光が丘IMA「Christmas Fantasy」
11/27(日) くもり(14度。予報と異なり暖かくならず)

親孝行三日目にして最終日。羽田まで車飛ばしてお袋を送る。
道中、一度も渋滞に阻まれず、カーナビの予想時刻ですら50分を切っていたが、実際その通りだったのには驚いた。
羽田空港では専門学校生とおぼしき集団がいて、どうやら修学旅行の模様。
そんな若い連中と同じゲートに消えていくお袋を送ってから、一路光が丘まで。
高速は使わず、ひたすら環七を北上。道はやはり順調で、羽田から一時間弱で到着。

開演まで一時間あるが、一応場所をチェック。最近、ギリギリで滑り込むことが多く、しかも場所がわからず右往左往してしまうため。光が丘IMAは複数の商業施設ビルがあるので、はてどこだろう?と思い、散策をかねてまわっていると、あっけなく会場が見つかる。
さすがに人影はまばら。
ただ11時半に公開リハが行われるとスタッフさんから聞き、一回りしてから結局はステージ前で待つことに。
一応室内ではあるものの、四階くらいの高さの吹き抜けがある上、四方が開いているのでかなり寒い。
もっと日差しがあれば暖かいのだろうけど。
それにしてもステージ前のスペースが狭い。先だってのタワレコ新宿イベントや上大岡を見てきているので「ここで収まるのか?」と心配になる。たしかに二階、三階からも見ることはできるけど。

公開リハでは初めて聴く曲、デビュー曲「恋するねきっ娘」と「スウィート・ソウル・ネギィー」の二曲を披露(話しているのを聞いてわかった。相当久しぶりだったらしい)。
しかしぽんちゃのマイクの調子が悪く、声がほとんど聞こえてこない。
いや、普通に聞こえるのはnao☆ちゃんだけで、かえぽもちょっと音量が小さい。
おまけに音が反響しすぎる上、音楽自体もあまり大きくないから、全体的にかなり聴きづらい。
二曲目でもほとんど変わらず、調整にかなり不安の残る結果に。
周辺施設への影響を鑑みて、あの音量に設定してるんだろうけど、ちょっといただけない。
上大岡の方が駅前のオープンスペースだったけど、音の抜けがよかった。

12時になりステージが始まるものの、音関係まったく改善されてない!
観客も意外なほどに集まらず、アレレな印象。一応、二階や三階からも見ている人がいるけど、まだお昼の時間だからか。
フェイクの長ネギ持っての「ねぎねぎrock」で始まるが、音がこもってぽんちゃのかけ声も相当に聞き取りづらい。せっかくの元気いっぱいボイスが聞こえないのはすごく残念。
二曲目は「アノソラへ」。ティーパレ関係とプラスちっく☆スターからのナンバー、圧倒的なスタイルが定番だと最近は思っていたので(と言うよりそれしか聴いたことがない)、これはうれしい。もちろん初見。
できればもっとよい環境で聴きたかった。
MCもリハと変わらない状態。唯一、nao☆ちゃんのマイクの通りがいいので、メインでしゃべっていた。
ツイッターを始めた、二時間しかねてない、アノソラへはnao☆ちゃん作詞なのでかえぽも作詞しましょう、前髪をわけておでこ出してみた(出すと運が開ける?)、かえぽにおでこ出すように無茶ぶりと、あいかわらずMCが楽しすぎる。
続いて新曲の「恋エク」「ニュートリノ」の〆。
「ニュートリノ・ラヴ」の曲紹介で「おー!」と歓声が上がる途中で「次が最後の曲です」宣言で「えー?」になってしまい、おかげで歓声が「おぇー?」になってしまう一幕も。
どこまでもMCがおもしろい。
アンコールがあることに驚いたが、ここで「圧倒的なスタイル」を持ってくる。そしてやはりラインダンス。
僕のすぐ前にいた方のかけ声がおもしろくて、なんかよかった。ステージ上でも笑ってたし。
「かえぽー!」の前に「かえかえかえかえ」と、ぽんちゃにも「ぽんぽんぽんぽん」とそれぞれ入れていた。タワレコのイベントでも前振り部分が聞こえてたけど、なるほどあんな風にかけ声入れてたのか。

