スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
アクリルガッシュ、最強!
11/6(日) 雨(雨でも19度)

昼前までは雨も降っていなかったので、ベランダに出てマスクの塗装。
パールホワイトが予想とまったく違って、ただのつやありホワイトにしか見えず、いきなり出鼻をくじかれる。しかも吹き付けている最中に倒れたりとか、いらいらいらいら。
下地に金を筆塗りしてあったので厚塗りしたら意味はないし、さりとてこのままじゃ中途半端な塗りになってしまう。もっとキラキララメになると思っていたのに。いや、それはメタリックか。
ということで車用シルバーを遠くから軽く吹き付け。
堂々巡りで最初にやろうとしていたことを結局行うが、ホワイトを一度吹いているのでシャンパンゴールドにはならず。うー、わざわざ買ったのにパールホワイトめ、もう二度と買わない。

昼食を摂ってから、今度はハシビロコウの筆塗り。
全体にドライブラシをかけるだけなので、さほど時間もかからないだろうと踏んでいたものの、アクリルガッシュでくちばしを水で極薄にして重ね塗りしていたら三時間くらいかかった。
写真の腕とかまるでないので、ケータイの写メで撮ったけど、その苦労がまったく写ってない。
ただの黄色ではなく、うっすらと赤が透けさせる芸細。
一体何回重ね塗りしたんだろう。基本アクリルガッシュは調合色なので、完全にお絵かきのそれ。
水でひたひたになっていてもしっかり乗るし伸びるし、しかも完全つや消し。
なんという万能塗料だ。

もう一つ、型抜きがうまくいって無くて出すのを止めようかと思っていた伊藤若冲のガマも、先日時パテで全身コーティングしたらそれなりに大丈夫になったので、こっちの塗装もする。
ベースはタミヤアクリルのフラットアースをつや消しホワイトで相当色を薄めたもの。
もともとの画がカラーではないので、茶色系の墨のようなタッチをどうやって再現すればいいかと思っていたが、くちばしで使った極薄で重ね塗りすればいいと活路が見える。
知らない人が見ると、単に薄汚れているようにも見えかねないが、それでも本人的にはかなり満足。
ただ中空のものとみっちり詰まっているものが混在しているので、見た目は同じでも持った感じがまるで違ったり。

ガマを塗りおえてから、ハシビロコウにドライブラシをかけたのに、瞳を塗る。
これは昨日買ったファレホカラーのメタルメジウムと青緑を調合。
でもハシビロコウの目はもっと薄いので、アクリルガッシュの白を混ぜるとビックリするくらいキレイなペパーミントグリーンになる。すごい発色だ。アクリルガッシュを混ぜたためかメタリック感はほぼ消えてしまった。不純物は入れるなってことか。
それにしてもこっちの塗料も、まったく臭いがしない。
これなら真夜中にちょこちょこ塗って楽しむホビーに持ってこいだわ。
アクリルガッシュに近いのかもしれない。
hasibiro_2.jpg
黒目は後日、エナメルで入れる予定。
hasibiro_1.jpg

いやあ、アクリルガッシュ使うと、塗装ってこんなに楽しいんだと実感できる。
今回はわざと塗りむらができるように塗ったのだけど、半乾き状態に色を置いてそこで混ぜ合わせる楽しさよ。
【2011/11/06 22:13 】 | デザフェス用 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<デザフェス始末記 | ホーム | 東京ラーメンショー2011>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1933-d50a3af8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。