スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
一方通行な対話
1/30(月) 晴れ(小春日和)

ちょうど横浜業務も終わったし、昨年秋口より寝る前に服用が義務づけられているクスリ(わりとさぼりがち。ドクターにそれほど神経質にならなくていいとお墨付きではある)をもらってから、先週行けなかった墓参りに出かけました。

場所は多摩霊園。
名前は知ってましたが、実際に足を運んだことはありませんでした。
とりあえず京王線に同じ名前の駅があるので、そこに行けば何とかなるだろう、と。
ところが、それがよくなかった。
着いてみると、なぜか駅前に「多摩霊園」行きのバス停があるんです。
駅の名前から霊園墓地に隣接していると想像していたので、なぜにバス停?と。
しかも順路のたぐいは一切ありません。
コンビニで訪ねると、けっこう距離があるとのこと。
教えてもらった「道なり」に歩くも、いっこうに霊園らしきものに行き当たらない。
実はまったく別方向に歩いていたことを知ったのは、ゆうに30分近く経過した後です(道中で別の方に聞きました)。

さいわいそばに別の駅(西武多摩線)があり、そこでもう一度聞くと、となりの多摩駅が霊園の最寄り駅であると(通りすがりの初老の方に「京王線の多摩霊園駅は全然違うところだよ」とさらに教えられた)。
結局、そこで一駅分電車を利用し、ようやく現地にたどり着くことができました。

先生の眠る共同墓地は、まさしく塚でした。
どうやら平成15年からそこはあるようで塚の横には多くの碑銘がありましたが、事前に聞いていたとおり先生の名前はまだありませんでした。
墓地の事務所の方に聞くと、3月の彼岸の時期に入れられるとのこと。
春と秋の彼岸にはご先祖のお参りを欠かさないわたしなので、これからはこの場所にも来ることになるでしょう。

季節はずれの、それも月曜のためか、共同墓地にはわたし以外皆無。
備え付けの線香に一本火をつけ、いつか見せるハズだった事務所の名刺を置き、手を合わせました。
出来れば、もう一度先生の顔を見たかった。話が聞きたかった。
何かひとつ望みが叶うのならば、今の私はそれを望みます。

「あの時、先生ならどんな答えをボクに言ってくれますか?」
【2006/01/30 01:18 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<最終兵器彼女 | ホーム | 目コピー>>
コメント

こんにちは、浜ゆうです。

勝手ながら、この日の日記(というか一言)
がズガーン! と来たので
マイブログにて引用させて頂きました!

事後のご報告になりますが、
ご容赦くださいませ。

後、バトンも貰って行きますー!

いろいろ、聞きたい話も諸々もありますが
またの機会に、ととっておけるのが良し、と
簡略ですが本日はこの辺で。

ありがとうございました!
【2006/02/02 03:27】| URL | 浜助 #aI2IcIb6[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/195-62fd6988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。