新宿LOFT PLUS ONE「掟ポルシェのアイドル依存症」
10/11(火) 晴れ(24度)

昨夜、20時頃にはもはやトイレに歩くこともままならぬほどの激しい腰痛に見舞われる。
十代の頃から腰痛持ちゆえ、ある程度痛くなったら「温める」「湿布を貼る」「コルセットを巻く」等の予防措置で寝返りも打てない激烈な悪化は防いでいたが、昨夜は風呂にはいるのに湿布はもったいないとしていたのがまずかった。
結果的に風呂に入るどころの騒ぎではなく、動けない。
ビキビキと電気が走りまくり、身体も起こせない有様。
コルセットがまるで効いていない。ここで湿布を貼り、鎮痛剤服用。
ただでさえ胃の調子が今ひとつふるわないなか、腰痛がプラス。そして汗ばむ陽気なのに入浴できずにそのまま寝なければならない苦痛。

幸いにして日付が変わる頃にはトイレには立てるようになるが、それでも相当に悪い。
明日は楽しみにしているライブイベントなのに!

本来なら午前中、東京医大に行って採血しなければならないのだけど、それはパス。明日行く。
湿布を貼り替え、鎮痛剤を再び服用。頭痛以外にも当たり前だが効くのだね。

風邪の症状なのかなんなのかもはやわからない食欲不振の体調不良。
それでも行きました。
行ってしまいました。
ロフトプラスワンのトークライブなので座り鑑賞というのも大きく、もし通常形態だったら断念せざるを得なかったと思う。

開場から開演まで一時間。
これも座っているからラク。番号は17番ながら、手渡された札は12番。
背もたれ椅子をキープできたのが本当に幸い。

司会の掟さんにつづき、例の出ばやしでバニビ登場。
上背があるから天井に届く勢い。
掟さんとも慣れた感じでトークが進み、気付けば50分経過。
おもしろい映画を見ているのと同じ感覚。
内容は「ツイッターやブログに書いちゃダメ」というお達しで詳しくは書けないけど、りさ子のセレブ話のネタは底が見えないと言うことが明らかに。出尽くしたと思ったら、出るわ出るわ。
そして思わず深く頷いてしまったのが「北欧路線が一時期ぶれてファンが離れたものの、今回のアルバムで原点回帰したらまた戻ってきたのは、ようは楽曲が好きで支持しているんだよね」という掟さんのフリ。
すいません、完全に僕それです。
正直、SMKの頃は衣装も全然あってないと思ったし(スレンダーでスタイルいいのにゆるふわのチマチョゴリみたいな衣装は素材台無しにしていると思って、それまで趣味でドット画にしていたけど一度も描かなかった)、なにより楽曲を聴く機会が断然減って、ライブやイベントにもまったく足を運んでませんでした。
でもタワレコのユーストを見て「エルスカディ」を聞き、これだ!と戻ったのは、やっぱり北欧路線の楽曲が好きだから。
そして「バニラビーンズⅡ」は飽きることなく聞いてますもの。
「ドクター、お願い」と「東京は夜の七時」の二曲披露で〆。
これだけで2000円の価値アリ。
物販はオーラスとのことで、個人的な体調の理由で難しそうなのが残念(終演予定が23時。三時間強。開場からすれば四時間はるかに超える)。
ちなみにバニビのオーダーしたドリンクはジントニックでした。

五分休憩挟んで、blue chee'sならぬチェキッ娘三名がOL衣装で登場。
そう、元アイドルではないアニモがいないの…。
でも、元アイドルというスタンスだからしかたない。
それにしてもバニビとはまったく対照的と言ってもいいほどのグダグダ、ゆるゆるトーク。
ジェシーさん、最初から出来上がっている感じで、しかもトーク中マッコリ一杯飲み干してるし、掟さんの用意したビデオもプロジェクターにうまく映らなくて、とにかく終始グダグダ。
僕自身、チェキッ娘をまったく知らないので、その頃のトークを聞いてもなあと思っていたら、予想の斜め上行きすぎたちょっと怖い話まで飛び出す始末。
昔のアイドルは大変なんだなあと思いつつ、それは案外今も変わってないかも。
最後、アニモが合流してblue chee'sとしてアカペラを二曲披露。
むしろアニモが登場してからの方がしきりがうまく機能していてよかった気がする。
あと元チェキッ娘じゃない部分を気遣うやさしさというか、今のメンバーで活動するんだ!という気概が感じられるから、やっぱり僕は元チェキッ娘よりもblue chee'sが好き。
元チェキッ娘の三名はビール二人にマッコリ一人でした(マッコリがジェシーさんでキャミさん、リズさんがビール)。

この時点でもう22時半近く。
そろそろ腰の具合も限界に近づいて来たので(座りっぱなしもやはりツライもので)、ちょうど物販にアニモが立っているのが見えたため帰ることに。
ワンマンの時に買ったぶるちTシャツを着ていたため物販スタッフに声をかけてもらえたのもうれしかったのだけど(トークイベントなのでTシャツ装備が極端に少なかった)、なによりアニモに「ドットの方ですよね?」と話しかけられたのが驚き。恐縮してほとんど話せなかったけど、もはやそれだけで満足。
持ち合わせがほとんどギリギリだったけど、藤岡麻美さんのワンマンチケットも結局購入。
もともとぶるちは歌唱が気に入ったのがきっかけだったので、一人でもいいはず。
メンバーもゲストで来るようなことも言っていたし。

最後の最後でバニビのマネージャーC葉さんに「バニビも大きめのTシャツ作ってください!」とお願いしておきました。
メリケンサイズでもXLだとものによっては小さい時があるので、欲を言えばぶるちのようにXXLがほしいです、はい。

腰痛で足を引きずりつつも、大満足の帰路でした。
【2011/10/12 00:29 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<blue chee'sのドット画再び | ホーム | RISE OF THE PLANET OF THE APES>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1901-fecb2b23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |