2.5D トキノカケラ発売記念 2012年まで待てない!新曲お披露目会!!
12/23(金) くもり(7度。とにかく寒い)

朝からとにかく寒い!
エアコンの暖房が苦手で、毎冬自宅ではコタツ一択で過ごしているのだけど(パソコン前では膝掛けのみで暖房設備無し)、さすがに寒くて室内でもニット帽着用。なにげに寝るときにもかぶってますけどね、さながらナイトキャップの如く。

こんな寒い日に出歩きたくないなと思いつつ、本日は久々のバニビライブ。
単体では先日のワンマン以来。
別に興味なくなったわけでは全くなくて、単にタイミングが合わないため。
北欧路線に戻ってからは再放送ばかり(アーカイブ)だけどバニビうらビも見ているし、投稿もしてる。
先日のMXテレビも早起きして見て、新曲「トキノカケラ」がなかなかメローで気になったので、これはやはり行かねばということで、池尻大橋は2.5Dに行ってきたと。

10分前くらいに会場に着くも、すでに列。
246沿いの風通しのよすぎる場所、そして日も差してない。
かなり寒い。
会場予定時刻まで10分ならと思ってたのだけど、いっこうに列が進む兆し無し。
そうこうしているうちにマネージャーのC葉さん「寒い中すいません。もう少しで開場しまーす」と列に向かって申し訳なさそうに話しかけながら、道の向かいへ横断歩道を走って渡ってしまった。
思わず目で追ってしまうも、246の上を走る首都高の柱で見失う。
しばらくして(5分も経ってない)戻ってきて、そこから入場。
会場内はすでに満席で、完全に後方立ち見。学校の教室よりも狭い印象で、だいたい60人くらい?
外は寒かったけど、会場内は暖房と人いきれでけっこう温かめ。シャンディガフがあるのに気付かず、いつものようにモスコミュールを飲んでしまったせいで、身体をアルコールが駆けめぐり一人汗かき状態。

場内BGMは「バニラビーンズⅡ」が延々流れているものの、微妙に曲をセレクトしてあるのが好感度アップ。各ソロや「天国への階段」などは流していない。
CDをただかけているだけじゃないのは、実によい!
いつもの出ばやしとともにバニビ登場。
狭いハコゆえか、脇から登場してステージに上がる姿が、とにかく大きく見える。
バニビうらビのようなゆるゆるトークがたっぷり三十分以上。
それにしても話がホントにうまい。
二人の息もピッタリで、ちゃんとしたトークになっているところがいい。
ユーストがアーカイブされないそうで、自宅で追体験できずそれが残念でならない。
最後列と通路側以外は座って見ているので、立っているとちょうどトークする二人の目線のあたりに来てしまうのはうれしすぎる誤算。
壇上には水も用意されていたけど、一度も口をつけず話ができるのはやはり場慣れゆえか。
ゆるいけどだれないトーク。

いったんはけてから、ライブパートに。
まずは「トキノカケラ」。
MXテレビでは歌わなかった二番の歌詞が、なかなか来ている。
手拍子すらなく、みな一様に聞き入っているのは、アイドルライブでは初めてかもしれない(バラード系のぞく)。
新曲披露ということなので、せいぜいそれ含めて4曲で終わるだろうと思っていたら、なんという太っ腹。終われば全8曲という、対バンでもここまでの数はやらない曲数。それも座ってみていることを意識してのゆったり目のセットリスト。別にアコースティックではないのだけど、なんとなく「聴かせる」ライブになっていて、ホントによかった。
かぶせの声もけっこう大きいし、なんといってもれな子ソロの「ユメミルしっぽ」はボーカル音のない完全な歌唱!
意図がはっきり見えてるライブはすごく楽しいし、見ていた方がいいに決まっているのに、思わず目を閉じて歌を聞き入ってしまう。

ソロから一気に4曲続けて(しかも座った歌唱)からのMCで、驚きの新事実。
ニコラカップリングの名曲「ノスタルジー」は、ファーストシングルの二曲と一緒に歌入れが行われていたという!
ということは、聴くことはまずかなわないが幻の「リカ版(先代外ハネ)」の音源があるということか。
僕は実際にリカを見たこと無いし思い入れもまるでないのだけど、きっとリサ版とは違った「ノスタルジー」があるかと思うと、やはりマニア心がくすぐられる。
今はいない人の音声トラックが使われることはベスト盤でもなかなかないことゆえ、我々がその幻盤を聴くことは無理なのだけど…。

というのも、僕が二十代の頃よく見に行っていたのが聖飢魔Ⅱは、抜けたメンバーがゲストとして演奏しに来るケースがよくあった。ファン(聖飢魔Ⅱでは「信者」と呼称)としては最高に盛り上がるシチュエーションだった。
バンドとアイドルではそもそも「脱退」の意味合いがかなり異なるだろうし、モー娘。の往年版にも初期脱退メンバーは名を連ねてないし(芸能活動引退しているからというのもあるだろうけど)、様々な要因で難しいとは思っても、例えばワンマンで見に来るゲスト飛び入りみたいなことを夢想してしまう。

とはいえ、二代目外ハネとしてずっとがんばっているりさ子あってのバニビであるし、そもそもほとんどの人は初代を知らないから(僕もユーラブ音源とDVDでしか知らない)、実現することはないだろう。

MCを挟んだあと「気まぐれなパレットタイプ」。この曲はファーストアルバムの中でもかなり好きで、うちわを扇ぐような振り付けがとにかくかわいい。バニビは上背があって、モデルさんのような手足の長さにお人形のごときツンとしました表情での歌唱ゆえ、そのぱたぱた動きにギャップがあってかわいさがよけいに際だつ。今回は歌わなかった「ドクター、お願い」の両手を挙げてちゃっちゃっちゃとするのもたまりません。
続くは定番曲にしてバニビと言ったらこの曲「ニコラ」。
最前列ではこの曲だけサイリウム型ライトも登場。でも立たないのは後ろの人への配慮がうれしい。

最後が宇宙初公開の「トキノカケラ」カップリング曲「イェス? ノゥ?」。
ややアップテンポで、これはライブ会場で盛り上がるタイプ。

最後にバニビからのクリスマスプレゼントということで、何かと思えばポスターカレンダーという大盤振る舞い。トークも曲もたっぷりで、さらにおみやげまで!
これで満足しなかったら罰が当たる。
バニビがお見送りといっしょにポスター手渡し&握手。
新衣装では手袋しているのに、帰りがけの手渡しではわざわざ手袋無し。入り口なので若干寒いのに、どこまでサービスすれば気が済むのですか!
しかも前から思っていたのだけど、れな子の握手はかなり握力入れてくれる。あれじゃ、絶対疲れちゃうだろうに。

Negiccoの現場で何度かお会いしている方と、そのまま渋谷まで歩く。
人混みというより、人がゴミのようにいる渋谷駅に山手線、新宿駅とポスター持ちにとってはまさに苦難試練の道を経て帰宅。
上大岡の帰りにへし折られてしまったネギの二の舞だけは避けたかったゆえ、必要以上に殺気だっての帰り道だったことはわざわざ書き残すこともないのだけど…。

うろ覚えセットリスト

・トキノカケラ
MC
各ソロ ・Sodermalm リサ ・ユメミルしっぽ レナ
・おっぱい
・ノスタルジー
MC
・気まぐれなパレットタイプ
・ニコラ
MC
・イェス? ノゥ?

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2011/12/23 23:20 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<appleの取説 | ホーム | 気付いたらさようなら>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1991-3d6cb243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |