という錦の御旗を振ってはいるものの、実際はそうじゃないでしょ?と。
そう勘ぐりたくなる。

一方で「けいおん」丸パクリデザインでは?と言われているゲームがモバゲーで先日リリースされた。
案の定、口コミで広まり、僕の耳にも届くあたり、以下に注目度が高いかがわかる。
これも「ここまでアウトなデザインを堂々と出してしまう」ことに対して、実は高度な広告戦略があるのではと思えてならない。
というのもモバゲーは基本無料。
"けいおんのキャラデザパクリゲー"と聞いて、「ものは試しにやってみるか、どうせタダだし」と考えるのはきわめて自然。
もともとマイナスイメージからのスタートなので、それなりなデキならば「意外といいかも」と思うはず。
そこで次のキーワードは「意外と」である、と。
ただで各種ブログや2ちゃんで広告宣伝してくれる。
その結果、プレイヤーを獲得できる。
そこに「意外と」が加わると…。

考えすぎ?
【2011/04/01 23:16 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<リフレッシュのち作業 | ホーム | 金八先生ファイナル>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1718-2db5538d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |