スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
天空のクリスマスナイトLIVE
12/25(日) 晴れ(8度くらい?)

あろう事か、昨日からこたつの電源が入らず、我が家の暖房の要不在という事態に!
苦手なエアコンつけようにもリモコンが家出してしまい見つからないし、しかたないので昼過ぎに車とばして買いに行く。
ただ家電量販店ではなくDIY系に行ったのがよかったようで、親切な店員さんが電源ケーブルで様子を見て、それでダメなら返品して換えの電熱部分にしたらどうでしょうというアドバイス。
結果的に10k飛ぶところが600円少々で済む。

ただこれにより錦糸町でのblue chee's路上ライブの開始時間に間に合わなくなり、そもそも18時から池袋サンシャイン展望台にてNegiccoライブあるからということで予定変更。
庭の雑草の片付けを行うことに。
伸び放題にしているのにはわけがあり、庭に野生のヒキガエルがいるので、その食料の虫の生息できる環境にしてあるのだけど、それが冬になって枯れてビジュアル的にもひどい有様。そんなんだからゴミは無秩序に捨てられて(主にタバコの空き箱や飲料の缶など)、拾っても拾っても後を絶たない。
ようは割れ窓の法則。
年内のゴミ収集の日にちを鑑みて、本日決行というわけ。
それにしても雑草の中で、刈るとネギっぽい臭いのする草があるのね。

直線距離なら、むしろ新宿より近い池袋なれど、電車を利用するとなると大回りで時間がかかることをうっかり失念していて、池袋駅に到着したのが17時40分。
普段なら余裕でサンシャインまで行ける時間ながら、時はクリスマス真っ盛り。
もう絶望的なほど人が多い。
ここはもうジャガーノート(戦車の意。マーブルのアレでも体格的に似ているので可)で行くしかない。
なんとか10分前にサンシャインの地下に着くものの、展望台へのエレベーター前に若干の行列。
なにげなく店内に流れるBGMに聞き覚えを感じたので歌詞を追うと、なんと「恋エク」じゃないですか。
普通に冬ソングのてい。似合う。
ぼんやりしているとNegiccoの現場で何度かお見かけしたオーディエンス(最近覚えた単語。ようはヲタのことなんだけど)の方が声をかけてくれて、一緒に60階まで。
我々三人以外は皆カポーでした。

60階に到着すると、辺り一面リア充だらけ。その一角に人だかりありで、そこが会場だとわかるのもつかのま、いきなりぽんちゃの挨拶が聞こえてくる。
え、まだ10分前なのに?と思ったら、なんとリハ。
用意された座席はほぼ埋まった状態で、後方に座れなかったオーディエンスが待機。
ざっと見て100人はいる。
リハ曲は「ガッター!ガッター!ガッター!」ながら、普通にパフォーマンスしてくれてる。
ただよりによって通路側に立ってしまったため、空気読めないカポーが何度も「すいませ~ん(明らかにあざけりを含んで)」と声をかけられその都度譲らざるを得ないため、本番ではちょうどあいていた最後列に座ることに。

後で気付いたのだけど、わざわざ人だかりの場所の脇を通らなくても、もう一つ向こうのトイレのある通路を通ればいいのに。
クリスマスにアイドルに興じている人々を見下して、ほくそ笑んでいるに違いない。
一戦交えた後に「そういえばさ~」とか話題に出しているんだ。
…まぁ、それもよかろう。人の数だけクリスマスの過ごし方があるのだから。
そんなことを気にする自分が一番さもしいのだけど…。

いざライブパフォーマンスが始まると、そんなことどうでもよくなるのが音楽のよいところ。
一曲目は「ねぎねぎROCK」。終わってから気付いたのだけど、そういえばねぎを持ってなかった。
それにしても、真後ろのオーディエンスの盛り上げがすばらしい。

次がたしか「トキメキ★マイドリーム」。初めて聴く曲で音源でも聴いたことがない。帰宅後wikiで調べたら続く「Anniversaries」同様、ファーストシングルの曲だった。
「トキメキ」の方は、いわゆるアイドルソングのてい。いかにもって感じの曲調。
一方の「アニバーサリー」は、これホントに初期の曲なの?というくらいにしっとりとした曲調。Negiccoのデビュー当時は中学生だろうに、ものすごく大人っぽい印象の歌詞と旋律。

最後が「ネギさま!Bravo☆」。なにげにリハと最初のねぎねぎROCK以外、ライブで聴くのは初めての曲ばかり。〆の曲が夏ソングというのも驚きだけど、「カップルだらけだ♪」を歌いたかったからなのでは?と思えてならない。

アンコールは無理だろうと思っていたら、司会のお姉さんの機転であっさりOkay。
しかもサンタコスで再登場。
前奏が流れなかったのでラインダンスではない。ならばなんだろうと思ったら「完全攻略」!
新宿ロフトで初めて聴いて以来、聴くことの無かった曲。
曲にあわせて腕を振り上げてという客あおりもあり、着座だったけどさすがにこれには身体が動いてしまった。
しかもメンバーの三人が客席を縦横無尽に移動し、ハイタッチするわ、写真撮らせるわでサービス精神旺盛。ねぎサミットでもそうだったけど、この降りてきて観客を接するのがNegiccoのいいところ。それにすごく楽しそうだし。

その後の物販にて、ブログやツイッターで知った缶バッジを無事購入。
なんか感慨深い。というより感動。夢みたい。
おかげで他のグッズ、全然見えなかった…。
なので24日初売りとあらかじめ知っていたら、仕事入れてません!

本当は一部だけ見て帰ろうかと思っていたのだけど、なんとなく現場の居心地がよくてそのまま残留することに。
ふとまわりを見渡すと、ホントにリア充だらけ。
人目もはばからずというより隣にいる相手以外は見えてないため、あっちこちでチュッチュしてる。
若いっていいね。
たしかに眼下に広がる夜景はキレイでムードたっぷり。そりゃ盛り上がるわ。

僕はと言えば、23日にもバニビのイベントでお会いしたide-sukeさんからチラシやらフライヤーを分けていただいてホクホク。

そうこうしているうちに二回目公演が始まるも、のっけからセットリストが違って先刻階下でかかっていた「恋のEXPRESS TRAIN」が一曲目。
ぽんちゃ、緊張なのかかみまくり。でもまた、それがかわいい。
でもクリスマスイベントに「他に予定がないから(みんな)来てくれた」は、本音すぎます!
おかげでのっけから会場が温まりすぎ。

続いて「スウィート・ソウル・ネギィー」。これもライブでは初めて。手拍子の入れ方がかなりかっこよく、曲調と相まってちょっとゾクゾクした。かえぽの声が一部裏返るところがあって、かぶせ無しの生歌だとわかる。ダンスしながらの歌唱なのだから、多少の裏返りはむしろ味。

三曲目は「Falling Stars」。一瞬、PVがyoutubeに流れたあの曲。これも初めてで、ライブに行くたびに違った曲、ダンスが見られるとは思っても見なかった。

最後は「ニュートリノ・ラヴ」。二回目に両方持ってきたか!って感じ。
オーディエンスのかけ声が微妙に進化している。二番でクラップするときの手拍子がかっこいい。そして二回連続でMIXを聞いていたので、それが入らないのに何となく耳の奥でそれっぽい音がリフレインしてた…。

一回目でアンコールあったと言うことは最後はアレが来るのか!ということで、先刻買ったカレンダーを椅子の下に待避。
案の定前奏が流れると、もう最高潮の盛り上がり。
曲の間、最後方までやってきて、椅子にちょこんと座って歌うリーダーnao☆ちゃんが猛烈にかわいい。
ステージに帰りしな「すいません」というあたりもたまりません。
そして着座していたオーディエンス、全員立ち上がってのラインダンス。
ありえない。
ここ、サンシャインの60階展望フロアなのに!
後にも先にも、あの場所で一斉にあれだけの人間が動くことは無いだろう。

それにしても一回目、二回目とまったくセットリストを変えてくるとは。
リハ含めると、全11曲。ワンマンライブバリの曲数。
それも無料公演!
そりゃあ物販で寺銭代わりに色々買わせていただきますよ。
ということで、二回目も缶バッジを買いました(一回目はカレンダーも。それにしても23日同様、今回もまさか人混みの中カレンダー死守して帰ることになるとは…)。
九州の実家の両親にでも送ります。

Negiccoの現場はなんというか実に温かく、本当に不思議。
それは最初から感じていたことで、自分たちだけ盛り上がればいいやタイプがいなくて、ステージ上といっしょに楽しもうというオーディエンスが多いからなのではと思う。、
そして今回も何人かのオーディエンス仲間に声をかけていただきました。
なにげにすごくうれしくて。
見知らぬ人と楽曲を媒介にして肩組んでラインダンスするのは、ファン同士の絆になっているなあとつくづく思います。
だからこそ「圧倒的なスタイル」の前奏がかかると、気分が尋常じゃないくらい盛り上がるのか。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2011/12/26 02:42 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ラーメンではなくもやし | ホーム | appleの取説>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/1995-94827e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。