スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
1/17(火) 晴れ(冷)

本日、20年来の恩師の奥様より、寒中見舞いが届く。
先生は昨年の夏、永眠されたとのこと。

一昨年、年賀状に「今年はみんなで会えるといいね」と書かれていたのが、わたしにとって先生を知る最後となんてしまった。
なぜ、昨年同窓会を企画しなかったのか。
なぜ、わたし個人でも会いに行かなかったのか。
そんな思いが頭の中に渦巻く。

悲しみ?

そんな昨年の夏にすでに亡くなられているのを知っても、リアリティなんてない。
きっと来年も年賀状を書く。
返事はもう永遠にない。

そう思ったら、はじめて涙があふれてきた。
【2006/01/17 23:55 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<悲しみの向こう側 | ホーム | 動くことの喜び>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/182-78ed7370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。