物販はなにげに初めてで、しかもけっこう初期のCDもある。あと念願のバッジも。
とりあえずカレンダーに、まだ持っていなかった「ネギさまBravo★」とバッジ一つを購入。次の三時の物販で三種あるうちの残りを買おうと思ったのだけど、これが大きな判断ミスになるとは思いもしなかった。
サインがないのがかなりがっかりだったけど、とりあえず「ドット画描いたの僕です」アピールしたものの、緊張で滑舌が悪くててんでダメ。でも、ぽんちゃは「イラストの人ですよね」と微妙に覚えていてくれた。アイドルを前にして緊張しない鋼鉄の心臓を僕にください…。

三階に上がって、昔高円寺にもあった陳麻家で担々麺とミニ麻婆丼のセットで昼食。
懐かしい味。やっぱりおいしい。高円寺店無くなってから、新宿店で一度食べたきり。軒並み、知っているエリアから店が消えたのが残念でならない。

一通りIMA内を散策したものの、それでもまだ時間がかなりあるため、一度駐車場に戻って車で休憩。

三時の回は、ぐっと観客が増えていい感じに。
のっけからダンサブルなナンバーということで「Go My Life」。これも初見。
MCのマイクの通りは改善されたようで安心したものつかの間、曲音響はさらに悪くなった気がする。
ものすごくこもっていて、ボーカルが正直聞こえないし、かけ声も同様。
続く「GET IT ON」の曲紹介でぽんちゃが「夏にピッタリの曲です」と言うものの、どう見てもコート姿の多い会場なんですが…。このぼけッぷりが実にかわいい。
「恋エク」の前MCがとにかく傑作だった。
曲紹介したのに、「冬のパズルのピースがはまる」というフレーズから脱線し、光が丘で迷子になってしまい、かえぽに見つけてもらって号泣したというぽんちゃの話になってしまう。
なんというエピソード。
続く「ニュートリノ・ラヴ」でやはり〆。
一回目の時からひとりMIXを打つ剛の者がいて、メンバーも失笑していたように見えた。
NegiccoにMIXはあわないと思うんだけどなあ。
アンコールは少々じらしてから「ガッター・ガッター・ガッター」。

物販はどうやら一回目でだいぶはけてしまって、相当に品薄。
バッジはなくなり、CDもなぜか「GET IT ON」ばかり。新曲は??
とりあえず四人ジャケットの「僕らはともだち」と「恋するねぎっ娘」が収録されている「☆地方発☆アイドル大集合!!」を購入。「☆地方発☆アイドル大集合!!」は相当にレアらしいけど、500円で販売されていて、ちょうど僕で最後だった。あけない方がいいと言われたけど、曲が聴きたかったので帰宅後早速試聴。ものすごく初々しい歌声でしたわ。
握手は、前回より輪をかけて話すことがない。しかも前の二人がやたらに長く話しているからよけい。
うらやましいです、そのスタイル。

パフォーマンスやMCはおもしろくて満足なんだけど、やはり楽曲からはまった身としてはあの音響は大きなマイナス。
でもあれは会場側が悪い。
リハで調子悪かったマイクが本番で直ってない、音が反響しまくる、さらにボリュームしぼりすぎ。
そんな中、終始笑顔でやり遂げるNegiccoメンバーのプロ根性。
でも子供見ると、まるでボール見つけた猫みたいにステージから駆け下りてしまうnao☆ちゃんは素敵でした。
2011_11_27_0.jpg 2011_11_27_2.jpg 2011_11_27_1.jpg 2011_11_27_3.jpg



テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2011/11/28 00:04 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<食べ物で遊ぶ | ホーム | 親孝行二日目>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1955-e9c2d288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |