マイケル・ベイはくるくる回る
午前中から北米のゲーム大会EVO2011のユーストリーム放送をダラダラと見続ける。「エボ」じゃなくて向こうの発音だと「イーボ」なのね。
解説は当然英語ながら、日本のプレイヤーも多数訪米している上、基本ゲームの対戦なので気にはならない。むしろハイテンションの実況英語がかっこいい。とりあえず「exactly(イグザクトリー)」と「actually(アクチュリー)」が頻繁に出てくるので英和辞典で調べたものの、今ひとつしっくり来ない。日本語の「ヤバイ」みたいな感じで、本来の意味とは違った使い方なのかも。
※ネットで調べたらexactlyは「その通り」とか「正解!」の相づちとして使うようだ。
actuallyは「えーと」とか「てゆーか」的使い方だそうで。そりゃあ30年ものの辞書にないわな。

夜は地上波の「トランスフォーマー・リベンジ」を。
劇場で見て以来なので、割と新鮮。
そして相変わらずの微妙な下ネタと、イライラする主人公の挙動。
そーいやミーガン・フォックスはスタッフに相当嫌われていて、次回作では下ろされたんだよな。
無駄にタトゥー入れているからある意味トランスフォーマーたちよりもCG率が高かったりして。
それにしてもマイケル・ベイはくるくるカメラを回す。
合成しつつ回しているから相当に手間がかかってる。しかも空撮も多用するし、むやみやたらに爆破するし、湯水のように予算使ってる感が伝わってきてちょっと落ち着かない。
地上波三時間でも充分すぎるほど飽きてくる長時間で、はたして3Dメガネ着用の2時間半は耐えられるんだろうか…。
話が薄っぺらだから感情移入もできないし、細かいパーツの集合体でロボットたちも落ち着かないんだよな。でも見に行くんだけどさ。
【2011/07/31 00:47 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<新宿タワレコ・バニラビーンズインストアイベント | ホーム | テレビ欄が見づらくなった>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1816-770afb58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |