サロン・ド・キノコ~晩夏のヒメゴト 渋谷クラブ・クアトロ
8/27(土) くもり(27度は夕方の最高気温)

いち早く存在を知りながらロフトの物販で買わず、その後の先行発売でもろもろ手数料を取られたわりに、なんと310番という有り得ない番号。

クアトロ自体、行ったことがないけど、とにかく柱が鬼門で下手な位置取りだとベースがまったく見えないという事前情報は知っていた。

キノコホテルはとにかくお人形さんのようなベースのエマニュエルと、常に満腹笑顔の癒し系ドラムファビエンヌ(通称ファービー)が見られないと話にならない。
ゆえにこの柱周辺をいかにキープできるかがかかっているが、なんせ300番台。
おまけに地図を頭に入れておいたはずが、完全に間違えて気付けばラブホ街のウェストとクラブ・エイジアに出てしまった。
たっぷり三十分迷って、ハンズへ向かう道に交番があったはずと、そこへ向かう。
「あのすいません、クラブ・クアトロって(どこでしょうか?)」のどこでしょうか?を言う前に、このすぐ裏にBOOKOFFがあるからその上ですよ、と即答。
思わず拍子抜け。ライブハウスは地下のイメージだったので、まさか地上階とは。

なんとか自分の番号までに入れたものの、すでにホールは半分以上埋め尽くされている有様。
バー脇にでもするかと思いつつ、とりあえず柱の脇に立ってみるとギリギリベースが見える位置。
ドラムも大丈夫。目の前には障害物になるようなのっぽもいないし。
そういや女性客の姿が目立つ。こんなに多いのは初めてかも。

じらしなのか、開演時間が過ぎても始まらない。
ただでさえ渋谷界隈を迷ってうろついて無駄に足を使っていたため、この待ち時間がじわじわと足に来る。しかもクアトロはケチくさく、アルコールが淡麗のみ。ついでにバーテン、なんかすごく感じ悪いし。
アルコールも入らず、ひたすら混み合った小田急線車内のような状態で三十分以上待つのは、かなりしんどい。
おまけに開演ギリギリで前にカップルが割り込んでしまい、しかもその野郎くんが背が高いもんだから、視界が遮られる。もう一歩柱に詰めておけばよかった。

15分ほど遅れて、会場が暗くなると歓声とともに背後から猛烈に押され、いわゆるモッシュ状態に。
さいわい前にずれても左に柱があるので、左から押されることはなかったのが救い。
でも、たばこ吸い特有のヘドロのような臭い息が時折かかってきて、不愉快きわまりない。
おまけに歓声を上げるときに口の脇に手をかざしていないようで、右耳を直撃してしまう。

演奏開始時に支配人のオルガンに音が入っていないようで、最後の方になってそれに気付いた模様。
エマも演奏がいつも以上に固く見えた。「もえつきたいの」の出だしで完全にミスっていたのは、わざとなのか。全然リカバリーできて無くて、むしろ「この出だしにアレンジしたのか?」と思ったくらい。
一方のギターのケメはノリノリ。ファービーも普段と変わらぬ笑顔ながら、ステージに奥行きがかなりあるようですごく遠い…。

モッシュ、臭い息、うるさい声と、正直最悪ともいえるスタート。

でも不愉快だと乗らないのもしゃくなので、なるべく気にしないようにして音に身をゆだねる。
知らない楽曲が三曲くらいあったけど、あれは新曲なのかそれともたんなる未収録曲なのか。
セットリストはまるで覚えきれず。キノコホテル集大成とMCで言っていたけど、基本ベースはマリアンヌの恍惚からのナンバー。カバー曲は「真夜中のエンジェルベイビー」だけだったような。キノコホテルを最初に聞いたときにもっとも印象に残っている「ピーコック・ベイビー」は今回もやってくれなかったのが残念。

MCの告知バラード後、さらに新たな刺客が後方から突っ込んできて、モッシュがさらにひどいことに。
目の前のカップルの野郎くんが相方を守ろうと、なんども肘で押し返していてドンドンその背中が殺気だってきて、演奏にのれなくなってきているのには、ほんと同情する。
背の低い女の子も「波間に漂う小舟のように」じゃないけど、翻弄されすぎて演奏聞くどころじゃないでしょ、あれじゃ。

前回の新宿ロフトの二日目はとにかく気持ちよくのれたライブだったけど、今回は演奏もなんだかミスが目立ち、MCもあまり気の利いたこと話してくれなくて、ついでにフロアないのモッシュがもはやただの暴れにしか見えない上、とにかく臭い!

というわけで、帰宅後にアルコール摂取してCD聞いてようやく溜飲が下がった。
そうそう赤いTシャツを今日は絶対買おうと、開演前の物販に寄ったんだけど「この赤いのの大きいのはありますか?」と聞いたら、なんせ巨漢ゆえ「新作ならXLがあります」とそっちを勧められてしまった。
正直、着るよりもデザインが気に入っていたので部屋にでも飾ろうと考えていたものの、直接着られるならそっちでもいいかと妥協。
でもやっぱり赤いのほしいなあ。
黒の支配人猫の図版も相当かわいくて素敵なんだけど、他のメンバーの顔がバックプリントにあるかと思ったらなくてね。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2011/08/28 00:13 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<悪の教典 | ホーム | トランスフォーマー・ダークサイドムーンIMAX>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1845-ced481ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |